FC2ブログ

レンピッカ 「ピンクの服を着たキゼット」と「緑の服の少女」

  
 先日、ジョン・シンガー・サージェントの「 フィスク・ウォレン夫人(グレッチェン・オズグッド)と娘レイチェル」(こちら)を紹介したところ好評でした。
 そこで母と娘がテーマの絵画は他にないかと思い探してみたら、レンピッカとその娘キゼットを思いついたので紹介します。

 ピンクの服を着たキゼット

 「ピンクの服を着たキゼット」です。
 ピンク(といってもかぎりなく白い)の服は少女特有の初々しいエロスを引き立てます。西洋ではくつをぶらぶらさせるしぐさは誘惑を表すそうです。この誘惑はじわじわ魅かれていきます。小悪魔とはこういう子を言うのかもしれないです。

2017092521190755.jpg
 
 「緑の服の少女」です。
 この作品では大人な色気を堂々とした姿で描いています。いずれの作品も少女の肖像画は可憐、清楚という概念をぶち壊して挑発的です。レンピッカはこのような作品を通して、「なんだかんだいっても私の生きざまに魅かれてるのでしょ!」と言い放っているのではないかと思ってます。

 さてはレンピッカはいろいろ多忙で娘のキゼットとも滅多に会わなかったそうですが、この2作品以外にも娘を描いた作品は通あります。一見冷淡な母のようで、凡人には理解しがたいですが、これはこれで愛情の形だったのではないのかなと思います。
スポンサーサイト



アルフォンス・ミュシャ スラブ叙事詩

 3月26日に国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」と森アーツセンターギャラリーで開催中の「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」へ行きました。
 先ずは「ミュシャ展」を紹介します。

2017年03月26日14時11分23秒0002

2017年03月26日14時11分23秒0001

 この展覧会の見どころは「スラブ叙事詩」です。あまりにも巨大な作品なので見上げっぱなしで首が痛くなりました(笑)。
 数ある作品の中で紹介するのは「スラブ民族の賛歌」(上段)と「スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」です。

 この年度は上司との不仲に悩みましたが、3月中旬に異動となりました。 
 スラブ民族の苦難を描いた「スラブ叙事詩」は、苦難を乗り越えてり直したいと思っている私にとても心にしみました。
 「スラブ民族の賛歌」は抑圧から解放された喜びを、「スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」は会社員人生のやり直しを心に誓いたい気持ちに合ってるので、数ある作品の中からこの2作品を選びました。

 このブログで紹介している他作品もどうぞ!
 四芸術―音楽
 四芸術-舞踏

イリヤ・レーピン 休息ヴェーラ・レピーナ肖像

 峠は過ぎたとはいえ、ここ数日の超猛暑で体調を崩していましたが、再開します。
 最近、佐藤優の「いま生きる「資本論」」を読みました。いやになるほど難解な用語のオンパレードのマル経を平易に解説していますが、作者はロシア勤務が長い方だったので途中途中にロシア時代のエピソードが紛れています。そこで今回紹介するのは、実は画家が多いのロシアを代表するイリヤ・レーピンの「休息ヴェーラ・レピーナ肖像」です。

休息ーヴェーラ・レピーナ肖像

 この作品は2012年に来日しております。
 この作品と限らずイリヤ・レーピンの良いところは西欧の絵画とは一味違った端正さとフランス絵画のような見る側のインテリジェンスを問うことのない親しみやすさが魅力的です

 この作品はイリヤ・レーピンが奥さんをモデルに創作していたら途中で寝てしまったところを描いています。夏は昼寝が不可欠です。寝苦しい日もありますが、夏こそ睡眠で体力温存です。気持ちよさそうは寝顔なので選んでみました。
 このブログでは次の作品も紹介しているのでよろしければどうぞ!

何という広がりだ
あぜ道にて―畝を歩くヴェーラ・レーピナと子どもたち

レンピッカ イーラPの肖像

 東銀座にある群馬県のアンテナショップに行ったら、篠原涼子を起用した桐生市の観光ポスターがありました。このポスターはファッション雑誌の表紙のような仕上がりのポスターでなかなか評判が良いそうです。確かに篠原涼子が美しい。同学年として誇らしいです。そこで今回紹介する作品はレンピッカの「イーラPの肖像」です。

イーラPの肖像

 
 タマラ・ド・レンピッカは両性愛者だったようで、この作品に描かれているイーラ・ペローはレンピッカの愛人だそうです。滑らかなドレスと意思が強そうな表情、清純な白とセクシーな赤といった対比に惹かれます。どこか性愛を感じさせるカラーの花を描くことでこの作品のエロティックがより引き立っています。

 レンピッカ自身もモデル並みに美しく、その作品はファッション雑誌の表紙のようにおしゃれです。
 生きざまはスキャンダラスだったそうですが、一言で言えば強くてかっこいいです。ファッション雑誌の表紙を飾るモデルはそんな女性が多いなと思い紹介しました。このブログではピンクの服を着たキゼットという作品も紹介しています。ではまた!! 

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (11)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (290)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (15)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (27)
庭園・公園 (5)
建物 (7)
博物館 (6)
動物園・水族館 (9)