FC2ブログ

妻恋神社と湯島御霊社

 日の長い春から夏の仕事が早く終わった日は神田、日本橋、深川界隈の神社を巡っていますが、文京区界隈の神社を巡ることもあります。 そこで会社帰りにお参りした文京区の神社を3回に亘り紹介します。まずは湯島にある妻恋神社と湯島御霊社です。

 妻恋神社は文京区湯島3丁目にある小さな神社です。神田明神から湯島天神に行く途中にあります。
IMG_0144.jpg
 
 小さな神社ですが、東夷平定に赴いた日本武尊が湯島の地に滞在した際、亡くなった妃を慕う心を憐れんだ土地の人々が、尊と妃を祀ったのが創祀とされています。
 さて、不忍池を挟んで湯島の対岸にある五條天神社も日本武尊に由来します。また、湯島の隣は神田です。名前の通り神の田があったので古代の東京における重要な地に違いなく、大和朝廷の軍隊が駐留したことは十分考えられますね。

IMG_0145.jpg

 この神社がある湯島は江戸時代、カップルのための茶屋が多い場所だったそうですが、現在もそういう場所です。江戸と東京は地続きであるようです。 続いては湯島2丁目にある湯島御霊社です。

IMG_2037.jpg

 坂道が多い湯島界隈にあり、この神社も坂の中腹にあります。

IMG_2038.jpg

 京都の御霊神社から分霊し、1710年(6代将軍徳川家宣の頃)に当地に遷座したそうです。
 御霊神社は一言でいえば理不尽な目に合った人を祀る神社ですが、負のパワーも正しく祀れば正のパワーになります。これは
案外、いろいろ悩み多い人生のヒントになるかもしれないです。

IMG_2039.jpg

 境内は意外と広く、夏だったので百日紅が咲いていました。都内には諸国の著名な神社を分霊したものは多くありますが、京都の御霊神社から分霊したのはここのみと思われます。
 湯島といえば湯島天神ですが、この神社以外にも見どころは多いです。このブログで紹介している湯島界隈の寺社の記事もどうぞ!次回は本郷界隈の神社です。
 
霊雲寺(こちら
講安寺と心城院(こちら
麟祥院(こちら

講安寺と心城院 文京区湯島

5月3日に文京区湯島にある講安寺と心城院をお参りしました。
まずは講安寺です。

P1020783.jpg

簡素ながらも堂々とした黒い門が印象的です。白い本堂との対比が美しいです。

P1020784.jpg

本堂と庫裡は、土蔵造りという防火建築様式を残しております。

P1020785.jpg

都内に江戸時代の木造建築は多数あっても、土蔵造りの建築物はこのお寺のみです。本堂も一見簡素ですが気高さを感じます。

P1020786.jpg

 次にお参りした心城院は湯島天神のいわばふもとにあり、講安寺から心城院の道中は本郷台地の端をなぞるような道筋です。
 天を祀っていることから湯島聖天とも称されています。

P1020787.jpg

 このお寺の名物 「柳の井戸」です。江戸を代表する名水であり、美髪の御利益があります。
 御朱印は2種類ありますが、読経中のため後日改めていただくことにしました。 

P1020782.jpg

 今回紹介したお寺の近くには不忍の池があります。新緑がさわやかでした。後日、不忍の池周辺の寺社をお参りしたので紹介します。

湯島周辺の寺社の記事もどうぞ!
湯島天神
 霊雲寺
麟祥院

湯島天神 文京区湯島

 3月9日に湯島天神をお参りしました。梅祭りは終わっていましたが、まだ楽しみことはできました。
 この記事は2013年2月の記事を再編集しております。

IMG_1743.jpg

 先ずは青銅の鳥居です。金属特有の冷たい美しさがいいですね。

IMG_1739.jpg

 狛犬様と満開の梅です。本殿周辺の梅はまだ満開でした。

IMG_1742.jpg

 受験シーズンも一段落したせいか、合格した人のお礼参りでにぎわってました。

IMG_1741.jpg

 本殿の脇です。写ってませんがびっしりと合格祈願の絵馬が掲げられており、なかなか壮観です。
 ちなみに夜空に咲く梅を愛でることもできます。ここからの画像は2013年の2月に撮影したものです。

P1010458.jpg

 梅まつりの期間中は日没も確か19時頃までは参拝ができます。
 
P1010451.jpg

 暗闇にほのかに香り来る梅の香りのことを「夜来香」というそうです。満開の梅もいいですが、ほのかな香りを愛でるのもまた良しです。

 ご朱印

 御朱印です。湯島天神の御朱印は美しいと収集家達に評判です。

腰掛稲荷と吹上稲荷

 清土鬼子母神堂をお参りした後に訪れたのが腰掛稲荷神社です。
 地図では清土鬼子母神堂と道路を挟んだ向かい側ですが、実際は高台にあります。

P1020226.jpg

 住宅街の隅の箱庭のような趣に神社です。 徳川家光が鷹狩の際にこの場所で休息し、腰を掛けたことが由来の神社です。
 今でこそ近くに首都高がありますが、この神社は高台の先端にあり起伏に富んだ武蔵野台地を見渡す絶景スポットであったことがわかります。

P1020227.jpg

 この神社の名所はこの菊花石です。この菊花石は大変貴重はもので天然記念物だそうです。そのような貴重なものを鑑賞できるお稲荷様は23区でもこの神社だけかもしれません。 

P1020228.jpg

 この神社から護国寺方面に向かった場所にあるのが吹上稲荷です。
 住宅街に溶け込んだ一の鳥居はいつ見ても親しみを感じます。

P1020243.jpg

 二の鳥居です。住宅街の中にありますが、この神社の裏手は豊島岡御陵なので杜が豊かです。

P1020242.jpg

 この神社周辺は昭和の雰囲気のせいか、個人的にはこの神社を訪れるたびに一の鳥居から拝殿まではアプローチはちょっとしたタイムスリップした気分になります。子供の頃の風景に似ているからです。

P1020229.jpg

 元々は江戸城中紅葉山吹上御殿に創建されたせいか、お賽銭箱には葵のご紋がついてます。

P1020240.jpg

 この神社から池袋方面へ行くと日出優良商店街という雑多な古き良き昭和の雰囲気を残す商店街あります。日に日に再開発の波に飲み込まれてるので行くなら今のうちかもしれません。

護国寺の記事もどうぞ(こちら

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)