FC2ブログ

島村信之 夢の箱

 夏休みの自由研究の定番は昆虫採集と観察ですね。そこで今回紹介する作品は島村信之の「夢の箱」です。

2019年03月07日21時33分18秒0003
 
 日本の写実絵画の巨匠である島村信之は上品な美人画を描く一方で、ロブスター(こちら)やこの作品のような昆虫も描きます。 
 重機、戦車、モビールスーツと堅いボディーは力強さを象徴します。だから甲虫は人気があります。
 一方、甲虫の光沢は美しいです。コガネムシの鮮やかさもいいですが、カブトムシ・クワガタの黒い光沢は漆塗りのような美しさがあります。この作品の良いところは甲虫の王者であるクワガタ・カブトムシの光沢感を描いているところです。

 さて、夏はカブトムシと触れ合うイベントが多く、私は荒川自然公園のイベントに行きました。檻?テント?の中はカブトムシが大勢いました。 当然といえば当然ですがカブトムシも黒いの茶色いの達観しているもの、やんちゃで隙あらば脱走しようとするものと個性がありました。カブトムシいえば豊島園の昆虫館はヘラクレスオオカブトを通年見ることができるそうなので行ってみようと思っています。
 
スポンサーサイト

曾我蕭白 群仙図屏風

 高校生の頃、P-FUNKにハマりました。「One nation under the groove」と「Up for the down sroke」を最近また聴くようになりました。
 P-FUNKの奇想な舞台衣装(女装、おしめ姿etc)、世界観はさることながら超一流のプレイヤーを抱える音楽集団の作品は今聴いてもカッコいいです。特にブッチー・コリンズの奥行きがあり余韻が心揺さぶるベースは最高です。
 そこで今回紹介する作品は今回は曾我蕭白の「群仙図屏風」です

群仙図屏風(右隻)

群仙図屏風(左隻)

 曾我蕭白の超一流の画力と奇想な世界観は、P-FUNKに通じるものがあるので紹介しました。 
 
 右隻(上の画像)右端から順に、袋に薬草らしき枝を入れた医師董奉、簫を吹く簫史、八仙の一人李鉄拐と呂洞賓。左隻(下の画像)には、子供を連れた林和靖、水盤から魚を取り出す左慈、美人に耳垢を取らせる蝦蟇仙人、最後に彼らを虚ろな表情で眺めている西王母が描かれてます。

 いづれも伝説の仙人達ですが、、、はっきり言って笑ってしまうぐらい醜いです。しかし、仙人というのは怪しくそしてたぶんこ汚い風貌をしているはずです。
 古来「醜」には力強いという意味があり、異形の者には特別な力があるとされてました。一見吉祥を感じることが難しそうですが、力強い者たちに守られていると思うとありがたさを感じます。

このブログで紹介している他の作品もどうぞ!
「唐獅子図」
「獅子虎図屏風」
「美人図」

喜多川歌麿 歌撰恋之部 稀ニ逢恋

 職場は千葉ニュウータウンと遠く、通勤時間は1時間半。移動時間の大半を占める北総線車内でYOUTUBEを楽しんでます。
 主にコメディー系の動画とVocaloidの動画を見てます。以前、初音ミクの「Hand in hadnd」は励まされるので良い曲だといいましたが、最近は励まし系のものより女の子の恋心を歌う曲が多いです。そこで今回紹介する作品は喜多川歌麿の「歌撰恋之部 稀ニ逢恋」です。

歌撰恋之部 稀ニ逢恋

 この作品は、武家の娘さんが片思いしてていて、その人はたまにしか会えないので愛しくて恋しくてたまらない様を描いた一品です。あどけない表情もさることながら、手を袖の中に隠して手がわずかに覗かせているところが「萌え」ときます。
 
 女の子の恋心を描いた作品は数多くありますが、人を好きになるというとてもポジティブな感情は見ていて幸せになります。また恋する乙女はかわいいです。これもまた幸せな気分になります。
 さて、Vocaloidの女の子の恋心を歌う曲は特にかわいらしく演出されているので、会社帰りのクサクサした気分を和らげてくれます。「メランコリック」と「どりーみんチュチュ」は素晴らしいですよ。

 四捨五入すれば50のおっさんが美少女キャラにうつつを抜かすとは!と思われるかもしれませんが、一方でShow-ya(どう考えても、今のほうがカッコいい)も聴くし、時期的にマキシムザホルモンの「恋のメガラバ」も好んで聴いてます。次回は最近再び聴くようになった超大物のアーティスト集団を連想する絵画です。

島村信之 「エンジの衣装」と「日差し」

 島村信之は写実作家の中心的存在で、明るい光に包まれた美人画が多いです。今回は現在ホキ美術館中の「人・ひと・人 —人って面白い—」に出展されていた2作品を紹介します。 

エンジの衣装

 まずは「エンジの衣装」です。
 2011年に紹介した「眺め」と「小憩」は若い女性が持つ美しさを描いた作品だとしたら、こちらは大人の女性が持つ包容力がありかつ熟成された色香がたまらなく美しいです。

 島村信之 日差し

 くつろぐ姿が美しく、見ていて照れてしましました。旅先のホテルに着いてまずはベッドで横になってリラックスをしているようにも見えます。島村信之の作品の魅力は恋人ととの幸せなひと時のような気分になることです。
 美人画つながりで次回は三菱一号館美術館で開催中のラファエル前派の展覧会で見た作品を紹介します。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (214)
アメリカ (15)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (50)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (283)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (24)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (16)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (24)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (7)