FC2ブログ

マグリット 大家族

 絵画鑑賞の素晴らしさは精神的に「自由」になれることです。
 そこで今回紹介する作品はマグリットの「大家族」です。 

マグリット 大家族

 この作品は曇天の中から晴天が見えることから絶望から希望が叶う時が来る予感に見えますが、その逆で不穏の予兆にも見えます。
 羽ばたく鳥から幸運の予兆にも見ますが、いろいろなしがらみに絡めとられたようにも見えます。

 世の中、いろいろな考えがあるけどかくあるべしという固定観念にとらわれています。確たる決意は人生にプラスですが多くの場合、かくあるべしという固定観念は足かせで、悩みの元でもあります。

 そんな時絵画を眺めていろいろな解釈を考えているとかくあるべしという固定観念から自由になります。
 特にマグリットは作品のタイトルが固定観念から外れているのでいろいろな解釈が可能です。マグリットの作品は見れば見るほど
固定観念にとらわれていることの愚かさと精神的に自由でいることも楽しさを感じます。
 この作品は宇都宮美術館が所蔵してるので日本で見る機会も多く、マグリットのアイコンといえば羽ばたく鳥であるため紹介しました。このブログで紹介している他の作品もどうぞ!!

 「Pompo Pompo Pom Po Pom PoN」
 「光の帝国Ⅱと光の帝国」
 「ゴルコンダ」
スポンサーサイト



アルフォンス・ミュシャ 四芸術 絵画  詩

 名画はある時は人生に指標を示し、ささくれた心を癒し、またある時は奮い立たせるものです。
 だからこそ展覧会に行くのが好きです。そこで今回は絵画鑑賞の素晴らしさが伝わる作品を紹介します。アルフォンス・ミュシャ の「四芸術 絵画」です。

アルフォンス・ミュシャ 四芸術_絵画

 ミュシャ の作品は心が華やぎます。
 冒頭で絵画鑑賞の素晴らしさを述べましたが、絵画鑑賞の素晴らしさの一つは幸せな気分になることです。
 この作品は幸運の象徴である虹が描かれているので幸せな気分になります、まさに絵画鑑賞の素晴らしさを称える作品とえます。

アルフォンス・ミュシャ 四芸術_詩

 さて、このブログでは四芸術の「舞踏」、「音楽」も紹介しています。今回は「絵画」を紹介しました。そうなると「詩」も紹介しなければなりません。
 「絵画」と違いこちらは内省的な印象です。絵画鑑賞により 自分の考えや行動などを深くかえりみることもあります。このことで新しい考えが湧いたり、悩みの解決策が思いつくこともあります。「詩」というタイトルですがこちらもまた絵画鑑賞の素晴らしさが伝わりますね。次回も絵画鑑賞の素晴らしさが伝わる作品です。
 

エミール・クラウス リス川の夕陽

 皆様のおかげにより2011年の2月5日に開設したこのブログは10周年となりました。
 そこで私が皆様に特にお勧めしたい画家であるエミール・クラウスの作品を紹介します。作品名は「リス川の夕陽」です。

2015年09月25日21時09分58秒0002

 エミール・クラウスは見ているだけで日向ぼっこしているような気分になります。
 この作品は2015年の9月23日東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館の「最後の印象派 1900-20′s Parisカリエール、アマン=ジャン、ル・シダネル…」で見ました。

 光の美しさと暖かさが凝縮された画風がたまらないエミール・クラウスは、ベルギーのリス川の付近にアトリエを構えました。この作品はリス川に沈む夕日を描いたものです。
 大気のすべてが夕陽に吸い込まれていきそうな、また夕陽が万物に一日の疲れを取るべくパワーを与えてそうな放射状の「気」の流れ?に魅了されます。ゴッホの渦巻きとは違ったパワーがあります。
 
 さて、太陽は太陽風というものを吹かせるそうです。これが大気にぶつかるとオーロラになるそうです。この太陽風は1960年に発見されたそうですが、光を生み出す太陽を巧みに描いたエミール・クラウスにはこの太陽風の存在が感覚的にわかっていたのではと思いました。このブログでは次の作品も紹介しています。

ピクニック風景
テムズ川に輝く朝日
夏の日中
晴れた日

ピーテル・デ・ホーホ 中庭の女性と子供

 私が推す西洋絵画の画家の一人は、ピーテル・デ・ホーホです。 「中庭の女性と子供」を紹介します。

20150640181644c72.jpg

 保育園や学童保育から帰宅する親子、夕飯の買い物帰りの親子、帰宅する親子の姿には安どを感じます。その景色は今回紹介するこの作品のようです。 

 ピーテル・デ・ホーホの作品の良いところは何気ない日常がたまらなく愛しくなることです。
 コロナでいろいろな日常が制限されている今は特に心に響きますね。

 フェルメールと同じ時代を生きたこの画家の作品は、フェルメールの展覧会会場には必ずと言っていいほど展示されています。
いままでこのブログでフェルメール作品と比較したうえでのピーテル・デ・ホーホの素晴らしさを紹介してきました。この際だからピーテル・デ・ホーホだけの展覧会は開催されないかと思うこともありますが、誰に提案すれば実現するのでしょうか?次回は私が推すベルギー人画家です。
 
デルフトの中庭(ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している作品)
デルフトの中庭
食糧貯蔵庫の女と子供 

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (223)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (335)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (14)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)