FC2ブログ

妙経寺と伏見稲荷神社

 文化の日に池袋周辺の寺社巡りをしました。 
 まずは上池袋にある妙経寺です。

IMG_0007.jpg

 日本三大稲荷とされている岡山県の最上稲荷神社の東京別院です。
 伏見稲荷、豊川稲荷はいうまでもありませんが、中国地方の方々は笠間稲荷ではなく最上稲荷神社3大稲荷のひとつとしているようです。

IMG_0010.jpg

 日蓮宗のお寺です。
 岡山県にある最上稲荷神社は岡山県で唯一、廃仏毀釈を免れたお寺とのことです。東京別院は大正時代に創建されました。

IMG_0008.jpg

 お稲荷様の祠が横一列に並んでいます。この神社の近所には子安稲荷神社もあります(こちら
 
IMG_E0009.jpg

 お稲荷様といえば朱色の鳥居が立ち並んでいることが多いですが、横一列の祠も独特です。
 最寄駅は東武東上線の北池袋駅です。
 ちなみに池袋は浦和ほどではありませんが、南池袋、西池袋、東池袋という地名がありますが、北池袋は駅名のみで、方角的に北の地区は「上池袋」か「池袋本町」です。

IMG_0017.jpg

こちらは西武デパートの屋上にある庭園です。
 モネの庭をイメージしています。

IMG_0018.jpg

 西武沿線にある東伏見稲荷神社を勧請したお稲荷様です。 
 デパートの屋上にお稲荷様が祀られていることは多く買い物ついでにお参りするのも一興です。次回も池袋周辺の寺社紹介します。

西方寺と善養寺

 巣鴨といえばとげぬき地蔵ですが、巣鴨の隣にある西巣鴨にも見どころのあるお寺はあります。
 今回紹介するのは西方寺と善養寺です。

 西方寺はかつて浅草にあり、遊女の投げ込み寺として知られていましたが、関東大震災で消失し現在地に移転しました。
 
IMG_3525.jpg

 高名な遊女二代目高尾太夫のお墓です。
 さて、このお寺は都内に数箇所ある招き猫発祥の地のひとつです。

IMG_3524.jpg

 これがその招き猫です。元禄年間に吉原で高名な薄雲太夫は猫を可愛がていました。この猫は飼主を守るため死んでしまい、西方時に葬られました。今でいうペットロスの薄雲太夫を励ますためにお客さんが贈った伽羅を彫った猫が招き猫の始まりとも言われてます。 
 このブログではもう一つの招き猫発祥の地と言われている豪徳寺も紹介しています。

 次に善養寺です。

善養寺1

 本堂に掲げられている龍の彫刻は、火炎が彩色されているのでとても生き生きと見えます。

善養寺2

 このお寺は江戸三大閻魔の一つとして知ら、高さ3メートルの閻魔様がにらみを利かせています。

善養寺3

 庫裡のひさしには天井絵が施されていました。善養寺周辺には他にもお寺が立ち並び、隣にはお岩様のお墓で有名な妙行寺があります。

ご朱印

 御朱印です。上の方に推されている印が特徴的です。
 西巣鴨にも見どころがあるお寺は多いのでとげぬき地蔵様と合わせてお参りいただきたいです。

このブログで紹介している閻魔様で有名なお寺の記事も合わせてどうぞ!!
太宗寺
源覚寺(蒟蒻閻魔)

総禅寺と妙行寺

 前回、染井霊園の駒込側にある神社と名所を紹介したので、今回は染井霊園の巣鴨側にあるお寺を紹介します。
 
 まずは総禅寺です。
 
IMG_2287.jpg

 1624年に創建され、徳川綱吉に赤門を許可されたお寺です。この赤門はシンプルで質実剛健な趣です。
 なお、染井霊園と周辺のお寺には著名人のお墓が多いですが、このお寺は手塚治虫のお墓があることで知られています。


IMG_2289.jpg

 次に妙行寺です。
 真ん中の円柱はウナギ屋によるウナギの供養塔で、多宝塔にいらっしゃる観音菩薩様は高村光雲師の作です。

 IMG_2290.jpg

 日蓮宗のお寺なので日蓮上人の像があります。巣鴨といえばとげぬき地蔵で有名ですが、この2寺と妙行寺の隣にある江戸三大閻魔で有名な善養寺も注目です。

御首題

 御首題はお寺によってさまざまな印が押されており、妙行寺は四谷怪談で有名なお岩様のお墓で有名です。お岩様の実家である田宮家の家紋は陰陽勾玉巴なのでこの家紋が押されています。

 染井2

最後に、染井霊園の桜です。撮影したのは2013年の3月下旬です。桜の開花が楽しみですね。




大國神社と旧丹羽家住宅蔵

 桜開花まで一か月を切りました。そこでソメイヨシノ発祥の地である駒込にある大國神社とその近所にある旧丹羽家住宅蔵を紹介します。

IMG_2285.jpg

 大國神社は駒込駅前にあります。

IMG_2284.jpg

 宮司の先祖が1783年に栃木県から現住地に移転した際に創建。1879年に神社となりました。徳川家斉が参拝し後に将軍になったことから出世大黒とも呼ばれています。

 IMG_2283.jpg

 この神社から染井霊園にいく道中にある「門と蔵のある広場」にある旧丹羽家の門です。
 正確な建築年代は不明ですが、修理の記録等から江戸時代後期に建てられたものと推定されてるそうです。

IMG_2276.jpg

 蔵です。江戸時代から明治後期まで染井を代表する植木職人として活躍した丹羽家の八代目茂右衛門が、昭和11年に木造土蔵造りだった蔵を鉄筋コンクリート造りに建て直したものです。

IMG_2277.jpg

 平成19年12月に国の登録有形文化財建造物として登録されています。この地は植木職人が多く住み、江戸の町に緑を供給していました。この建物はそんな地域の歴史を今に残すお宝です。
 桜の名所は数多くありますが、染井霊園はソメイヨシノ発祥の地にあること、霊園なので花見客がいないこと、周辺に高層マンションもないので春空と桜の花が存分に楽しめるのでお勧めします。その際はこの公園と神社もお立ち寄りください。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)