fc2ブログ

水神社と下前稲荷神社 埼玉県戸田市

2月24日は晴天だったので、こんな日はウオーキングを楽しもうと浮間公園から戸田公園駅まで歩いてみました。

todaa (6)

前回、冬の終わりを告げる啓翁桜を紹介したので今回は春の訪れを告げる河津桜です。道中に咲いたいたので撮影しました。

todaa (2)

浮間公園から荒川の土手に出て上流に進むと戸田橋です。この橋があった場所は中山道の渡舟場でした。
戸田橋を渡った場所にあるのが水神社です。

todaa (1)

創建年代は不明ですが、正面の「水神宮」の碑には寛政八年(1769)の銘があります。、荒川流域に住む人々の氏神様です。

todaa (3)

水神社から戸田公園駅に向う道中に鎮座している下前稲荷神社です。
詳しい情報はネットでも調べきれなかったのは残念です。

todaa (5)

前掛けが新しいので地元の方々の信仰は篤いことが分かります。

todaa (4)

アンティーク家具のように上品な社殿です。
自宅から埼玉県の戸田・川口へは千葉方面に行くより近いです。この地域には興味深い寺社が多いので常々寺社巡りをしたいと思っていました。今回はその第1歩と言えそうです。(ちなみにこのブログで千葉県が多いのは職場が千葉県内あるからです)

さて、ウオーキングにこの地区を選んだのは、虫捕りをよくする荒川土手の状況を見たかったからです。もしかして冬眠から覚めたバッタ類はいるかと思いました、しかし暖冬とはいえまだいなかったです。
暖かい日だったせいか釣り人はよく見ました。荒川の戸田市側は河川敷に降りれるのでクチボソ、ウグイ、手長エビ釣りを楽しめるかもしれませんね。(一方東京側はゴルフ場のため河川敷に近づけず。釣り人がいない分魚影は濃そうです)
スポンサーサイト



マリー・ローランサン 女と犬 牝鹿と二人の女

アーティゾン美術館では3月3日まで「マリー・ローランサン —時代をうつす眼」が開催されており、会社帰りに行きました。

mril (2)

mril (3)

上段は「女と犬」、下段は「牝鹿と二人の女」です。先日、ヒロシマ美術館でみたマリー・ローランサンの作品を2つ紹介しましたが、「牝鹿と二人の女」はひろしま美術館が所蔵しています

血色のよい健康的な肌の女性達は見ていて心地よいです。女性達の優しくもあり艶やかである眼差しは魅力的です。つい数分前は仕事をしていたことを忘れるくらいです。女性だけでなく動物達も可愛い。上段の作品の犬はいつまでも愛でたいですね。

作品の人物のほとんどが女性のせいか、会場を進んでいくうちに50代のおっさんがいていいのか?と場違い感を感じました。
牝鹿は同性愛の象徴らしいですね。、マリー・ローランサンは同性愛者だったそうです。下段の作品は「エス」な二人を描いたと感じ、おっさんには分からない場違いな気分になったと納得しました。
しかしながら、決していやらしくなく、仲睦まじいカップルは現実世界でも見ていて心地よいものです。だからこの作品がこの展覧会で一番お勧めしたい作品です。

眞性寺と子安天満宮

梅の季節ですが、巣鴨にある眞性寺ではこの季節に咲く「啓翁桜」が境内を彩ります。(2月28日まで)

sukei (1)

「啓翁桜」はこの季節に咲く桜で山形県で栽培が盛んです。

sukei (2)

佐倉は種類が多く、必ずしも3月下旬に開花するものではないということを認識します。
なお、巣鴨は桜のスタンダード?である「ソメイヨシノ」発祥の地でもあります。

sukei (3)

巣鴨といえばとげぬき地蔵ですが、このお地蔵様は歴史が浅く明治時代にこの地に来ました。実は江戸6地蔵の一つである眞性寺のお地蔵様の方が歴史があります。

sukei (4)

山手線の巣鴨駅から線路沿いに大塚駅に向かって歩いた場所のにある子安天満宮です。
かつては眞性寺が別当寺でした。

sukei (5)

天神様といえば梅です。この神社にも梅は咲いていましたが、残念ながら半分ほど散っていました。
この神社は大塚駅と巣鴨駅を結ぶ道路に面しております。大塚駅は高架ですが、外回りの場合、発射後すぐに左側が崖になります。この神社は崖の上に位置しており、山手線が崖の下を走っています。東京の下町と山手を分ける非常に入り組んだ地形を楽しむことができるので地形が好きな方にお勧めしたい神社です。

キース・へリング展②

森アーツセンターギャラリーで開催中の「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」は間もなく閉幕ですね、、このシリーズも今回が最終回です。

ki-su (15)

「「スイート・サタデー・ナイト」のため舞台セット」です。ダンスパフォーマンスの舞台背景として作成されものです。ストリートで生まれたキースへリングらしい作品です。
当時、ブレイクダンスが流行っていました。学校で真似てみたものですが当然うまくいきませんでした。当時、ストリート系のダンスは不良なものとされ、当時中学生の兄は生活指導の先生にひどく怒られたことを今でも恨んでいます。今は学校でも習うので時代は変わりましたね。

ki-su (19)

「イコンズ」です。
三つ目の人物は目が二つの作品もあるそうです。例えば写楽、飛影のように第3の目は開くとすさまじい力を放ちます。偶然かもしれませんがキースへリングもこのことをモチーフにしたのでしょうか?

ki-su (17)

「レトロスペクト」です。
希望と調和を感じますが、社会の理不尽さを感じると同時にそれを乗り越える力を授かったような気分になります。

キースへリングはデビューから死去までの活躍をリアルタイムで見た唯一の画家なので思い入れは強く、この展覧会はこのブログを始めてから一番感動しました。
キーツへリングをリアルタイムで見ていた頃は青春時代(小学校4年から高校1年)真っ只で日本はとても栄えていました。その後今も続く不景気が来たことを思うと、また、若くして亡くなったことを思うと、全ての作品に「おもしろうてやがて悲しき」という気分にもなりました。このような展覧会がまた開催されることを祈っています。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (266)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (60)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (442)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)