FC2ブログ

兜稲荷社跡と滝野川不動尊

 今回紹介するのは東京都北区にある旧渋沢庭園内にある神社とその近所にあるお寺です。 
 
asuka (1)

 渋沢庭園・飛鳥山公園とJR東日本の線路の間にある路地はアジサイの名所として知られますが、むしろ庭園内に咲いているアジサイを見ていただきたいです。

asuka (2)

 庭園の線路沿いの小道は人気がなく、また木々に覆われているので新緑に映えるアジサイを楽しむことができます。

asuka (5)

 線路沿いの小道の終点あたりから崖を上った場所にあるのが兜稲荷社跡です。

asuka (4)

 明治時代に日本橋兜町にあった第一銀行の構内に創建されましたが明治20年にこの地に移転しました。

asuka (3)

 昭和41年まで西洋風の覆殿があったそうですが老朽化で取り壊しとなりましたが、今なお庭園の屋敷神として存在感があります。旧渋庭園内の建物の記事もどうぞ(こちら
 
asuka (8)

 旧渋沢庭園の最寄り駅は都電の飛鳥山駅です。こちらは飛鳥山駅前にある滝野川不動尊こと本智院です。

asuka (6)

 境内には子犬のように戯れる狛犬さまがいらっしゃります。
 
asuka (7)

 創建年代は不明です。もともと台東区にあり鳥越神社(こちら)の別当を司つこともあるそうです。
 こちらは境内にある大師堂です。周辺は昭和な雰囲気が残る住宅街に翻る赤い旗は、独特な存在感があります。今回の神社・お寺により飛鳥山公園に隣接する寺社は全てお参りしました。

王子神社七社神社の記事もどうぞ!
スポンサーサイト



寿徳寺 北区滝野川

 新選組ゆかりの地を走る京王線沿線で生まれ育ちました。以前住んでいたマンションは斎藤一が晩年過ごした場所に近く、私にとっての第二の故郷は福島県ですが、新選組は福島県の会津ために懸命に戦いました。だから、新選組には好感があります。
 そこで今回紹介するお寺は寿徳寺です。

IMG2225.jpg

 まずは板橋駅前にある近藤勇のお墓です。献花が絶えません。このお墓を管理しているのが寿徳寺です。

IMG2226.jpg

 寿徳寺はこのお墓から旧中山道と現中山道を渡って石神井川を渡った場所にあります。
 石神井川を渡ると2008年に建立された谷津大観音様です。谷津はこの付近の旧地名です。地名の通り谷底のような場所を石神井川が流れています。この付近は春は桜が綺麗ですが、椿と観音様の取り合わせが浄土のような冬もまた良しです。

IMG2222.jpg
IMG2221.jpg

 お寺の入り口右手には近藤勇、右手には不動明王様が鎮座しております。
 このお寺の境内生えている銀杏の樹の皮をはいで本尊に供え、祈願した後に煎じて飲むと母乳が良く出るようになるという信仰がかつてあったそうです。

IMG2223.jpg

 本堂です。かまぼこ型の体育館のようなお堂ですが、階段の手すりは浄土への道、屋根は仏さまが手を広げて迎えてくださるようにも見えます。なんというものかは不勉強で恐縮ですが賽銭箱付近には鐘もありますが、右手には数珠で回す滑車もあります。

IMG2224.jpg

 このお寺の魅力は大仏様、幕末のヒーローのお墓ですが、境内にあるインドの仏像もお勧めです。こちらはその一つ獅子柱頭
4頭の獅子は仏教が説く4種の基本的な真理である苦諦、集諦、滅諦、道諦のことを表しているそうです。石神井川をウオーキングする際は是非お立ち寄りください。
 
 近藤勇のお墓からこのお寺に行き道中にある滝野川八幡神社の記事も合わせてどうぞ

北区滝野川の建築物と寺社

 地元である滝野川は細かい路地も多く昭和レトロな場所なのでとても気に入っています。「滝野川」という響きも美しいですね。
 そこで滝野川の名物と寺社を紹介します。

IMG_3206.jpg

 滝野川のランドマークともいうべき「稲荷湯」です。
 昭和5年に建てられた破風造の銭湯です。
 結構有名な銭湯なので詳細は省きますが、昔の銭湯は寺社同様の破風造で私が子供の頃の近所の銭湯もこんな感じでした。 旧中山道と現在の中山道の間にある路地は23区生まれの40後半の人には懐かしい風景(初期のこち亀に描かれているような街並み)が残っています。

IMG_E3204.jpg

 「稲荷湯」は和風ですが、「洋風」の建築物もあります。亀の子束子西尾商店の社屋は大正11年に建造されました。
 亀の子束子という伝統をこれからも受け継いでいく意気込みを感じる建物です。

IMG_1336.jpg
 
 先ほどの名所から歩いて20分程度の場所にある「四本木稲荷」です。 
 滝野川の住宅街にひょっこりと現れる林の中にあります。この付近に4本の大木があったので四本木稲荷大明神と名乗っています。大木があったということはうっそうとした林がかつてあったのかもしれないです。

IMG_1343.jpg

 小さいながらも二の鳥居があります。子供の頃茂みに入ってちょっとした探検ごっこをしたものですが、そんな感覚です。

IMG_1337.jpg

 この神社の創建は明治後半です。北区は旧日本陸軍の工場が立ち並んでいました。当初は現在の陸上自衛隊十条駐屯地付近にありましたが、戦後にこの地に移ったとのことです。

IMG_1339.jpg

IMG_1344.jpg

  金剛寺は源頼朝が建立した古社です。近くを流れる石神井川は江戸時代までは、両岸に岩が切り立って松や楓があり、深山幽谷の趣をもっており、裏手あるさくら緑地公園は石神井川の蛇行による三日月湖(というより池)を公園に改装したものです。

 近所にある次の寺社も良いですが、この2つの寺社は滝野川の歴史の生き証人といえるのでお勧めします。
 
滝野川八幡神社
正受院

七社神社 北区西ケ原

 JRの駅でいえば、田端駅から十条駅間は断崖が屏風の様に迫っており、それにそって神社が点在しています。

 その神社とは平塚神社王子神社王子稲荷社ですが、この他に今回紹介する七社神社があります。

IMG_2834.jpg

 飛鳥山公園の隣に位置する神社で、境内に咲く黄緑に咲くウコン桜が有名です。

IMG_2835.jpg

 境内は開放的です。創建時期は不明です。名前のとおり7柱を祀る神社です。

IMG_2831.jpg

 しめ縄で右目が覆われた感じが隻眼の戦士に見える、かっこいい獅子です。

IMG_2829.jpg

 境内にある銀杏を囲む咲くに絵馬が掲げられています。この神社の特製絵馬は丸くてかわいらしいですね。

IMG_2826.jpg

 冒頭の4社にはありませんが、この神社には神楽殿があります。

IMG_2828.jpg
 
 7柱を祀る神社なので境内社も多いです。ちなみにこの神社の御朱印はウコン桜の印が押してあります。
 ※ 御朱印は集めだしたらきりががないので、お参りしに行った自治体を代表するお寺または神社のみ頂くことにしています。

IMG_2827.jpg

 今回注目したのは画像左の石祠です。
 「疱瘡神」の祠です。この神は村の境界線にあることが多いそうです。かつて西ヶ原村の境界を守っていた祠がまだ大切にされている証といえます。(実際この神社は「西ヶ原」と「滝野川」の境界付近)
 「千葉にある神社に行ったらこの神様の祠が目立つ、千葉特有の信仰か?」と書きましたが、どうやら私の早とちりでした。
 
 さて、私の仕事は会社のシステム管理で、最近新しいシステムがサービスインしました。
 忙しくなるので冬にインフルエンザになるのは嫌だと思ってるときに、疫病から守ってくれる神様と出会いました。寺社巡りが趣味なので神仏・霊魂の存在は信じますが、願いたいことに応じて神様は現れるのかもしれません。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (159)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (314)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (30)
庭園・公園 (5)
建物 (8)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)