FC2ブログ

ルノワール 田舎のダンスと都会のダンス

 自分でいうのもなんですが、音楽に関してはふり幅が大きいです。
 ヴォーカロイドも聴きますが、一方でデスメタルも聴きます。
 仕事帰りはクサクサするので萌えっと気分に浸りたくなり、奮い立ちたい気分になりますが、ゆったりと優雅になりたいときはクラッシックが一番。最近はチャイコフスキーの「花のワルツ」が気にいってます。そこで今回紹介するのはルノワールの「田舎のダンス」と「都会のダンス」です。

2016年05月14日21時45分

 先ずは「田舎のダンス」です。ダンスに興じる女性の福よかな表情が見ていて楽しい気分になります。ドレスの流れるような動きになぜかさざ波を見ているような安堵感を感じます。

2016年05月8日20時43分

 次に「都会のダンス」。女性の服装が洒落ていてまさに「都会」のダンス。白いドレスに反射する光の描写の技能の高さが魅力的です。
 
 チャイコフスキーの「花のワルツ」を聴くたびに、両作品を連想します。いずれも2016年のGWに国立新美術館で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」で見ました。
 この両作品はプージヴァルのダンスとともに「ダンス3部作」として知られています。
 この3部作は光の粒子が踊るといってもよいです。ちなみにプージヴァルのダンスは2011年頃、国立新美術館で開催されたボストン美術館の展覧会で見ました。
 
 さて、仲睦まじいカップルは見ていて幸せになることもあります。この2作品は幸せなオーラが満ちているので気分が良くなりますね!
スポンサーサイト

ルノワール 草原の坂道(夏の田舎道)

 土日は息子と北区にある公園でトンボ(シオカラ、ギンヤンマ、etc)、各バッタ、蝶、エビ、ドジョウを捕まえて遊んでいます。
 今回紹介する作品はそんな日常を連想する作品で、 ルノワールの風景画作品の中でも特に代表作として知られている「草原の坂道(夏の田舎道)」です。

20150820181644c72.jpg
 
 19世紀末になると鉄道網が発達し、近郊にピクニックに行くことも可能になったせいか、印象派は郊外でのひと時を描いた作品も多いですね。そのせいかたまにブルジョアのリア充自慢のような感じる作品もありますが、この作品はやすらぎを感じる光の描写が見事でセミの鳴き声、子供達の歓声も伝わる心温まる作品です。
  
 草原を進む子供達は楽しそうです。
 草原はよく目を凝らすとバッタ、トカゲ、クサカゲロウetc、夏だと花にコガネムシ、カナブンがいて夏空の下で綺麗に輝いて見えます。画面中央の子供はそんな生き物探しに夢中になっているように見えます。
 虫取りは集中力、観察力、動体視力を鍛えるにも良いです。このブログをご覧のお父さん・お母さんにお勧めしたいです。

ルノワール ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場

 5月は真夏日が続きました。本来なら光あふれる楽しい季節です。
 そこでそんな願望を込めて今回はルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」です。

2016年05月13日21時55分18秒0001

 さわやかな光があふれる春から初夏は印象派絵画を見るのに一番最適ですね。
 この作品は、2016年に国立新美術館で開催された「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」で見ました。  
 語り合う男女、仲良しカップルと親子の憩いのひと時を描いた、幸福な社会を望んだルノワールの世界観や趣向を示している作品です。ルノワールの作品は数多くありますが、見ていて幸せな気分になるのはこの作品だと個人的に思っています。

 この作品を見た展覧会のキャッチコピーは「色彩は幸福を祝うために」でした。春から初夏は桜、菜の花、新緑、バラ、藤といろいろな色彩が幸せな気分をくれる季節です。来年はというより未来永劫そうであってほしいものです。

ギュスターヴ・モロー 「出現」

 パナソニック汐留ミュージアムでは「ギュスターヴ・モロー展—サロメと宿命の女たち—」が開催されており、以前このブログでも紹介した「一角獣」(こちら)が2作品出展されていましたが、今回は紹介する作品は、ギュスターヴ・モロー といえばこれというべき「出現」です。

出現

 10数年前に、bunkamuraミュージアムの展覧会でも見ました。

 サロメが王の前で踊っている際にヨハネの首の幻を見たという図で、建物の輪郭がくっきりと描かれていますが、あまりにも強い光で色彩が消えて輪郭しかわからない感じを描いてみたのでしょうか?  私にはサロメがヨハネを調伏しているようにしか見えません。
 
 雷はプラスの電荷とマイナスの電荷が組み合った時に発生するらしいように、快楽(裸婦)と苦痛(暴力的なもの)といった相反するものが合わさると、ものすごい色気を放つ時があります。 空山基、山本タカトの作品がよい例です。
 ギュスターヴ・モローのサロメを見るたびに感じるインパクトの秘密はここにあるのかもしれません。

 さて、サロメを妖女・悪女として描く作品は多いですが、私はサロメを聡明かつ勇敢な女性として描いた塩野七生の「「サロメの乳母の話」が印象的です。このブログで紹介している他の作品もどうぞ!!

「聖ゲオルギウスと竜」(こちら
「聖なる象(ペリ)」(こちら
「岩の上の女神」(こちら) 

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (214)
アメリカ (15)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (50)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (283)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (24)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (16)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (24)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (7)