fc2ブログ

伝土佐光信 百鬼夜行絵巻(部分) 辟邪絵神虫(部分)

10月13日に国立博物館で開催中のやまと絵展に行きました。
本気で見れば1日あっても足らない充実の展覧会なので、この日は伝土佐光信の「百鬼夜行絵巻(部分)」と「辟邪絵神虫(部分)」に的を絞りました。

yamato (1)

火の鳥の「異形編」は物語に登場する魑魅魍魎達が土佐光信の「百鬼夜行絵巻」のモデルとなったという場面にもこの絵巻に登場する妖怪たちが描かれています。子供の頃に火の鳥を読んで実物を見たいと思ってましたがついに叶いました。
怖いというよりユーモラスですね。昔から右にいる赤い奴が気になっていたのでググってみたら「赤へる」というそうですが、水木しげるは「のっぺら」と紹介し、「瓢箪子」とか「赤子玉」とも呼ばれているようです。人気の高い妖怪なのでグッズも売っていました。


yamato (2)

この作品は時期は忘れましたが江戸東京博物館で開催された妖怪の絵画展で見た記憶があります。
この日は応天門の変や信貴山の縁起を描いた教科書でお馴染みの作品もありましたが、昆虫採集が好きなのでこの作品は非常に興味深いです。
この虫は邪悪なものを喰らうとのことです。足が8本あるのでむしろ蜘蛛のようです。禍々しいお姿ですがだからこそ邪悪なものへの威力も凄そうです。

この日は鳥獣戯画で特に有名な「「甲巻 第16紙後半 - 第18紙」も展示されていました。この場面を見るのは3回目でこのブログでも紹介しています(こちら
描かれている動物達に「犬」がいないのが気になるところです。兎、猫、狐が描かれていますが古来より日本人が「萌え」と感じる動物は変わらないのか?と思いました。
この展覧会はまだ続きます。帰宅途中に上野がある利点を生かして定時に終わった金曜日にまた行ってみようと思っています。

山口晃 テイル オブ トーキョー 大屋圖

アーティゾン美術館で開催中の「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃 ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン」に行った話の続きです。

yaq (2)

こちらは「テイル オブ トーキョー」という作品です。ウィスキーメーカー、グレンモーレンジィの依頼で制作された新作です。
渋谷のような神保町のようなはたまた銀座?と再開発が進みつつもランドマーク的な風景は案外残っている東京の街を象徴しているような作品です。この展覧会の展示されている東京を描いた作品は過去と現在が入りみだれており情報量の多さに圧倒されますがこの作品はコンパクトといえます。

yaq (8)

「大屋圖」です。先ほどの作品と前回紹介した作品は人々の活気が伝わりますがこちらは休日の昼下がりのようなゆったりした雰囲気です。しかし、この作品も各部屋ごとの住人の時代設定が異なります。
画面の右側のギザギザの線の意味するものは何かを考えましたが、震災、戦災、再開発、科学技術の向上などで時代は区切られますが、それでも人々の日常は絶えることなく続くことを意味しているのではと解釈しました。

yaq (10)

yaq (11)

最後に「洛中洛外図秒屏風」です。この展覧会とは別の会場に展示されていました。これは一部分を撮影したものです。
人々の営みは時代が変わっても脈々と続いています。現在作家が描いた作品と江戸時代に描かれたこの作品も見て感じたのは
不変かつ普遍なものの尊さです。
この展覧会は山口晃のエッセイや解説が多いです。会場の面積自体は東博より狭いですが情報量が多いのでかなり時間がかかります。会社帰りの閉館時刻を気にしながらの鑑賞だったのが悔やまれます、、、

山口晃 日本橋南詰盛況乃圖

9月22日の会社帰りにアーティゾン美術館で開催中の「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃 ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン」に行きました。

yaq (1)

今回紹介するのは「日本橋南詰盛況乃圖」です。

yaq (4)

地下鉄銀座線の日本橋駅にあるステンドグラスの原画です。
日本橋の野村證券本社から高島屋までの風景で、江戸時代から現在が混在している不思議な作品です。

yaq (5)

日本橋界隈は再開発が急ピッチで進み、趣がある野村證券本社ビルも再開発されます。
新入職員の頃存在していたけど今はないビルが描かれており懐かしさを感じます。

yaq (6)

職場近辺なので上の図は親しみを感じます。江戸時代から東京の中心地であった日本橋の変遷もわかる作品ですが、同時に再開発を無限に繰り返すことへのちょっとした皮肉に見えなくもないです。
会場入り口にあるインスタレーション「汝、経験に依りて過つ」は床や壁が歪んでおりまっすぐ進めず平衡感覚がなくなるので評価は分かれますが、そのせいで余計なことを考えずに作品を見ることもできます。
また「モスキートルーム」という真っ白な部屋のインスタレーションは虫のように小さくなったような不思議な空間です。
会場は山口晃の作品の他、重要文化財の雪舟やセザンヌの作品も展示されており、過去と現在が混在する作品世界を体現するよう空間でした。次回もこの展覧会の記事です。

島村信之 夢の箱

我が家には現在4匹のクワガタがいます。そこで今回紹介する作品は島村信之の「夢の箱」です。

2019年03月07日21時33分18秒0003
 
日本の写実絵画の巨匠である島村信之は上品な美人画を描く一方で、ロブスター(こちら)やこの作品のような昆虫も描きます。 
甲虫の堅いボディーは重機、戦車、モビールスーツと力強さの象徴ともいえるものを連想します。
また、甲虫の光沢は美しいです。コガネムシの鮮やかさもいいですが、カブトムシ・クワガタの黒い光沢は漆塗りのような美しさがあり、褐色の光沢は上質の皮製品のようです。だから甲虫は人気のある昆虫です。
甲虫好きにはクワガタの標本箱はまさに夢の箱。虫好きにはたまらない作品です。

さて、現在いるクワガタは幼虫から育てたコクワガタ1匹、同じく幼虫から育てたオオクワガタのオスとメス、捕獲したノコギリクワガタです。お盆頃まではカブトムシもいました。夜中に飼育籠をひっかく音で目が覚めることもありますが幼虫から育てると愛着がわきます。オオクワガタは最初グリとグラと名付けましたが、オス・メスのペアーなのでウルトラマンエースにちなんで「北斗」と「南」にしました。ちなみにカブトムシは毎年オスは「斎藤」(伝染るんですの斎藤さん)、メスは「サイトウ」(ポケモンのキャラ)と名付けています。
クワガタは長生きするので無事越冬できるといいなと思っています。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (448)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (11)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)