FC2ブログ

六本木ヒルズ周辺の神社 その2

 バスキアの展覧会の後、六本木ヒルズ周辺の神社をお参りしました。
 まずは以前六本木ヒルズ周辺の神社をお参りした際(こちら)は改築中だった龍土神明宮です。

IMG_3546.jpg

 1384年に創建され。江戸城改築の際元和年間(1615-1624)に当地へ移転しました。
 江戸城改築に伴い移転したといわれる寺社は多いです。江戸は寒村だったというのは実は嘘で、太田道灌による築城以前は江戸氏という豪族の居城でした。中世の頃は物流の拠点でもあったので、江戸城周辺は寺社もそれに伴って多かったのかもしれないです。

IMG_3547.jpg

 右手の井戸に注目です。
 水にまつわる名前を冠した神社であるせいか、都会のど真ん中にあるにもかかわらず水が出るそうです。

IMG_3548.jpg

 この神社はミッドタウンも近くにありますが、窪地にあるせいか不思議と静かです。
 住所は7-7-7!とても縁起が良い住所です。
 
IMG_3549.jpg
 
 青銅の灯篭もおしゃれです。スレンダーな造形とハートマークがポイントです。

IMG_3569.jpg

 六本木ヒルズから見て麻布十番方面にある十番稲荷神社です。昭和25年の復興土地区画整理により旧坂下町鎮座の末広神社と、旧永坂町鎮座の竹長稲荷神社が当地へ遷座、その後両社が合併し十番稲荷神社と改称したといいます。
 末広神社は、1596年から1615年頃に創建、竹長稲荷神社は823年頃創建されたそうです。都心部の小さな神社の中には奈良時代までさかのぼる神社も多数あります。

IMG_3570.jpg

 六本木界隈も起伏の激しい土地です。あるものは坂の上、あるものは坂の下に窪地など、この界隈の神社巡りは地形の妙を味わうことができます。
 このブログの寺社ネタは「地形」をキーワードにしていますが、ほかにも都心の地形を味わうとしたら、北区にある七社神社から王子稲荷神社までの神社めぐり、谷中界隈のお寺巡りそして今回の六本木界隈がおすすめです。
スポンサーサイト



鶯谷散歩

 9月15日に鶯谷周辺を散歩しました。
 まずは山手線の車窓から見える元三島神社です。

IMG_3535.jpg

 歓楽街のど真ん中に鎮座しています。

IMG_3534.jpg

 歓楽街は身も心もデレ~となりますが、そんな気分に喝を入れそうな厳めしい狛犬さまでした。 

IMG_3533.jpg

  元寇の際に大活躍した河野通有が伊予国大三島神社に必勝祈願した後、当地に分霊を勧請して創建したと伝えられます。1710年に浅草小揚町へ遷座(寿三島神社)することになったものの、地元氏子の協議により当地にあった熊野社と合祀して元三島社と称したといいます。

IMG_3532.jpg

 場所柄、お参りを敬遠していましたが、重厚で威厳のある石灯籠は素晴らしく、白い玉砂利もまかれているので境内の雰囲気はとても良かったです。

IMG_3536.jpg

旧陸奥宗光邸です。
 現存する都内最古の住宅用洋館です。案外小さい建物ですが存在感があります。小柄だったそうですがタフな交渉人であった陸奥宗光思わせます。

IMG_3537.jpg

 八二神社です。
 明治5年加賀の前田家が当地に移住した際に屋敷内に創建した神社です。
 この神社があり根岸界隈は今ではラブ街ですが、かつて鶯谷一帯が閑静な別荘地であったことの名残と言えます。

IMG_3539.jpg

 最後に正岡子規の邸宅です。
 この建物は再建したものです。この建物もまた閑静な別荘地であったことの名残と言えます。

 いままで鶯谷は山手線で通り過ぎるだけの街でした、散歩してみると陰と陽が入り乱れる魅力的な場所でした。
 

西方寺と善養寺

 巣鴨といえばとげぬき地蔵ですが、巣鴨の隣にある西巣鴨にも見どころのあるお寺はあります。
 今回紹介するのは西方寺と善養寺です。

 西方寺はかつて浅草にあり、遊女の投げ込み寺として知られていましたが、関東大震災で消失し現在地に移転しました。
 
IMG_3525.jpg

 高名な遊女二代目高尾太夫のお墓です。
 さて、このお寺は都内に数箇所ある招き猫発祥の地のひとつです。

IMG_3524.jpg

 これがその招き猫です。元禄年間に吉原で高名な薄雲太夫は猫を可愛がていました。この猫は飼主を守るため死んでしまい、西方時に葬られました。今でいうペットロスの薄雲太夫を励ますためにお客さんが贈った伽羅を彫った猫が招き猫の始まりとも言われてます。 
 このブログではもう一つの招き猫発祥の地と言われている豪徳寺も紹介しています。

 次に善養寺です。

善養寺1

 本堂に掲げられている龍の彫刻は、火炎が彩色されているのでとても生き生きと見えます。

善養寺2

 このお寺は江戸三大閻魔の一つとして知ら、高さ3メートルの閻魔様がにらみを利かせています。

善養寺3

 庫裡のひさしには天井絵が施されていました。善養寺周辺には他にもお寺が立ち並び、隣にはお岩様のお墓で有名な妙行寺があります。

ご朱印

 御朱印です。上の方に推されている印が特徴的です。
 西巣鴨にも見どころがあるお寺は多いのでとげぬき地蔵様と合わせてお参りいただきたいです。

このブログで紹介している閻魔様で有名なお寺の記事も合わせてどうぞ!!
太宗寺
源覚寺(蒟蒻閻魔)

妙蓮寺と根頭神社

 今回は道野辺八幡宮近辺の寺社です。
 まずは妙蓮寺です。

IMG_3501.jpg

 このお寺は、日蓮聖人の母親である「妙蓮尊尼」の生誕の地と言われております。

IMG_3502.jpg

 日蓮宗のお寺は弾圧にめげなかった日蓮上人のように勇ましい龍の彫刻を多く配した意匠が多いですが、このお寺は優美な印象です。日蓮宗にとって重要なお寺であることは間違えないのですが、ご首題を頂けるかどうかは不明です。

IMG_E3503.jpg

 次に紹介する根頭神社はこのお寺の近くにあります。
 この神社は木々に囲まれた参道が美しく、「ちば遺産100選」に選ばれています。

IMG_E3504.jpg

 杜に囲まれた厳かな境内です。簡素ながらも美しい社殿は良質な生地と仕立てのTシャツのようです。
 
IMG_3507.jpg

 この神社の創建時期は不明ですが、近辺には縄文時代の遺跡もあることから古くから聖地だったようです。
 普段はビルや住宅に囲まれた寺社をお参りしているので、このような神社をお参りすることはこのうえない至福です。

IMG_3489.jpg

 最後におまけです。東武電鉄の8000系です。両数の多さと製造期間の長さから私鉄の103系とよばれている名車両です。廃車が進んでいますが、東武野田線ではまだ現役のようです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (289)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (25)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (8)