神田稲荷めぐり8 神田駅周辺

 神田稲荷めぐりの8弾目は小川町駅~神田駅~秋葉原駅周辺のお稲荷様を紹介します。
 小川町駅から神田駅にかけてはお稲荷様が特に多いです。

IMG_1380.jpg

 神田須田町の豊潤稲荷です。昭和五年に神田市場の有志により創建されたそうです。このお稲荷様も街の歴史を物語っています。なお、このお稲荷様の近辺には松尾神社という神社もあります。 

IMG_1382.jpg

 神田司町の和光稲荷です。離乳食、粉ミルク、ベビーフードなどで有名な和光堂の敷地内にあります。
  
IMG_1385.jpg

 内神田にある大柳稲荷です。飲み屋街の一角に位置しており、この日はお稲荷様の好物油揚げがお供えされていました。
 飲み屋街の一角のお稲荷様も都会ならではの風情ですね。

IMG_1386.jpg

 神田鍛冶町にある豊川稲荷です。いつ頃創建されたかは不明ですが、とにかくお稲荷様が多かった江戸の街の記憶を残しています。

IMG_1388.jpg

 外神田にある亀住稲荷です。小倉藩主小笠原氏の中屋敷に祀られていたとのことです。
 以前ブラタモリで神田(日本橋?)にあるお稲荷様を線でつなぐとお稲荷様の形になると紹介されていました。神田学生街、ビジネス街、観光地といろいろ賑わいのある神田はお稲荷様の結界だからこそでしょうか?

今回紹介した地域のお稲荷様の記事もどうぞ!
神田稲荷めぐり4 神田駅周辺(こちら
神田稲荷めぐり1 神田明神と講武稲荷(こちら
スポンサーサイト

神田稲荷めぐり7 神保町界隈

 このブログでは以前「神田稲荷めぐり」というシリーズを6回に及ぶシリーズで紹介しましたが、紹介しきれていないお稲荷様も数社あるので2回にわたり紹介します 

 まずは、白山通り沿いの路地にある開徳稲荷です。

IMG_1378.jpg

 この神社の近くにある小諸そば神田白山通り店は、以前は名前は忘れましたが立ち食いソバの名店でよく食事したので、何度か付近をうろちょろしているはずなのですが、このお稲荷様のことを知ったのはつい最近です。盲点としか言いようがなかったです。 徳が開けるとは縁起の良い名前ですね。

IMG_1720.jpg

 白山通りから靖国通りに出て九段下方面にある矢口書店です。神保町界隈は戦災を免れたため、戦前の建築物も多いです。
 こちらは昭和3年に建てられた矢口書店です。本の街神保町は絶え間ない再開発が続く東京の中で例外的に街並みと街のキャラクター?が変わらない街です。

IMG_1377.jpg

 妙法衛護稲荷神社です。共立女子大学の裏手にあるお稲荷様です。妙法をお護りするという力強い名前が印象的です。
 神田と限らず、東京は路地裏にひょっこりとまるで別の世界への入り口のようにお稲荷様がいらっしゃります。そういってお稲荷様と出会うのも一興です。

IMG_1721.jpg

 大正11年に建てられた文房堂ビルです。神保町にある多くの近代建築物の中で最も美しい意匠と思ってます。

IMG_1384.jpg

 神田錦町にある豊川稲荷です。周辺は再開発で真新しいビルが多いです。再開発で失われたお稲荷様がいる一方で新しく生まれ変わるお稲荷様もいらっしゃります。都心を歩いていると、ビルやマンションの建設現場に「~稲荷は○○神社(大抵はその地域の著名な神社)に遷座してます)という看板をみることがあります。このお稲荷様は再生を繰り返す街、東京を象徴するかあのようです。
次回は神田駅周辺です。



神保町の隣にある三崎町のお稲荷様と近代建築の記事もどうぞ!(こちら)

神田稲荷めぐり6 岩本町駅周辺

 このシリーズの最終は地下鉄新宿線の岩本町駅周辺。JRでいえば秋葉原駅から見て錦糸町方面の一帯です。
 まずは岩本町の金山神社です。

IMG_1153.jpg

 昭和初頃に東京金物同業組合が創建した神社です。今でも「神田金物通り」という通りがあります。鍛冶の神様である金山様のご神体が、川崎にある金山神社同様か否かは不明です。(記事はこちら

IMG_1154.jpg

 繁栄お玉稲荷大明神です。かつて不忍池よりも大きいお玉が池がこの地にあったこと物語るお稲荷様です。
 本所深川と日本橋のお稲荷様シリーズでも伝えたように、府内のお稲荷様を巡ることで頭の中は江戸時代に遊びことができます。なお、太田道灌が崇敬したと伝えられています。さらにいうと中世後期の東京に想うこともできます。

IMG_1148.jpg

 神田佐久間町の佐久間公園にある草分稲荷神社です。江戸時代に板倉主計頭の邸神として創建され今日に至ります。
 
IMG_1151.jpg

 神田泉町の金剛稲荷です。この神社は武家の屋敷神ではなく、日本通運の先祖に当る飛脚問屋京屋弥兵衛が創建したのです。日本通運でアルバイトをしていたことがあるので、たまたま飲み屋で居合わせた人が同郷だったような気分になりました。

IMG_1152.jpg

神田のお稲荷様めぐりはひとまず終了です。東京は個性豊かなお稲荷様と同居していることが実感できます。

神田稲荷めぐり5 御茶ノ水駅周辺

 神田稲荷めぐりの第5弾は御茶ノ水駅から淡路町駅にかけての地域にあるお稲荷様です。
 まずは、神田駿河台の太田姫稲荷神社元宮です。

IMG_1146.jpg

 太田道灌公ゆかりの太田姫稲荷神社は、元々は御茶ノ水駅近くにありましたが、鉄道工事により移転しました。(記事はこちら
 そして、元々あった社は御神木として崇められているかのようです。江戸時代からある街を注意深く歩いていると目立たなくてもとても個性的なお稲荷様に会うことがあります。この妖怪ポストのようなお稲荷様は今回のシリーズの中では特にお勧めです。

IMG_1145.jpg

 幸徳稲荷神社神社です。元々は春日の局の後裔である稲葉家の江戸屋敷の祀られていたお稲荷様です。
 低層ビルの2階に鎮座しておりますが、ビルそのものが神社といっても過言ではありません。神社はそもそも公民館としても役割があります。

IMG_1143.jpg

 神田須田町にある延喜稲荷神社です。由緒は残念ながら調べきれませんでした。撮影時期は9月。この神社も地域の住人には大切にされており、秋祭りのポスターが近所に貼ってありました。

IMG_1144.jpg

 同じく須田町の出世稲荷神社です。柳森神社の境外摂社として江戸時代に青果商が建立したそうです。須田町の隣の秋葉原はかつて青果市場がありました。土地の記憶を今に残しております。
 須田町界隈は古い建物が多いです。夕暮れ時にこの界隈を歩くと、子供時代に戻ったような不思議な感覚になります。この地域と限らず、下町でも古い町並みの地域を夕暮れ時に歩くと同じ感覚になります。夕暮れ時という実は一日で一番ミステリアスな時間帯がなせるのでしょうか?次回は岩本町駅周辺です。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (201)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (153)
江戸 (40)
明治~昭和 (47)
現代 (66)
寺社巡り (235)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (25)