FC2ブログ

光明寺 神奈川県鎌倉市

 報国寺の次にお参りしたのが由比ガ浜の近くにある光明寺です。
 
由比ヶ浜

 光明寺は鎌倉の材木座、鎌倉駅から見て三浦半島寄りにあるお寺です。このあたりは観光客が少なく落ち着いた雰囲気です。
 禅宗のお寺が多い鎌倉にあって、このお寺は浄土宗の大本山です。
光明寺山門

 1階が和風、2階が中国風の山門は重厚かつ開放的です。2階からは由比ヶ浜を見渡せるそうですが、団体でないと上がれないとのことです。

境内1 境内2

 総ケヤキ瓦葺きの鐘楼堂は彫刻が見事です、右の画像は大殿。元禄時代に建立されたこの大殿は鎌倉に現存する木造建築物では最大です。
 
内陣

 煌びやかで飛天が優雅に舞う内陣は極楽浄土そのものです。お堂には海風が心地よく吹き込み涼しかったです。
堂内1 堂内2

 左は法然上人と如意輪観音様。右は善導大師と弁財天様です。これほどまでに近い距離でお参いりができ、とても有難いです。特に如意輪観音様は必見です!!

庭園1

庭園2

 このお寺は仏像だけでなく、お庭も魅力的です。大殿の左側は、「三尊五祖来迎の庭」と呼ばれる枯山水(上)、右側は小堀遠州作と伝える蓮池を中心としたお庭(下)があります。

御朱印

 御朱印です。如意輪観音様の御朱印もありますが、ここは浄土宗のお寺なので阿弥陀如来様で頂きました。
 このお寺は2回お参りしていますが、2回とも人馴れしたした猫が多かった思い出があります。いまもそうなのでしょうか?海が似合うこの季節にぜひおすすめしたお寺です。 

報国寺 神奈川県鎌倉市

 夏なので海が見える街、鎌倉へ行きました。
 まず紹介するのは報国寺です。

P1000891.jpg P1000892.jpg

 報国寺は「竹寺」と呼ばれていますが、山門脇の苔むしたお庭もいい感じです。夏は清涼感があります。この日は前日が雨だったので水を多く含んだ苔から涼しくも清らかな空気が流れてました。

P1000893.jpg P1000905.jpg

 鎌倉のお寺らしく鄙びた、そして質実剛健なたたずまいです。

P1000900.jpg

P1000903.jpg

 この日(2012年の8月8日)の最高気温は29度でしたが、竹のお庭の中はさらに涼しくさわやかでした。下の画像中央には如意輪観音様がいっらしゃります。金色に輝く観音様もよいですが、石仏もまたよしです。

P1000902.jpg

 鎌倉のお寺に特徴的な風景といえば、崖を削り洞窟のようにした場所に供養塔や置いた「やぐら」です。
 この風景に鎌倉武士の精神に少し近づけた気分です。

P1000914.jpg

 御朱印です。この日は比較的涼しい日だったせいか参拝者が多く、御朱印所はそこそこにぎわってました。
 次回は海辺のお寺を紹介します。

称名寺 横浜市

 6月が終わりアジサイを愛でる寺社巡りをした方も多いと思うので、今回紹介するのは称名寺です。
 京急の金沢文庫駅から歩いて15分の場所にこのお寺はあります。
 
庭園

庭園2

 このお寺は1267年頃に創建された古社です。関東では珍しい浄土式庭園があるお寺として有名です。
 お寺の周囲は緑が豊かです。庭園はもちろん周辺の山も国の史跡に指定されているの電線やら電柱が見当たらず、気分は鎌倉時代にタイムトリップできます。

金堂

釈迦堂

 上の画像は「金堂」、下は「釈迦堂」です。
 いずれも江戸時代に建てられましたが、鎌倉時代の様式を残しているそうです。金堂の組木は質実剛健を旨とした武士の気風が伝わり、釈迦堂は坂東の野趣に富んだ趣が伝わります。

2012061621302312.jpg

 史跡に登録されているおかげで裏手にある原っぱ清々しい新緑に満ちていました。鎌倉時代のこの季節も上の画像のようだったのかもしれないです。

2012061621302440.jpg

 金沢山はハイキングコースとして整備されており、境内から歩いて15分で頂上につきます。道中には石仏が並んでおり、頂上からは金沢八景を見降ろせます。この日はよく晴れていたので三浦半島の海岸線が良く見えました。

20120616213021f1.jpg


頂上2

 最後に御朱印です。
 御朱印

 鎌倉を世界遺産に登録しようという計画がありますが、対象となる寺社は必ずしも鎌倉市内にある寺社ではなく、周辺の寺社も対象としており、このお寺はその一つです。

川崎大師平間寺と瀋秀園 神奈川県川崎市

 川崎大師と川崎大師から歩いて5分の場所にある瀋秀園を紹介します。

山門
 
 たん切りあめを切る軽快な音が魅力の参道を抜けると大きな山門がそびえます。

境内1

 昭和59年に落慶された八角五重塔。五重塔は四角形が多いですが、こちらは中国風の八角形です。丸みを帯び女性的で重厚な造りは「女王」という感じす。
 
境内2

 山門と大本堂の中間地点にある経蔵の天井絵です。奈良・京都にある古刹の天井絵も奈良・平安時代の頃はこのように鮮やかでまさに浄土だったに違いないです。
 
遍照殿

 大本堂の遍照殿です。堂内には御本尊厄除弘法大師を中心に、不動明王・愛染明王がいらっしゃります。お堂の中に立ち入ることもできます。

境内3

 平成20年に完成した薬師殿です。こちらはインド風です。古刹ながら真新しい建造物が並ぶ様、どことなく異国情緒がある様は奈良の薬師寺に近いものを感じます。なお、このお寺は御朱印を4種類頂くことができます。
 
P1000209.jpg P1000673.jpg

 異国情緒はこれだけではないです。瀋秀園は川崎大師のすぐ近くにある大師公園の端にある国内では最大規模の中国式自然山水庭園です。

中国式庭園1 中国庭園2
中国庭園3

 左上は庭園の入り口ある奇岩、右側は園内にある石滝です。園内は橋と園路により庭園内を回遊できるようになっています。中国風というと過剰なまでの装飾・ドラ・爆竹と騒々しいイメージですが、園内は水墨画のような落ち着いた雰囲気です。
  
 三国の雰囲気を味わうことができる摩訶不思議な川崎大師。近くにある若宮八幡宮・金山神社をお参りするとさらに摩訶不思議な気分になること受けあいです。(こちら

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)