FC2ブログ

エミール・クラウス ピクニック風景

 屋外で過ごすのが心地よい季節です。そこで今回紹介する作品はエミール・クラウスの「ピクニック風景」です。

ピクニック風景

 この作品は2010年にBunkamuraで開かれた、「フランダースの光ベルギーの美しき村を描いて」展で観ました。
 西洋絵画で誰が一番好きか?と聞かれたらエミール・クラウスと答えます。理由は見ているだけで明るい気分になれるからです。モネ・ルノアールとは一味違った光の描写は白眉です。
 大原美術館のHPにあるエミール・クラウスの紹介文によると、エミール・クラウスはモネと親交がありました。また、大原美術館のコレクションを収集した児島虎次郎氏はエミール・クラウスの弟子です。

 爽やかな光がそそぎ薫風香るという言葉が似合う作品です。階級社会を描いた(手前に農民、向こう岸にブルジョワ)という解説もありましたが、慎ましい農民達の様は優しい気分になります。優しくそそぐ光、薫る風も伝わってくるのでそのような政治的な解釈はどうでもよくなります..
 
 子供の頃、4月から5月の晴れた日は多摩川に釣りに行ったものです。また独身の頃はサイクリングにはまっていて、多摩川の河川敷をサイクリングしたものです。
 河原は開放的な空間なので普段都会に暮らしていると時に恋しくなります。このブログで紹介している他作品と彼の弟子の作品もどうぞ!!

 「晴れた日」・弟子のアンナ・ド・ウェールトの「6月の私のアトリエ」(こちら

「夏の日中」と「夏の朝」(こちら
スポンサーサイト



セーヴル橋とクラマールの丘、サン=クルーとベルヴュの眺め  ルソー

 先日、パスポートを更新しました。多分10年以内には海外旅行にも行けるかもしれませんね。
 海外旅行といえば飛行機です。そこで今回紹介するのはルソーの「セーヴル橋とクラマールの丘、サン=クルーとベルヴュの眺め」です。

2013年01月18日22時58分05秒0001
 
 ルソーの魅力は童話的なほのぼのとした雰囲気です。
 橋の上の人物と飛行機の距離感がつかみずらいというよりありえないです。この大胆な構図が不思議な均整を保っているところもよいです。(この作品はいつどこの展覧会で見たかは不明です。)

 飛行船と気球はなぜか見ていてのんびりとした気分になれる乗り物です。休日の昼下がりを川辺でのんきに散歩したい気分になる作品です。そのままビール飲んでボケ~っとしたい!

 しかし、この作品を見てそんな気分になれるのは飛行機が当たり前のようにある現代人だからで、19世紀末の人間は人間が空を飛べるようになったこと自体驚きの事実で、この作品は技術の進歩をルソーなりにダイナミックに描いたつもりかもしれません。
 このブログでは「赤ん坊のお祝い!」という作品も紹介しているのでよろしければどうぞ!(こちら

フランシスコ・デ・ゴヤ トビアスと大天使ラファエル

 コロナ禍が収まらず不安ですよね。今回はそんな気分を少しでも安らぐような作品を紹介します。紹介する作品はフランシスコ・デ・ゴヤの「トビアスと大天使ラファエル」です。

2015年11月13日21時09分58

 2015年の11月13日の金曜日に三菱一号館美術館で開催中の「プラド美術館展 スペイン宮廷 美への情熱 」で見ました。
 ラファエルは癒しを司る天使光輪の輝きと純白な衣装の神々しさに癒されます。美少年と言いつつも美少女といえばそうにも見えます。誰もが認める美しい顔立ちは男女共通なのかもしれないですね。

 天使ラファエルがトビアス少年にその魚は父親の目を治すという御神託をいう場面です。この年の10月に結膜炎にかかり、その後遺症で左目の視力が低下したのでこの作品をじっくり鑑賞するとご利益があるよな気がしました。実際この日を境に視力は回復を始めました。優れた宗教画は異教徒にも御利益をもたらすようです。
 美少年を描いた作品は数多くありますが、現在の情勢下では癒しの御利益がある作品がいいだろうと思い紹介しました。

このブログではフランシスコ・デ・ゴヤの「無原罪の御宿り」も紹介しています。
 

アルベール・アンカー 少女と二匹の猫

 まもなくひな祭り、女子のお祭りの日ですね。そこで今回は美少女を描いた作品を紹介します。
 スイスの画家アルベール・アンカーの「少女と二匹の猫」と「髪を編む少女」です。いずれの作品も2007年12月に渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで行われた展覧会(日本初)で見ました。

少女と二匹の猫

 三毛猫は日本では珍しくない猫ですが、欧米では珍しいそうです。ということはこの絵もジャポニズムの影響下にあるということでしょうか?
 猫をかわいがる少女の作品として、以前、月岡芳年の「風俗三十二相うるささう」を紹介しましたが、この女の子はこの子より理知的なようです。真正面を向いている三毛猫が特に可愛い、理屈抜きでなごむ作品です。
 
髪を編む少女

 マザーグースに「男の子は何で出来てるの?カエル カタツムリ 小犬の尻尾 」「女の子は何で出来てるの? 砂糖 スパイス 素敵な何か」という詩がありますが、この作品を見ていると納得します。かわいいを通り越して美しいです。

 アンカーは17世紀のオランダ絵画を想起させる室内情景や子供、農民などの日常風俗で親しまれています。この画家が活躍した19世紀末は印象派や象徴派等、新しい画風・作品世界を作ろうと多くの画家がパリで活躍していました。 この画家も30年パリで暮らしていたそうですが、一貫して古典的な画風を保っていました。
 
 農民の日常風景を描いた同時代の絵といえばバルビゾン派と言われる画家達が挙げられますが、この画家は晩年に実は参加したかったと語ったそうです。かのゴッホも一目置いたと言われるアルベール・アンカー、展覧会で見る機会が訪れたら是非見るべきです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)