白山界隈の神社と巣鴨大鳥神社

 前回は本郷界隈の神社を紹介しましたが、今回は本郷の隣にある白山界隈の神社と巣鴨大鳥神社を紹介します。

IMG_2017.jpg

 まずは、地下鉄三田線の白山駅から千駄木方面に歩いて5分の路地裏にある秋葉神社です。
 由緒は不明です。しかし、こういう小さな神社は再開発の波で消えていくことが多いので、今なお残っているということはそれだけ大切にされている証拠。宝物を見せてくれようなありがたみがあります。
 最近は御朱印を頂くよりこういう神社を見つける方に力を入れています。   

IMG_2016.jpg 

 住所でいえば千駄木5丁目にある御林稲荷神社です。由緒は不明ですが駒込天祖神社(こちら)の飛地境内社となっています。
 この一帯はかつて駒込林町と呼ばれており、寛永寺の寺領とされ、徳川家霊廟用の薪材を供給しておりました。この神社は街の歴史を保存しております。

P1010659.jpg

 巣鴨大鳥神社です。「巣鴨」と名乗っていますが、住所は文京区千石。豊島区との境にありとげぬき地蔵とは逆方向の場所にあります。 

P1010660.jpg
 
 元々は稲荷社で、1849年に子育稲荷社と改称、1864年に境内社大鳥神社で「酉の市」を始めたので、巣鴨大鳥神社と通称するようになったとのことです。

 P1010657.jpg

 小さな神社ですが、御朱印を頂くことはことができます。
 
 P1010664.jpg

 再開発が絶えない東京ですが、探せば小さいながらも珠玉の神社はあるものです。御朱印収集もよいですが、このような神社を探すのも乙ですよ。
スポンサーサイト

本郷界隈の神社

 前回、湯島の神社を紹介したので今回はその隣にある本郷界隈の神社を紹介します。
 まずは、本郷7丁目にある元富士神社です。

IMG_2040.jpg

 本郷村の名主が1573年に、富士浅間社を勧請したものです。その後、1628年に加賀前田家が上屋敷をこの地に建てたこのに伴い、駒込に移転し駒込富士神社(こちら)となりました。この神社はいわば本宮です。

IMG_2043.jpg

 元富士神社の目と鼻の先にある本郷薬師です。かつてこの地にあった真光寺のお堂ですが、戦災によりお寺は移転。
 薬師堂だけがこの地に残りました。

IMG_1966.jpg

 薬師堂の縁日は大変な賑わいだったそうです。朱い提灯の光が縁日の賑わいを思い起こさせるので、夕方にこのお堂をお参りすることをお勧めします。
 
IMG_1980.jpg

 先ほどの寺社は本郷台と呼ばれる台地の上にありますが、こちらは台地を下がった本郷1丁目にある出世稲荷神社です。 

IMG_1981.jpg

 この神社は、春日局が屋敷神として創建、春日局が大奥の権力者に出世したことから、出世稲荷と称されるようになったといいます。大奥は女性だらけの職場ですが、私は8人中6人が女性の部署なので、、、、いろいろ苦労してます。。。。。

IMG_1961.jpg

 最後に出世稲荷神社から歩いて10分程、樋口一葉ゆかりの史跡がある菊坂にある火伏稲荷大明神です。
 いつ頃創建されたかは不明ですが、このような地域を守り続けているお稲荷様はいつまでも残っていてほしいものです。
 
 このブログで紹介している本郷に関する記事も合わせてごらんください。
 菊坂周辺の史跡
 金刀比羅宮 東京分社と本郷の名所
 三河稲荷神社と桜木神社

妻恋神社と湯島御霊社

 日の長い春から夏の仕事が早く終わった日は神田、日本橋、深川界隈の神社を巡っていますが、文京区界隈の神社を巡ることもあります。 そこで会社帰りにお参りした文京区の神社を3回に亘り紹介します。まずは湯島にある妻恋神社と湯島御霊社です。

 妻恋神社は文京区湯島3丁目にある小さな神社です。神田明神から湯島天神に行く途中にあります。
IMG_0144.jpg
 
 小さな神社ですが、東夷平定に赴いた日本武尊が湯島の地に滞在した際、亡くなった妃を慕う心を憐れんだ土地の人々が、尊と妃を祀ったのが創祀とされています。
 さて、不忍池を挟んで湯島の対岸にある五條天神社も日本武尊に由来します。また、湯島の隣は神田です。名前の通り神の田があったので古代の東京における重要な地に違いなく、大和朝廷の軍隊が駐留したことは十分考えられますね。

IMG_0145.jpg

 この神社がある湯島は江戸時代、カップルのための茶屋が多い場所だったそうですが、現在もそういう場所です。江戸と東京は地続きであるようです。 続いては湯島2丁目にある湯島御霊社です。

IMG_2037.jpg

 坂道が多い湯島界隈にあり、この神社も坂の中腹にあります。

IMG_2038.jpg

 京都の御霊神社から分霊し、1710年(6代将軍徳川家宣の頃)に当地に遷座したそうです。
 御霊神社は一言でいえば理不尽な目に合った人を祀る神社ですが、負のパワーも正しく祀れば正のパワーになります。これは
案外、いろいろ悩み多い人生のヒントになるかもしれないです。

IMG_2039.jpg

 境内は意外と広く、夏だったので百日紅が咲いていました。都内には諸国の著名な神社を分霊したものは多くありますが、京都の御霊神社から分霊したのはここのみと思われます。
 湯島といえば湯島天神ですが、この神社以外にも見どころは多いです。このブログで紹介している湯島界隈の寺社の記事もどうぞ!次回は本郷界隈の神社です。
 
霊雲寺(こちら
講安寺と心城院(こちら
麟祥院(こちら

講安寺と心城院 文京区湯島

5月3日に文京区湯島にある講安寺と心城院をお参りしました。
まずは講安寺です。

P1020783.jpg

簡素ながらも堂々とした黒い門が印象的です。白い本堂との対比が美しいです。

P1020784.jpg

本堂と庫裡は、土蔵造りという防火建築様式を残しております。

P1020785.jpg

都内に江戸時代の木造建築は多数あっても、土蔵造りの建築物はこのお寺のみです。本堂も一見簡素ですが気高さを感じます。

P1020786.jpg

 次にお参りした心城院は湯島天神のいわばふもとにあり、講安寺から心城院の道中は本郷台地の端をなぞるような道筋です。
 天を祀っていることから湯島聖天とも称されています。

P1020787.jpg

 このお寺の名物 「柳の井戸」です。江戸を代表する名水であり、美髪の御利益があります。
 御朱印は2種類ありますが、読経中のため後日改めていただくことにしました。 

P1020782.jpg

 今回紹介したお寺の近くには不忍の池があります。新緑がさわやかでした。後日、不忍の池周辺の寺社をお参りしたので紹介します。

湯島周辺の寺社の記事もどうぞ!
湯島天神
 霊雲寺
麟祥院

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (203)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (49)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (151)
江戸 (39)
明治~昭和 (48)
現代 (64)
寺社巡り (238)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (14)
豊島 (19)
港 (18)
文京 (28)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (18)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (28)