fc2ブログ

レオポルド・シュルヴァージュ エッティンゲン男爵夫人

10月3日に行った「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」では旧ロシア帝国出身の画家達の作品に惹かれたので前回はウクライナ出身の画家の作品を紹介しましたが、今回はモスクワ出身のレオポルド・シュルヴァージュの「エッティンゲン男爵夫人」です。

cuw (7)

西欧とは異なる端正さ、雄大がある旧ロシア帝国の絵画は好きです。このブログでも好んで紹介してるせいか、今回の展覧会でも目を引きました。キュビスムの影響を受けたソ連時代のロシアアバンギャルドの独特な色彩、構図、新しい時代を造る気概もまた好きです。なお、旧ロシア帝国とわざわざいっているのはその後ロシア、ウクライナ、バルト3国等などと独立したので「ロシア」という一括りが難しいからです。

さて、この作品は街を行きかう人々の賑わいと優雅な空間が調和していて絵本を読んでいるように気分が和むので気に入りました。鮮やかな色彩と浮遊感は次回紹介するシャガールを連想します。案外シャガールの作品を直線的にしたらこんな感じかもしれません。レオポルド・シュルヴァージュは映像作品も作成していたようです。そのせいか周りの建物が回るフィルムに見えます。

この作品の主人公であるエッティンゲン男爵夫人はポーランドとウクライナに出自を持つ人物とのことです。画家でもあり、この展覧会に作品が出展されておりますが残念なことに見落としました。次回は同じく旧ロシア帝国(ベラルーシ)出身のシャガールです。
スポンサーサイト



カンディンスキーと井上三綱

 11/20に国立近代美術館に行ったので、そこで撮影した作品を紹介していますが、今回は抽象絵画を2作品紹介します。

全体

 カンディンスキーの作品を見ていると音楽が聴こえると言われていますが、作品中は五線譜にようです。
 私には玉入れ競技をしている風景に見えるので、運動会の定番曲、カバレフスキーの道化師が聴こえます。奇しくも同じロシア人ですね。 

井上三綱 黄鐘調

 同じフロアに展示してあった井上三綱の「黄鐘調」です。黄鐘調は笛の調子を表す名称とのことです。
 パッと見で鳥と猫と人を描いたものあるいは古代中国の青銅器を描いたものと思いましたが、改めて見るとこの作品からは余韻のある鐘の音が聞こえてきます。ではまた!!  

シャガール 婚礼の光

 ロシア人画家の作品を紹介していますが、今回はシャガールで照会する作品は「婚礼の光」です。
 
シャガール 婚礼の光

 2014年に国立新美術館で開催されたチューリッヒ美術館展で見ました。
 シャガールが、愛妻ベラとの結婚式を描いたものです。愛妻が急死した失意の日々に鎮魂のため描いたと思われる作品です。
ムンクの作品でもいいましたが、辛いことを昇華することは大事ですがこの作品からも伝わりますね。

 自分のせいでなくても理不尽なことは起きます。たまになぜ良い人物との出会いがある一方で理不尽なまでに嫌な奴が存在するのか、なぜ理不尽な人生が存在するのか考えることもあります。作品の左側にいる異形者たちはそんな思いの象徴に見えます。いわゆる第二の思春期のせいかメランコリックな作品に魅かれる今日この頃です。

イヴァン・エンドグロフ 春の訪れ

 19日に小石川植物園に行ったら満開ではありませんが梅が咲いてました。今年は開花が早きいのでしょうか?
 とはいえ寒い日は続き春が待ち遠しいので、今回紹介する作品はイヴァン・エンドグロフの「春の訪れ」です。

イヴァン・エンドグロフ 春の訪れ

 イヴァン・エンドグロフについてググって見ましたが、情報があまりなく2007年に都立美術館で開催されたロシア絵画の展覧会に出展されていたということ以外分かりませんでした。おそらくイリヤ・レーピンとイワン・クラムスコイと同時代の画家と思われます。
 
 雪解け水は春の訪れを告げます。水はあらゆる生命の源です。雪解け水は春に芽吹く生命の源です。静謐さが芽吹きの時期をじっと待つ待つ生命達のようです。

 広大な静謐感が印象的でこの作品はロシア絵画の底力を感じます。長い冬が続くロシア人は春を待ち遠しく思う気持ちが強いせいか、風景画は春の訪れを描いた作品に傑作が多いようです。

※ 「何という広がりだ!」を文化村で見たと前回の記事で言いましたが、記憶違いで2007年の都立美術館での同展覧会でした

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (266)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (60)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (442)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)