fc2ブログ

岡本太郎記念館②

前回は庭園にある作品を紹介しましたが今回は屋内にある展示物です。
入口の右奥は岡本太郎のアトリエです。

oktak (2)

作品を見るのも良いですが画家のアトリエを見るのも創作の過程が分かるので興味深いです。テレビで見るお姿は芸人にいじられる面白いおじいさんでしたが、本当は誰よりも真摯な人物であったことが伝わります。
座ることを拒否するイスはよく見ると公園によくあるコンクリート製の椅子に似てます。

oktak (3)

oktak (4)

入口からアトリエに行く途中にある応接間です。岡本太郎のフィギュアが精巧すぎます。お茶の間に登場する芸術家は後にも先にも岡本太郎だけではないでしょうか?脳内に「なんだこれは~!!」と「爆発だ!!」がリフレインする空間でした。

oktak (10)

2階では企画展の《明日の神話》と《太陽の塔》が3月15日まで開催されています。
こちらはクリスマスツリー「メリーポール」の1/8モデルです。今回新たに作成したものとのことです。このクリスマスツリーは1962年に池袋駅前に展示され、わずか1ヶ月半で姿を消したそうです。当時の写真が添えられていましたが、ウルトラマンに出てくる異次元の怪物のような、星新一のショートショートにちょいちょい登場する突然地上に現れた宇宙の物のような違和感です。そこがいい!!まさになんだこれは~!という衝撃です。

oktak (8)

最後に「豊穣の神話」です。「明日の神話」をオファーしたメキシコ実業家が追加でオファーした作品の下絵です。黄色い種のようなものを祝福するかのような描写はまさに「豊穣」です。この作品は高さ9メートル、幅60メートルの「べらぼうな」作品ですが、完成はしなかったそうです。

同じく国民的な人気がある草間彌生の作品は知性とか直感を授かったような気分になりますが、岡本太郎はパワーを授かった気分になります。自分に喝を入れたくなったらまた行きます。
スポンサーサイト



岡本太郎記念館①

「岡本太郎式特撮活劇 TAROMAN」の動画にドはまりしまたので、12月16日に岡本太郎記念館に行きました。
まずは庭園にある作品を紹介します。

oktak (19)

岡本太郎のアトリエを美術館にしたものです。そのせいか美術館を見に行くというより岡本君の家に遊びに行くような気分です。
「遊ぼ~」と呼んだら太陽の塔が出てきました。

oktak (18)

「歓喜の鐘」と「若い太陽」です。「歓喜の鐘」の実物大サイズは名古屋にある久国寺にあるとのことなので是非見たいです。
「若い太陽」はTAROMANの顔です。

oktak (17)

黒い像は「乙女」、手前の白い像は自画像ともいわれている「午後の日」です。「午後の日」を見ているとTAROMANの「私も同じ意見です」という奇獣のセリフがリフレインします。岡本太郎が絶対に言わなそうな言葉ですね。

oktak (15)

手前は「動物」、奥のは「樹人」、右は「河童」です。「河童」もTAROMANに出てくるキャラクターです。性懲りもなくやられっぱなしのところが笑えます。

oktak (16)

奥は「めばえ」、隣は「月の顔」そして「座ることを拒否する椅子」です。これらの作品を見ていると型にはまった行動に疑問を持ちます。社会の規範に反することはないのでしょうけど、自由に発想し表現することで人生豊かになる気がしました。

私が子供の頃、特に小学校4年から中1にかけてですが、バラエティ番組に岡本太郎がよく登場していました。片岡鶴太郎とのからみが多かった気がします。数多くの名セリフを知っていますが、意外なことに岡本太郎の作品はじっくり見たことがないなと思い、今回この美術館に行きました。次回は美術館の中にある展示物を紹介します。

甲斐荘楠音 「舞ふ」 「幻覚(踊る女)」

東京ステーションギャラリーで開催中の「甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性」に行きました。
今回紹介する作品は 「舞ふ」と「幻覚(踊る女)」です。

tokyos (2)

tokyos (1)

数ある作品の中でこの二つを選んだのは踊りの魅力が凝縮されているせいか特に目を引いたからです。

上の作品は「舞ふ」です。
躍動感のある姿と鍛え抜かれた体躯が魅力的です。フィギュアスケートや新体操を見たときのような感動を感じる作品です。
下の作品は「幻覚(踊る女)」です。
ひらひらとした動きと芸妓の妖しい表情に誘惑されそうですが、誘惑されたら最後抜け出せない恐怖を感じる作品でした。

展覧会のサイトの引用ですが「デカダンス薫る大正画壇の異才にして、昭和チャンバラ時代劇の陰の立役者。そして芝居を愛し、自らも演じることに興じた趣味人にして数寄者―」である甲斐荘楠音の作品は前々から興味があり、しかも会場は職場の近く、サッサと仕事終わらせてきたかいがありました。

児島虎次郎 和服を着たベルギーの少女

6月3日に目黒区美術館で開催中の「ベルギーと日本 光をえがき、命をかたどる」に行きました。私が一番推す画家であるエミール・クラウスに学んだ日本人画家である太田喜二郎と児島虎次郎の作品が一堂に会する充実の展覧会で6月18日まで開催されています。

kojimatora.jpg

一見、少女は「何着てるんだ私は?」という表情をしているようにも見えますが、背景がとてもガーリーなせいか、少女の可愛さが際立ちます。
この作品は展覧会のパンフレットに使われているこの展覧会の目玉です。「和服を着たベルギーの婦人」という作品と対になっているようです。児嶋虎次郎は和服を着た西洋人の少女を描いた作品は他にも描いており、大原美術館が所蔵しているようです。西洋美術と日本美術を融合しようと試行錯誤したものと思われます。

以前より、太田喜二郎と児島虎次郎のことは知っていましたが実際に作品を見るのは今回が初めてです。
エミール・クラウスは光に満ちた作品で有名ですが、両名の勝るとも劣らない光の描写は見ているだけで日光浴をしている気分になります。ベルギーで描いた風景画はもちろんのこと、光に満ちた日本の風景も描いております。日本画が描く風景はしっとりとした湿潤とした日本の風土が伝わりますが、光に満ちた日本の風景もまた良いです。次回はエミール・クラウスです。

※ 私が訪れたときはシャッター音がしなかったので撮影禁止かな思いましたが、実は可能です。この作品は絵葉書をスキャンしたものです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (266)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (60)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (442)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)