瀧泉寺 (目黒不動尊)  目黒区下目黒

 今回は、この季節だからこそお参りするべき瀧泉寺 (目黒不動尊)です。この記事は2012年の記事を再編集しております。
 
境内1

 808年に慈覚大師・円仁が建立した古社で、関東最古の不動霊場として、熊本の木原不動尊、千葉の成田不動尊と併せて日本三大不動の一つに上げられています。また、薬研堀不動院と目白不動と合わせた江戸三大不動の一つでもあります。
 また五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つでもあります。五色不動のうち、自治体の名前にもなっているのは目黒不動尊だけです。

境内3

 このお寺には円仁が掘り当てた「独鈷の滝」の滝があります。
 
境内4

 「瀧泉寺」の名前のとおりこんこんと湧く泉はこの季節だからこそありがたみを感じます。
 
境内2

 さて、このお寺がある一帯はアップダウンの激しい地域です。東急目黒線の不動駅が最寄駅ですが、この駅から目黒不動尊への道は坂道だらけで東京の地形の妙を味わうこともできます。

境内6

 「独鈷の滝」の脇にある男坂を登ると大本堂です。大本堂の左には愛染明王様が、右には虚空蔵菩薩様が安置されています。天井には川端龍子の「波涛龍図」。中央の龍、左右の波は陰陽対極図のようにうねってます。
 
 大日如来

 大本堂裏手の「大日如来」です。1638年の作です。大日如来様の周囲は四天王様の象も配置されており、大日如来様の裏手には地主神の祠もあり、「独鈷の滝」と違った神々しさがあります。密教では大日如来様は宇宙そのもの。つまり宇宙を間近に感じることができます。

御朱印1 御朱印2

 御朱印は3つ頂くことができます。(残り一つは山手七福神寿老人)
 目黒不動尊の近くには蛸薬師で有名な成就院、五百羅漢で有名な五百羅漢寺、砂曼荼羅がある安養院等、魅力的お寺も多いです。 では熱中症にはお気を付けください! 
スポンサーサイト

大円寺と誕生八幡神社

 9月24日に太田記念美術館に行った後、大円寺と誕生稲荷神社をお参りしました。
 なお、この記事は2012年7月の記事に画像を追加して再編集したものです。

IMG_2164.jpg

 大円寺は行人坂の中腹にあります。この坂は都内でも有数な険しい坂として知られています。
 ちなみにこのお堂は目黒川架橋供養のために建立された勢至菩薩を祀っています。
 
P1000748.jpg

 大円寺は、秘仏で国の重要文化財である清涼寺式釈迦如来像が有名です。このほか、本堂とその右にある阿弥陀堂にある十一面観音様と阿弥陀如来様は窓越しにご尊顔を拝することができます。

IMG_2166.jpg

 5年前にお参りしたときはなかった(と思われる)薬師如来様です。金箔を貼ることのできる仏像は私が知る限りではこのお寺だけです。

 P1000744.jpg

 このお寺は五百羅漢様で有名です。五百羅漢が並ぶ様は圧巻です。京都のあだしの念仏寺に匹敵します。

P1000745.jpg

 このお寺は1772年(明和9年)2月に発生した大火(明和の大火・行人坂火事)の火元となった寺です。目黒区から足立区千住まで燃えたというので、その被害は想像を絶します。この大火の犠牲者の鎮魂のために彫られたのがこの五百羅漢様です。

P1000746.jpg

 五百羅漢様はユーモラスな感じが多いのですが、こちらの五百羅漢様はどこかもの哀しいです。

P6100088.jpg

 御朱印です。このお寺は江戸三大大黒天の一つとして知られています。

IMG_2167.jpg
 
 目黒駅を挟んで目黒区側が大円寺ですが、品川区側にあるのが誕生八幡神社です。太田道灌が夫人の懐妊にあたり宇美八幡を当地に勧請したものといわれております。
 このブログで紹介する寺社は台東区・文京区に偏ってますが(この区は寺社も多い)、品川区・目黒区は少ないです。
しかし、この区には由緒ある寺社が多いので積極的に訪れたい地域です。

祐天寺 目黒区中目黒

6月10日に郷さくら美術館の後に、祐天寺をお参りしました。

IMG_1912.jpg

仁王門です。徳川吉宗の時代に建てられたものです。

IMG_1909.jpg

地蔵堂です。国の登録有形文化財です。延命と火消しのご利益を授ける地蔵菩薩とのことです。

IMG_1911.jpg

阿弥陀堂です。こちらも国の登録有形文化財です。仁王門、地蔵堂、阿弥陀堂も質実剛健な美しさがあります。

IMG_1905.jpg

阿弥陀堂の龍の彫刻です。本尊阿弥陀如来はガラス越しに拝観できます。

IMG_1907.jpg

境内は広々としてます。高台にあり周りにはマンションやビルがないので青空の広さを感じることができる境内です。

IMG_1906.jpg

本堂です。
このお寺は江戸時代の高僧である祐天上人を開山と仰ぐお寺です。

IMG_1901.jpg

江戸の町火消は祐天上人が考案し、徳川吉宗が実現したので、賽銭箱に描かれている文様は、江戸の町火消の纏です。

IMG_1900.jpg

御朱印です。独特の字体で知られていますが、この字体は貫主のみが書くことができるため、これはスタンプです。手書きの場合は字体が一般的?なものになります。

IMG_1913.jpg

 数か月前、精神的にきつかったころ、中目黒にあるカウンセリングルームに通い、なんとかメンタルダウンを避けることができました。今回このお寺をお参りしたのは、珍しい御朱印をコレクションしたかったことに加え、この地で一番高名な寺社にお礼参りしたかったからです。

新井薬師 中野区新井

 秋は彼岸花、コスモス、バラ、菊と鮮やかな花が順番に咲くので華やかな季節ともいえます。
 この画像は新宿御苑のバラです。前々回新宿御苑近くのお寺をお参りしたのでおまけでのせます。

 バラ1

 さて、9月1日に新宿の大宗寺をお参りした後、中野区にある新井薬師 をお参りしました。

 IMG_0695.jpg

 新井薬師は中野ブロードウェイから歩いて10分の場所にあるお寺です。
 中野ブロードウェイといえばフィギュアとかおもちゃとかを売る店が軒を連ねてみていて楽しいです。この日も立ち寄りました。

IMG_0693.jpg

 山門をくぐって左手にある薬師堂です。このお寺の御利益は「目病に効く」です。

IMG_0692.jpg

 右手にある不動堂です。このお堂の脇にこのお寺の名物である湧水のポンプがあります。
 この湧水は飲用可能です。味わいはアルプスの天然水と比べると硬めです。

IMG_0694.jpg

 このお寺の本尊は表を薬師如来ですが、裏を如意輪観音とする二仏一体の珍しい仏像で、寅年に御開帳されます。
 一度拝観しましたが、高さがだいたい10センチ以下の小さな仏像でした。

新井薬師御朱印

 御朱印です。中野区は他に百観音、成願寺等興味深いお寺が他にもあるのでこの後お参りしようとしましたが、急に雨脚が強まり断念しました。
 今週の始まりは台風ですが、、、めげずに頑張りましょう~~

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (206)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア・スペイン (16)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (51)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (13)
日本人画家 (153)
江戸 (42)
明治~昭和 (47)
現代 (64)
寺社巡り (257)
板橋 (4)
北 (7)
江東 (16)
墨田・荒川 (8)
渋谷 (11)
新宿 (8)
杉並 (10)
世田谷 (8)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (15)
豊島 (20)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (18)
その他23区下町 (3)
その他23区山の手 (8)
東京多摩地域 (11)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (8)
名所・旧跡 (21)
庭園・公園 (11)
建物 (5)
博物館 (5)