エミール・クラウス 他2作品

 ベルギー人の画家が好きで旅行で行ったこともあるので、今回のワールドカップではベルギーも応援していました。 
 そこで、今回は今回のワールドカップでベルギーが3位となったことを記念してベルギー人画家の作品を3作品紹介します。

 2013年06月16日21時45分16秒0001

 まずは、エミール・クラウスの今の季節にふさわしい「夏の日中」です。
 木陰からのそよ風を感じるようなさわやかな作品です。高原の避暑地にいるよな気分になる作品です。

 2013年06月16日21時44分36秒0001

 次は弟子のアンナ・ド・ウェールトの「夏の朝」です。
 藁の束が並んでいる人たちに見え暑いけど。。。。今日も仕事。。。。って感じに見えてユーモラスです。
 この二人の画風はリュミニスム(光輝主義)と呼ばれ、名前からして光の表現にこだわっている、光の粒子が舞うという言葉が似合う作品です。

テオ・ファン・レイセルベルへ 読書する夫人と少女(画家の妻と娘の肖像)
 
 最後にテオ・ファン・レイセルベルへの「読書する夫人と少女(画家の妻と娘の肖像)」です。
 愛妻と愛娘を描いたからかもしれませんが、エミール・クラウスの描く光が心に直接響く情熱的な輝きだとしたら、テオ・ファン・レイセルベルへは優しく包み込むような輝きに感じます。画面左側のテーブルに載ってるのはどうみても急須。19世紀末の西洋絵画は日本美術の影響があるので、当時日本茶はクールな飲み物だったのかもしれないです。
 日本ではなじみのない画家ですが、エミール・クラウスといったベルギーの近代絵画の展覧会に出展されることがあるので注目してほしい画家です。
 
 さて、ビールがおいしい季節です。この季節に飲むべきビールはさわやかな味わいのヒュールガルデン。ベルギーのビールです。これを飲みながらベルギー人画家の作品を楽しむのも乙ですよ。
スポンサーサイト

ピエール・ボナール 夏、ダンス

 今回は東京都美術館で開催中の「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」に展示されていたピエール・ボナールの「夏、ダンス」を紹介します。

o0700055814183435435.jpg

 夏は日が長く、早く仕事が終わった時に街を歩くと学童・保育園帰りの親子をよく見かけます。また日が長いから公園では元気に遊ぶ子供達の姿も見ます。その風景は安堵と幸福を感じます。  
 
踊るように走り回る少女、作業を終えて帰宅する農夫・母子、自宅でくつろぐ少女の姿は先ほどの風景を連想し、安堵と幸福を感じるのでこの作品を紹介しました。

 上野での 「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」は間もなく閉幕しますが、この作品こそ一番お勧めしたいです。

モネ 「散歩、日傘をさす女性」と「戸外の人物習作(右向きの日傘の女)」

 夏の必需品といえば日傘です。
 そこで今回紹介するのはモネの「散歩、日傘をさす女性」(上段)と「戸外の人物習作(右向きの日傘の女)」(下段)です。

2014年05月19日21時53分28秒0001
 
 モネの傑作は数多くありますが、私が考える最高傑作はこの作品だと思います。2011年?の夏に国立新美術館で開催された「ワシントンナショナルギャラリー展」でこの作品を観ました。
 愛しい人がどこかに手の届かないところに行ってしまいそうな気分になり切なくもなりますが、神々しさに拝みたくなる作品です。

日傘を差す女

 初夏の日差しと女性が一体化し真珠のように輝く美しい作品です。「散歩、日傘をさす女性」の次に好きな作品です。
 風は右側から吹いてますが、左側の雲は左方向に女性を包むような形をしています。この左右に渦巻く光の流れは陰陽対極図のようです。また、天に昇る龍のようにも見えます。モネは浮世絵が好きだったので、意外と東洋的な世界観を知っていたのかもしれないです。

 さて、モネといえば光です。
 20世紀初頭に光は波であり粒子であることが証明されたそうですが、19世紀末にモネはこのことを知っていたのではないでしょうか?この2作品は光の粒子が目に飛び込み、光の波にさらわれそうな気分がします。

ルソー 馬を襲うジャガー

 東京都美術館で開催中の「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」に行ったので、目玉の一つであるルソーの「馬を襲うジャガー」です。

2018051922391940c.jpg

 ふわふわした作品が多いせいか、タイトルを知らなければ馬とじゃれあう猫にも見えます。 ルソーは書物や植物園で見た熱帯の植物を頼りにジャングルを描いたそうです。ジャングルを描いた作品はほかにもありますが、想像力とまるで見てきたような描写力が素晴らしいです。
 
 ターナーやモネ・ルノアールは光の妙で画面に吸い寄せられますが、ルソーはふわふわした雰囲気に見ているこちらも浮かび上がって気づけば吸い寄せられます。

 この展覧会の目玉はモネの「草上の昼食」です。光あふれる初夏にふさわしい作品ですが、夏はすぐそこのせいか、熱帯のジャングルを描いたこの作品に心を魅かれました。 また、上野といえば動物園ということで動物を描いたこの作品を推しました。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (206)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア・スペイン (16)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (51)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (13)
日本人画家 (153)
江戸 (42)
明治~昭和 (47)
現代 (64)
寺社巡り (257)
板橋 (4)
北 (7)
江東 (16)
墨田・荒川 (8)
渋谷 (11)
新宿 (8)
杉並 (10)
世田谷 (8)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (15)
豊島 (20)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (18)
その他23区下町 (3)
その他23区山の手 (8)
東京多摩地域 (11)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (8)
名所・旧跡 (21)
庭園・公園 (11)
建物 (5)
博物館 (5)