道場寺と禅定院 練馬区石神井台

 道成寺は三宝寺の隣にあります。1372年(足利義満が南北朝の争いを終わらせる前頃)に建立されたお寺です。

P1030120.jpg

 このお寺の諸堂は昭和の時代に建てられたものですが、各時代の様式で建てられています。この三重塔は鎌倉時代の様式です。三宝寺から道場寺に行く道中で撮りました。

P1030112.jpg
 
 山門です。室町時代の様式です。緑が豊かなお寺で秋の紅葉も見事と思われます。

P1030114.jpg

 境内にある石仏群は必見です。まさに立体曼荼羅です。

P1030115.jpg

 本堂は天平様式です。他にも客殿が桂離宮を模し、鐘楼は安土城時代の様式です。

P1030122.jpg

 禅定院の山門です。道場寺石神井公園駅方面に歩いて5分の場所にあります。

P1030123.jpg

 本堂です。三宝寺は厳かな、道場寺は緑豊かな境内ですが、禅定院は端正な雰囲気です。

P1030126.jpg

 このお寺の見どころは寛文13年(1673)と刻まれたキリシタン灯籠です。
 グーグルで都内にあるキリシタン灯籠の画像を検索しましたが、マリア様に似た石掘りがあるこのお寺のキリシタン灯籠が一番美しく感じます。

P1030124.jpg

 もう一つの見どころは茅葺の鐘楼です。練馬区は練馬大根で有名な田園地帯でおそらくは江戸府中よりは鄙びていたはずです。そんな原風景を今に伝えるこの鐘楼は一見の価値大です。今回の寺社巡りのコースは緑豊かなのでお勧めします。
スポンサーサイト

三宝寺 練馬区石神井台

 三宝寺は1394年(一休さんが生まれた年)に創建された古社です。西武池袋線の石神井公園駅から歩いて20分程の場所にあります。先日の山門の画像に「守護使不入」(しゅごしふにゅう)と刻まれた碑がありますが、これは守護の徴税使であっても入れないことを示しており、相当な格式を誇るお寺です。

P1030096.jpg

 大黒堂です。

P1030097.jpg

 本堂です。新緑に覆われた境内はとても清々しいです。

P1030100.jpg

 彫刻が見事でした。特に印象深かった飛天を写しました。今まで見た飛天の彫刻の中で一番美人です。

P1030110.jpg

 根本大塔です。平成8年に開創600年記念事業として建てられたものです。

P1030105.jpg

 八十八ヶ所お砂踏霊場と高野山の奥之院です。昭和47年に弘法大師ご誕生1200年を記念して建立したそうです。
 
P1030104.jpg

 同じく、弘法大師ご誕生1200年を記念して建立した大師堂です。
 高野山の奥之院を模した長命寺が同じ練馬区ありますが、こちらは都の指定文化財です(こちら

P1030127.jpg

 御朱印です。数種類いただけますがご本尊様の御朱印を頂きました。

P1030121.jpg

 長屋門です。これは勝海舟邸にあった門を移築したものです。台東区や多摩界隈には幕末の幕府側の人物ゆかりの史跡を見かけますが練馬区にあるとは思ってもなかったです。次回は道場寺と禅定院を紹介します。

石神井台氷川神社と三宝寺

 厳島神社をお参りした後、石神井台氷川神社をお参りしました。
 ちなみに厳島神社からこの神社に行く道中には石神井城の空堀というとても貴重な遺跡もあります。

P1030086.jpg

 豊島氏が応永年間(足利義満の頃)、現在の埼玉県にある氷川神社を石神井城内に勧請して創建されました。
 
P1030087.jpg

 石神井城は太田道灌によって落城しましたが、この日(4月29日)はその慰霊祭が行われていました。「豊島」という姓は豊島区から練馬区にかけて(豊島氏の支配地域)は今なお多い姓です。
 
P1030088.jpg

 多くの参拝者がいるようですが、境内ではバザーが行われていました。
 さて、このブログでもたびたび登場する太田道灌ですが、現在の杉並区、中野区、練馬区に豊島氏攻略に合わせて寺社を創建・改築したり祈願・奉納をしています。両者の争いは激しかったようです。
 
P1030091.jpg

 この神社周辺は風致地区ということもあって上品な住宅街です。参道はとても端正で雰囲気がいいです。

P1030093.jpg

 続いて三宝寺をお参りしました。朱印地を与えられていた格式の高いお寺です。

P1030094.jpg

 御成門です。1827年に建てられました。この寺は将軍が鷹狩の際は休憩所として使用したそうです。
 このブログで以前、練馬区の隣にある杉並区は見ごたえのある寺社が多いと言いましたが、練馬区も負けていません。次回は境内の様子とこのお寺の御朱印を紹介します。

三宝寺池と厳島神社 練馬区石神井台

 4月29日の午後、石神井公園を散歩した後、周辺の2社・3寺をお参りしたので4回に分けて紹介します。
 まずは公園内にある三宝寺池に面した厳島神社です。

P1030077.jpg

 三宝寺池は井の頭公園の池と同じく武蔵野の湧水が溜まってできた池です。新緑の季節はひときわ美しく、井の頭公園より空いているので落ち着いて散策ができます。

P1030079.jpg

 景観が美しく保たれております。中世の頃、この池のそばには豊島氏の拠点「石神井城」がありました。中世の東京を支配していた豊島氏がこの地に城を築いたのはこの池の水を守るためらしいです。

P1030081.jpg

 菖蒲園で咲きほこる菖蒲を見るのも良いですが、池のほとりに咲く菖蒲も良いものです。今回、三宝寺池周辺の寺社を巡りたかった理由の一つはこの風景が見たかったからです。

P1030083.jpg

 厳島神社の創建年代は不明ですが、江戸時代にはすでにあったそうです。
 豊島氏の先祖は平氏なので、平氏ゆかりの「厳島神社」を建立したのかと思いましたが、そうでもなさそうです。

 P1030084.jpg

 新緑に囲まれた美しい神社です。境内には三宝寺池を見渡す東屋もあります。この後も三宝寺池周辺の寺社を紹介しますが、美しさではこの神社がお勧めです。次回は石神井台氷川神社を紹介します。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (206)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア・スペイン (16)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (51)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (13)
日本人画家 (153)
江戸 (42)
明治~昭和 (47)
現代 (64)
寺社巡り (257)
板橋 (4)
北 (7)
江東 (16)
墨田・荒川 (8)
渋谷 (11)
新宿 (8)
杉並 (10)
世田谷 (8)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (15)
豊島 (20)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (18)
その他23区下町 (3)
その他23区山の手 (8)
東京多摩地域 (11)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (8)
名所・旧跡 (21)
庭園・公園 (11)
建物 (5)
博物館 (5)