FC2ブログ

矢切神社 千葉県松戸市

 仕事が早く終わったある日、北総線の矢切駅周辺にある神社を2社お参りしました。
 まず紹介するのは松戸市にある矢切神社です。

yagiri (2)

 矢切といえば、「矢切の渡し」です。これは駅構内に展示されている渡し船です。 そのため矢切駅の発車メロディも「矢切の渡し」です。

yagiri (1)

 矢切神社は矢切駅から松戸駅方面に歩いて10分の場所にあります。

yagiri (3)

 1704年に江戸川が氾濫し、その際高台に避難した住民が創建しました。
 祭神は倉稲魂命なので、狛犬さまとともお稲荷様もいらっしゃります。

yagiri (6)

 境内にある石祠です。千葉県内の神社をお参りすると必ず石祠があります。都内の特に都心の神社では見かけることは少ないので見るたびにここは違う土地なのだなと実感します。

yagiri (7)

 境内社の天神様です。夕暮れ時でやや暗かったので全貌を撮影することは難しかったのですが、屋根の意匠が美しいです。

yagiri (5)

 あまびえ様です。

yagiri (4)

 社殿です。拝殿向拝中備には龍の彫刻がありますが、注目すべきは屋根の意匠です。

yagiri (8)

 龍の鏝絵が施されています。今回この神社をお参りしたのはこの鏝絵が見たかったからです。

yagiri (9)

 神社の正面にある庚申塔です。
 この庚申塔から江戸川方面に矢切を有名にした物語である「野菊の墓」の記念碑があります。
 柴又を観光して矢切の渡しで江戸川を渡った際は合わせてお参りしてほしい神社です。次回は御神木が美しい神社を紹介します。 

法明寺 豊島区南池袋

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、電車に乗って寺社巡りは避けているのでもっぱら自宅の近所か職場の近所の寺社をお参りしています。そこで今回紹介するのは法明寺です。
 地元豊島区を代表するお寺ということもあって雑司ヶ谷の鬼子母神はよくお参りしますが、鬼子母神は法明寺の境内外にあるお堂です。

P1010638.jpg

 法明寺は池袋駅から雑司ヶ谷方面に向かって歩いて10分の場所にあります。鬼子母神堂はここからさらにあるいて3分の場所にあります。大繁華街の池袋とは思えない閑静なお寺でこの画像を見せて「そうだ、京都に行こう」というフレーズつけても違和感はないかもしれないです

P1010639.jpg

 春は桜が咲き乱れます。豊島区の桜の名所は染井霊園ですが、お寺の境内に咲く桜を愛でるならこのお寺です。
 なお、このお寺は810年に建立された古社で当初は天台宗でしたが、のちに日蓮宗に帰依しています。

P1010640.jpg

 日蓮宗のお寺は龍の彫刻が迫力ありますが、こちらは咲き乱れる花。龍のように豪快に咲き乱れています。

 P1010646.jpg

 御首題は鬼子母神堂で頂くことができます。御首題はお寺によっていろいろな様式がありますが、法明寺は「奉拝」のところに豊島区の郷土玩具「ススキミミズク」の印が押されているのが特徴です。
次の過去記事もどうぞ!!
法明寺の裏手にある威光稲荷(こちら
鬼子母神の秋の風景(こちら
鬼子母神の御朱印(こちら

虎ノ門金刀比羅宮 港区虎ノ門

 テレワーク推進といいつつも紙ベースで仕事したい団体は多数あり、しかもメールではなく持参をご要望!!虎の門界隈にぶつぶつ文句言いながら行きました。ついでに虎ノ門金刀比羅宮をお参りしました。

IMG_1061.jpg

 三田線の内幸町から歩いて10分の場所にあり、ビルの中に社殿があります。大都会ならではの光景です。

IMG_1053.jpg

 この神社の特徴は鳥居19世紀に奉納されたものです。
IMG_1055.jpg

 左側の青龍と玄武です。

IMG_1056.jpg

 右側の朱雀と白虎です。

IMG_1057.jpg

 讃岐丸亀藩主の京極高和が領地・讃岐の金刀比羅大神を1660年に三田の江戸藩邸に邸内社として勧請し、その後虎ノ門に遷座したものです。
 社殿は空襲で焼失しましたが、拝殿、幣殿の部分は昭和26年に再建されたものです。日本最初の建築史家伊東忠太の設計による建物で東京都選定歴史的建造物です。

IMG_1058.jpg

 コンクリートジャングルに一服の清涼感を与える現代版の鑓水?です。神社といえば鎮守の森ですがこの神社はビジネス街の風景にうまく溶け込みながらも神域としての空間も保つ不思議な神社です。東京らしい神社といえます。

本郷にある金刀比羅宮 東京分社の記事もどうぞ(こちら

中丸熊野神社 板橋区熊野町

 今回紹介する神社は板橋区と豊島区の区境にある中丸熊野神社です。

IMG_板橋 (1)

 創建年代は不詳ですが、中世の頃、宇多天皇の皇子敦実親王14代の孫にあたる庭田主水正氏兼という人物が当地に移住し、熊野権現を勧請し、1587年に今の場所に遷座しました。

IMG_板橋 (2)

 神社は交通の要所に建てられることが多いですが、 幹線道路(山手通り・川越街道)が交差し、首都高速が走る交通の要所にあります。凛々しさともこもこした可愛らしさが調和した狛犬さまが印象的です。

IMG_板橋 (6)

 よく晴れた日だったので清々しい境内でした。4月初旬にお参りしたので桜も咲いていました。

IMG_板橋 (5)

 社殿は昭和40年代に再建されたものです。境内は玉垣で囲まれています。

IMG_板橋 (3)

IMG_板橋 (4)

 境内社のお稲荷様です。
 さて、川越街道は1457年に太田道灌が江戸城と川越城を結ぶ防衛線として築いたもので、太田道灌と激しく争った豊島氏は川越街道を分断することもあったそうです。この神社は案外どちらかの陣営の基地だったのでは思われます。
 また一つ郷土の歴史を物語る神社に出会えました。

この神社の近くにある神社の記事もどうぞ(こちら)

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)