FC2ブログ

平林寺 埼玉県新座市

 新緑の季節なので、今回紹介するお寺は埼玉県新座市にある平林寺です。

P1030289.jpg

 茅葺屋根の総門です。都心の寺社では見ることができない鄙びた趣がいいです。

P1030293.jpg

 山門です。
 このお寺は1375年に現在のさいたま市岩槻区に建立され、1663年に現在の場所へ移転しました。この山門は移築されたものです。

P1030294.jpg

 青もみじに囲まれて風情があります。京都に行かなくてもこのような風景は楽しめます。山門をくぐると仏殿ですが6月末まで改装中でした。

P1030295.jpg

 半僧坊感応殿です。半僧坊とは山を護る鎮守で、衆生にご利益を施す大権現とのことです。

P1030298.jpg

 片割れ地蔵です。もとは1対だった地蔵の片方を平林寺に祀ったといわれています。この日は午前中は雨交じりでしたが、おかげで晴れた日よりもマイナスイオンを感じることができました。そのせいかお地蔵様のお顔もより穏やかです。

P1030299.jpg

 卵塔です。修行半ばにしてこの世を去った雲水達の墓です。
 このお寺は臨済宗の道場で、雲水たちが日夜修業をしています。

P1030302.jpg
P1030303.jpg

 大河内松平家廟所です。
 大河内松平家は、第3代将軍徳川家光、第4代将軍徳川家綱に老中として仕え、川越藩主でもあった松平伊豆守信綱によって興された一族です。墓石数、保存状態の良さとも全国有数の廟所です。
 整然と立ち並ぶ石灯籠に圧倒されます。中東やギリシャの古代遺跡にいるような気分です。

P1030306.jpg
P1030309.jpg

 このお寺の最大の見どころは、雑木林を主とする広大な境内林です。東京ドームおよそ9個分の面積があり、かつての武蔵野の雑木林の面影を残す貴重な文化財として国指定天然記念物とされています。
 
P1030310.jpg
 
 野火止塚です。
 この地には野火を見張るための小高い土盛りが数多く点在したと言われます。他にも業平塚と呼ばれる塚もあります。

 このお寺は池袋から東上線または西武池袋線に乗って途中バスに乗り換えて概ね1時間。バスの本数もそこそこあるのでアクセスは良いです。
 このお寺の良いところは広大に広がる台地を連想する武蔵野という言葉を体感できること、かつては都市近郊にもあった雑木林が維持されていることです。
 このお寺は雲水の道場であるため神聖な気に満ちています。また、雑木林の木々による森林浴は癒しを与えてくれるので、寺社の良い気を感じることを主目的にしている方にはお勧めです。 

 ※ このお寺は御朱印がありません。
 
 
スポンサーサイト



歓喜院聖天堂② 埼玉県熊谷市

 歓喜院聖天堂は日光東照宮が建てられてから約100年後に建立され、江戸時代の寺社建築の最高峰とされています。
 絢爛豪華にして繊細な彫刻群はたゆまぬメンテナンスも必要です。お参りした2月26日はお堂正面から見て左および背面の高欄から下は修復中でした。なお、3月31日には完了するそうです。

左1030243

左1030273

左P1030247

 上の3つの画像は左側です。曇り空でしたが、晴天では絢爛豪華なお堂がまぶしくてじくっり見れなかったかもしれないです。
 
 裏1030262

裏1030250

P1030252.jpg

 お堂裏面です。このお堂が国宝に指定された理由は、江戸時代の寺社建築の最高峰である他、民衆の寄付で建立された、江戸時代の人々の善意、想いの結晶だからです。そのせいか、唐子、聖人、神獣、神々のお姿が穏やかに見えます。

 P1030258.jpg

 私が皆様に注目してほしい彫刻はお堂を支える猿達の健気な姿です。一生懸命さが愛くるしいですね。

P1030265.jpg

 また、お堂正面から見て右側の縁束にいらっしゃる龍は、このお堂に多くいらっしゃる龍の中で唯一宝珠をお持ちです。

P1030261.jpg

P1030254.jpg
 
 楽しく遊ぶ唐子達もいいです。

P1030264.jpg

P1030256.jpg
 
 右は西王母の彫刻です。左の普段は毘沙門天に踏まれている邪鬼が手招きして誘っている様がユーモラスです。
 
P1030260.jpg

 最後に鳳凰です。
 平日の午前中ということもあり参拝客はまばらだったので、絢爛豪華なお堂を独り占めできたことはとても幸運なひと時でした。皆様も是非是非お参りください。

歓喜院聖天堂① 埼玉県熊谷市

 2月26日に埼玉県熊谷市にある歓喜院聖天堂をお参りしました。
 熊谷駅からバスで30分ですが、1時間に約4本のためアクセスがいいです。

P1030227.jpg

 国の指定文化財である貴惣門です。3つの屋根の破風よりなっており、この様式は日本には3棟現存するそうですが、規模の大きさ等ではこのお寺が一番大きいそうです。

P1030287.jpg

 このお寺は国宝である本殿の彫刻で有名ですが、貴惣門の彫刻の精緻なそして坂東武者のような勇壮な彫刻も素晴らしいです。

P1030286.jpg

 また、関東平野を貫く坂東太郎こと利根川の様に勇壮です。

P1030231.jpg

 国登録有形文化財の仁王門です。こちらの門は質実剛健なお姿です。

P1030232.jpg

 このお寺は狛犬様が多くいらっしゃります。仁王様と狛犬様のツーショットを初めて撮りました。

P1030284.jpg

 国宝の御本殿「歓喜院聖天堂」の正面です。

P1030237.jpg

 赤龍様と青龍様のパワーを頂戴できる有難い妻飾りです。

P1030274.jpg
P1030238.jpg

 鯉、鯱、玄武等、霊獣達が施されております。このお堂の拝殿だけでも見る価値があります。

P1030241.jpg

 渋い朱色が雅な奈良・京都のお寺とは違った美しさです。このお寺は鎌倉時代の初期に創建されましたが、御本堂は江戸時代中期に建てられたものです。

P1030288.jpg

 御朱印です。参道から本殿までで2社お参りしたような気分になるくらい見どころがあります。次回は国宝の彫刻群です。

調神社 埼玉県さいたま市

 GWに埼玉県さいたま市にある調神社(つきじんじゃと読みます)をお参りしました。

 この神社は狛犬様の代わりに狛兎様がいらっしゃります。

境内1

 社名の「調」は「貢(みつぎ)」に同じで、調物(=貢物)を納めるための倉が古代建てられたことに由来する。また、読みは斎宮(いつきのみや)に由来するという説もある。その音から「ツキ」に恵まれる神社として信仰される。調が月と同じ読みであることから月待信仰と結びつき、兎を神使とみなす兎信仰が行われるようになったそうです。(Wikipediaから引用)

境内2

 江戸時代の幹線道路、旧中山道に面しており、多くの旅人を見守ってきた狛兎様です。あと、この神社のもう一つの特徴は鳥居がないことです。

境内3

 手洗舎に龍を配することが多いですが、もちろん兎です。

境内4

 神社の社殿には獅子、獏、龍の彫り物を配してますが、当然うさぎの彫刻もあります。

境内5
 
武蔵野の台地を飛び跳ねる様が微笑ましいですね。

境内6

社殿の右斜め後ろあたりにある旧本殿です。こちらにも兎の彫刻がありました。

境内9

神池です。ウサギと亀の取り合わせが微笑ましいです。

境内8


御朱印

 御朱印です。右上の兎の印がポイントです。「つき」という名称に縁起のよさを感じさせます。緑豊かで清々し神社です。この神社がある浦和界隈は美術館もあるので展覧会のあとお参りするのも良いですね。

 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (289)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (25)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (8)