fc2ブログ

水神社と下前稲荷神社 埼玉県戸田市

2月24日は晴天だったので、こんな日はウオーキングを楽しもうと浮間公園から戸田公園駅まで歩いてみました。

todaa (6)

前回、冬の終わりを告げる啓翁桜を紹介したので今回は春の訪れを告げる河津桜です。道中に咲いたいたので撮影しました。

todaa (2)

浮間公園から荒川の土手に出て上流に進むと戸田橋です。この橋があった場所は中山道の渡舟場でした。
戸田橋を渡った場所にあるのが水神社です。

todaa (1)

創建年代は不明ですが、正面の「水神宮」の碑には寛政八年(1769)の銘があります。、荒川流域に住む人々の氏神様です。

todaa (3)

水神社から戸田公園駅に向う道中に鎮座している下前稲荷神社です。
詳しい情報はネットでも調べきれなかったのは残念です。

todaa (5)

前掛けが新しいので地元の方々の信仰は篤いことが分かります。

todaa (4)

アンティーク家具のように上品な社殿です。
自宅から埼玉県の戸田・川口へは千葉方面に行くより近いです。この地域には興味深い寺社が多いので常々寺社巡りをしたいと思っていました。今回はその第1歩と言えそうです。(ちなみにこのブログで千葉県が多いのは職場が千葉県内あるからです)

さて、ウオーキングにこの地区を選んだのは、虫捕りをよくする荒川土手の状況を見たかったからです。もしかして冬眠から覚めたバッタ類はいるかと思いました、しかし暖冬とはいえまだいなかったです。
暖かい日だったせいか釣り人はよく見ました。荒川の戸田市側は河川敷に降りれるのでクチボソ、ウグイ、手長エビ釣りを楽しめるかもしれませんね。(一方東京側はゴルフ場のため河川敷に近づけず。釣り人がいない分魚影は濃そうです)
スポンサーサイト



箭弓稲荷神社その2 埼玉県東松山市

 前回は彫刻を紹介したので、今回は境内の様々なお稲荷様を紹介します。

2yakyu (1)

 三の鳥居のお稲荷様は凛々しく衛兵のようです。

2yakyu (2)

2yakyu (3)

 社殿付近のお稲荷様は坂東の大地を駆けるかのようです。

2yakyu (4)

 境内社の穴宮稲荷です。七代目市川団十郎が特に信仰したことから、団十郎稲荷とも呼ばれています。

2yakyu (5)

 手前は丸々と可愛らしいお稲荷様です。小さく写っている白いお稲荷様は妖しさが漂っています。

2yakyu (6)

 前回は龍の彫刻の素晴らしさを紹介しましたが、こちらは鯉の彫刻です。

2yakyu (7)

 社殿の中に鎮座しているお稲荷様は威厳があります。

2yakyu (8)

 巨大な弓矢はこの神社の謂れによるものです。
 この神社は平安時代に平忠常の追討を命ぜられた源頼信がこの地に陣を張り、すでにあった当社「野久稲荷大明神」に祈願した際、白羽の矢のような形をした白雲が起って敵陣の方へ飛んだのを見て神様のお告げと感じたそうです。頼信はこれを喜び凱旋の際、立派な社殿を再建し名前を「箭弓稲荷大名神」としたそうです。

2yakyu(9).jpg

 御朱印です。隈取りがある御朱印は大変珍しいですね。
 前回ご紹介したとおり、この神社は駅からのアクセスがいいので特に神社の彫刻が好きな方には特にお勧めしたいです。

箭弓稲荷神社その1 埼玉県東松山市

 5月4日に埼玉県東松山市にある箭弓稲荷神社をお参りしました。

yakyu (1)

 「やきゅう」と読むので野球に御利益があることと牡丹の名所として知られますが、彫刻の素晴らしさも有名です。

yakyu (2)

 三の鳥居の扁額です。小さな龍神様が蠢いています。

yakyu (3)

 彫刻が有名な社殿です。社殿の重厚さが良いです。江戸時代の享保から天保にかけて造営されたものです。

yakyu (4)

 東側脇障子の彫刻は黄石公に靴わを渡す若き日の張良です。この神社は幾何学的な地紋彫が美しいです。

yakyu (5)

 東側花頭窓周縁の双龍です。花頭窓の彫刻もまた有名です。

yakyu (6)

 腰組の龍頭です。龍以外にも水に住む各神獣が彫られていました。

yakyu (7)

 「仙人の烏鷺」です。仙人同士の対極を木樵が観戦しています。 仙人の対局時間は、悠久の時を経過していて、木樵の担いでいた斧の柄が腐ってしまったことから、仙人と比べ人間の寿命は短い。些細な争いなどはせずに大切な時間を有効に過ごしなさい...という教訓だそうです。

yakyu (9)

 本殿・尾垂彫です。最上段が蜃、中央部が龍、下段が貘です。貘は悪夢や刀などの金属を食べることから、争いのない平安な世を希求するといわれております。

yakyu (10)

 項羽と劉邦の「奇計楚兵を走らす」の彫刻です。劉邦は英雄ですが、、、漢建国後の「狡兎死して走狗烹らる」という言葉に象徴される功臣粛清は引きますね。

yakyu (11)

 平安時代の刀工、三条小鍛冶の彫刻です。龍の彫刻は勇ましい坂東武者のようです。この神社は駅から歩いて5分という好立地のためお参りに行きやすいのも魅力です。次回は境内の様々なお稲荷様達を紹介します。

川越寺社巡りその3

 川越寺社巡りの最終回です。
 今回紹介するのは日本3大東照宮の一つ、千波東照宮です。

toushougu (6)

 随身門です。徳川家康の遺骸を久能山東照宮から日光東照宮に遷座する際、川越で法要を行った際に使用したお堂とのことです。

toushougu (1)

 幣殿です。この神社はお社が塀で囲まれており、塀の隙間から彫刻を見ることができます。

toushougu (8)

 雨に濡れてしっとりした朱色もまた良しです。

toushougu (9)

toushougu (3)

 雨で傘を差しながらコンデジで撮影したので若干ピンぼけで恐縮ですが、麒麟です。日光東照宮・久能山東照宮と比べるとコンパクトですがじっくりゆっくり鑑賞するにはちょうど良く、親しみやすさは他の2社以上にあります。

toushougu (2)

 徳川家を守る旗本たちにように整然と並ぶ石灯籠も良しです。義父は私の父をみて三河武士のようだといいました。実際私の父方の実家は岡崎がルーツです。自分のルーツが徳川家のおひざ元のせいか徳川家ゆかりの寺社には特別な感情を持ちます。
でも、先祖は三河以来の侍ではないです。実家は布団屋です。三河は綿花の栽培が盛んだったので布団屋が多いのです

toushougu (4)

 本殿の彫刻です。雨でも色彩豊かです。

toushougu (5)

 獅子です。やや小さめのせいか可愛らしさを感じます。
 前々から川越の喜多院をお参りしたかったので、雨とはいえ楽しむことができました。
 川越には氷川神社というこれまた彫刻が素晴らしい神社もありますが、この日は雨のため断念、また川越市内から外れますが道教の寺院もあり、ここもお参りしたいですし、川越からさらに寄居に向かった先にある箭弓稲荷神社もお参りしたいです。
 
このブログの訪問者様が例のアレに感染しないことを祈ってます。

 このブログで紹介している他の東照宮の記事もどうぞ!
 芝東照宮
 久能山東照宮
 上野東照宮

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (270)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)