FC2ブログ

ヴィルヘルム・ハンマースホイ ライラの風景

 前回に引き続き、ヴィルヘルム・ハンマースホイの作品です。
 今回は風景画で「ライラの風景」です。
ハンマースホイ Landscape, From Lejre

 この作品も国立西洋美術館で2008年に開催された展覧会で見ました。
 ヴィルヘルム・ハンマースホイの懐かしさを感じる画風は美しい思い出を呼びだしてくれます。

 この作品に描かれている森はキャンパスから見えた吾妻連峰や阿武隈山地を思い起こします。
 母校の福島大学周辺は起伏のある地形なので連なる丘は大学周辺を思い出します。講義をさぼって近所の山や池のほとりでぼけっとするのが好きでした。
 この作品はそんな学生時代の幸福なひと時を思い出します。また学生時代に流行ったスピッツの「空も飛べるはず」またはマイリトルラバーの主だった楽曲が脳内BGMとして流れます。皆様はどのような思い出を連想しますか?

 さて、この展覧会で見たおすすめした作品はダンクヴァト・ドライアの「ランスー島のドルメン」。以前このブログで紹介したカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ「雪の中の巨人塚」を連想します(こちら)。また、ヴィゴ・ヨハンスンの「きよしこの夜」はピースフルで素晴らしいです。ぜひ心地よい空間を味わってください。 
スポンサーサイト



 ヴィルヘルム・ハンマースホイ 背を向けた若い女性のいる室内

 デンマークの画家であるヴィルヘルム・ハンマースホイの展覧会に行きました。今回紹介する作品は「背を向けた若い女性のいる室内」です。

背を向けた若い女性のいる室内

 レゴ、マリメッコ、ボルボ等北欧の製品は身近ですが。芸術家となると意外となじみが薄いです。北欧には知られざる巨匠がいっぱいるようですね。
 デンマークの画家ヴィルヘルム・ハンマースホイの作品は、静寂な室内画を多く描いています。この作品は国立西洋美術館で2008年に開催された展覧会で見ました。実に12年ぶりの再会であり実に嬉しいことです。
 
 この展覧会のキーワードはデンマークの言葉で心地よさを意味する「Hygge」です。
 この作品は休日に彼女と自宅でまったり過ごしているような心地よさを感じます。
 ヴィルヘルム・ハンマースホイ以外の画家の作品も出展されていましたが、印象派絵画と比べるとくすんで見える作品達ですが、休日に自宅で寛ぐような幸福感を感じる作品が多いです。次回もヴィルヘルム・ハンマースホイの作品です。

アングル トルコ風呂

 前回、昼から銭湯すなわち大浴場という贅沢を味わった話をしました。
 そこで今回紹介するのは大浴場の魅力が伝わるアングルの「トルコ風呂」です。

トルコ風呂

 
 名前からして官能的な作品です。フランス語はよくわかりませんが原題が「Le bain turc」なので直訳したのでしょう。
 「トルコの浴場」という邦題もありますが、ルーブル美術館の日本語サイトは「トルコ風呂」なのでこれに合わせました。

 官能的な西洋絵画は何か?と問われたらこの作品を挙げる方は多いと思います。 大浴場のゆったりとした気分のせいか、皆様しどけない様子です。画面左端の3人の女性は特に官能的で、男ならだれでも憧れる空間ですが、実際こんな場面に出くわしたら、ごめんさい!!って逃げちゃうかもしれません。
 清らかさが魅力の「泉」(こちら)とは対極的な作品ですね。

 さて、大浴場といえば新宿十二社温泉、浅草の観音温泉(黒湯ではない) が好きでしたが今はありません。。。太田区界隈の銭湯は東京特有の琥珀色のお湯なのでお勧めします。池上本門寺をお参りして名物の羽根つき餃子を食べて入浴なんて考えただけでも至福です。

ルーカス・クラナッハ ウェヌスとアモル

 先月は息子の小学校入学後初の運動会、今月は合唱発表会そして誕生日なので、子供の成長に感慨深くなります。
 さて、子供、特に男子は悪ふざけが好きですね。うちの子はおとなしい方ですが従姉(小2)と比べるおふざけが多いので疲れると義母が言ってます。そこで今回はルーカス・クラナッハの「ウェヌスとアモル」です。 

ヴィーナスとキューピッド
 
 クラナッハの描いた「ウェヌスとアモル」は、ナショナルギャラリーにもありますが。こちらはベルギー王立美術館が所蔵している作品です。 この絵は誘惑にとらわれると痛い目にあうという教訓を説いているそうです.

 「ウェヌスとアモル」、すなわちヴィーナスとキューピット。ヴィーナスはキューピットの母親です。そのせいか子供が無茶して捕まえてきた虫を見てやんわりと褒めてるようにも見えます。 
 
 また、子供の頃、よその家のお母さんは皆やさしく思えました。なぜうちの親は怒鳴り声でがさつなのか? (もっともそれは余所行きの表情でどの家も状況は同じ)と思ったものです。 この作品は子供時代のそんな気持ちを思い起こしました。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (218)
アメリカ (17)
イギリス (26)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (9)
日本人画家 (159)
江戸 (19)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (16)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (301)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (7)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (10)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (2)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (15)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (21)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (29)
庭園・公園 (5)
建物 (8)
博物館 (6)
動物園・水族館 (10)