滝田ゆう ぬけられます

 パソコンが復旧しました。出荷状態で戻ってきたのでOSはWIN8.1。またすごく時間がかかるWIN10への更新が面倒ですが、なにはともあれ思ったより早く復旧したのでよかったです。
 さて、弥生美術館では「昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展」という展覧会が3月25日に開催されており、1月13日に見にいきました。今回紹介する作品は「ぬけられます」です。

2018年01月27日15時12分40秒0001

 漫画家・滝田ゆうの傑作「寺島町奇譚」の原画の他、「泥鰌庵閑話」の原画や関連資料などを多数紹介している展覧会です。

 「寺島町奇譚」は作者の出身地である下町「玉の井」(東京都墨田区東向島)の裏通りの庶民の日常を描いた作品です。 
 私娼街であった玉の井の路地の入り口には、あちこちに「ぬけられます」あるいは「近道」などと書いた看板があったそうです。この作品はタイトルが街を象徴しているので紹介しました。


 滝田ゆうの作品の良いところは情緒豊かな画風と、独特の擬音です。 最近の読んだ漫画は「孤独のグルメ」、「ワカコ酒」、「深夜食堂」、「「荷風になりたい」ですが、これらの作品の先達といえば「寺島町奇譚」・「泥鰌庵閑話」です。
 美しい思い出は明日への活力になり、心を浄化します。情緒豊かな画風と、独特の擬音も魅力ですが、滝田ゆうの一番の魅力は懐かしいとしい日常を美しく表現しているところです。昭和時代(おそらく40年代)を生きた方々の心に響くことが請け合いです。
スポンサーサイト

東郷青児 笛

 去年の今頃は一旦ブログを休止するぐらい人間関係に悩んでいました。一つの大変が終わるともう一つの大変が始まるようで、、、、今は女性だらけの部署で気苦労絶えません。
 一方で、私がYOUTUBEからDLする音楽はなぜか8割がた女性アーティストで、ディーヴァ達の歌声に励まされ、癒されているので今回紹介する作品は東郷青児の「笛」です。

笛

 
 この作品は損保ジャパン東郷青児美術館が所蔵されております。
 ディーヴァを描いた作品は数多くありますが、この作品を選んだのは、柔らかな曲線の美しさに癒しを、優しいまなざしに励ましを感じるからです。
 このブログでは「日蝕」という作品も紹介しているので、よろしければどうぞ!

 さて、癒されるディーヴァといえば20代のころよく聴いた王菲です。最近は活動していないようですが、「夢中人」とか「但願人長久」は歌声が美しいので最近また聴きだしました。FiestやYael Naimはゆったりしたかんじが心地よいです。

 また、励まされるディーヴァ達はというと、まずはArch Enemy、ボーカルのアリッサ・ホワイト=グラズ、クサクサしているときはデスメタルを聴きたくなります。デスヴォイスに励ましを感じますが、ソプラノヴォイスも美しいです。
 そして初音ミク。「Hand in  hand」は励まされる曲です。Babymetalの「Karate」も同様です。10代の女の子が世界を相手に活躍している姿にも感動しますね。

月百姿 その4

月百姿はかっこいい作品も多いから好きですが、一番お勧めしたいのは「南海月」です。

2017091121024145.jpg

 諸観音菩薩を産んだ白衣観音様が、南方にあるという観音の住処、補陀落山に居るを姿を描いております。

 月の光を浴びるのは好きです。月の光には、一日が無事終わったという安堵感もあるせいか、癒しを感じからです。嫌なことが続いた時期はベランダで月を眺め、心を落ち着かせたものです。

 この作品は母性が漂います。また、先ほどの月光の効用も相まって癒されます。月百姿は傑作ぞろいの作品集ですが、「南海月」は見ているだけで心が浄化されるので特にお勧めしたいです。

月岡芳年 月百姿 その3

 今年の15夜の満月は、時折雲がかかりましたが綺麗でした。太陽の光は活力を与えてくれますが、満月の光は清らかさを与えてくれる気がします。さて、今回紹介する月百姿はコメディーな作品を2つ紹介します。

 まずは「月夜釜 小鮒の源吾 島矢伴蔵」です。

2017071121024145.jpg

 二人の盗賊が大釜を盗もうとしたところ、実は釜の中で持ち主が寝ていて、その音にビックリしている場面とのことです。
 やせぎすなところがボヤッキーを連想し、音にビックリしている場面は、ドリフのコントで加藤茶がヘックシュンと大きくくしゃみして一同がびっくりする場面を連想します。
 「月夜に釜を抜かれる」は油断大敵とのことですが、寝てる釜の持ち主も驚きすぎの盗賊も油断しすぎなところが面白いです。

続いて「垣間見の月」です。

2017081121024145.jpg

 顔世御前に横恋慕する高師直に顔世の侍女が風呂上りの顔世の姿を覗き見させるという場面です。
 侍女は風呂上りすっぴんの顔世御前を見れば高師直も興ざめすると思い、このようなことをしたそうですが、逆に美しい裸体を見て別な意味で仰天したようです。なんかコロコロコミックとか少年誌向けのラブコメ・エロコメを見ているような気分です。
 月百姿では数少ない裸婦像です。覗いてる高師直をにらむようにも見えますが、顔世御前の凛々しい表情がいいですね。

 次は神々しい作品を紹介します。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (203)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (49)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (151)
江戸 (39)
明治~昭和 (48)
現代 (64)
寺社巡り (238)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (14)
豊島 (19)
港 (18)
文京 (28)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (18)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (28)