FC2ブログ

豊島区の街角の神社

 年末・年始は地元豊島区にある自宅から自転車で行ける範囲にある小さな神社をお参りしました。
 まずは駒込にある日枝神社です。

komagome (1)

 創建年代は不明ですが、1600年代初頭にはすでにあったようです。

komagome (2)

 白い社殿が美しいです。この神社は大地の先端にあり、冒頭の画像右側は崖で、神社入り口の前は階段になっています。

komagome (3)
 
 境内のお稲荷様です。溶岩を利用した野趣にとんだ趣です。

komagome (4)
 
 この神社の立地は東京の複雑な地形を楽しむことができます。寺社巡りに地形の妙を求める方にはお勧めしたです。

komagome (6)

 大塚にある出世稲荷です。近くにある空蝉橋は東京スカイツリーを綺麗に写すことができる名所です。

komagome (7)

 雑司ヶ谷にある白鳥稲荷神社です。幕府の鷹狩の鷹を飼育・調練する「お鷹部屋」に祀られていた祠とのことです。
 Googleの検索能力が上がったせいか、地図帳には載っていない神社を探してお参りしやすくなりました。この豊島区にも数社ほど
新たに見つけた神社があります。
 緊急事態宣言で電車に乗ってお参りするのが億劫になったので、しばらくの間寺社ネタは自宅から自転車で行ける範囲内の寺社になります。

今回紹介した神社の近辺にある神社の記事もどうぞ!!
 雑司ヶ谷大鳥神社
 天祖神社
スポンサーサイト



勝林寺と染井稲荷

 12月25日に染井霊園周辺にある寺社をお参りしました。

somei (1)

 まずは勝林寺です。元々は湯島天神の近くにあったお寺ですが、明治41年にこの地に移転しました。 
 田沼意次の墓所があることで有名です。

somei(2).jpg

 近年本堂が改築されました。
 2019年にグッドデザイン賞を受賞した本堂は最先端の技術を用いた木造建築です。最近の寺社は様式がビルそのものでありがたみに欠けることもありますが、この本堂は重厚さがあり見ていて安心感を感じます。この安心感にありがたみを感じます。この本堂は必見です。

somei (3)

 勝林寺から染井稲荷神社に行く道中にある十二地蔵です。
 1730年の大火による犠牲者の冥福を祈るために建てられたそうです。6体の地蔵が2段に刻まれており、とても珍しいものです。

somei (4)

 染井稲荷神社です。創建年代は不明ですが、江戸時代の初期にはあったそうです。

somei (5)

 お稲荷様を祀っていますが、十一面観音石像がご神体です。明治時代以前は神仏習合が一般的でした。我々の常識・伝統は明治時代に造られたものであることが多いと実感します。

somei (6)

 社殿は関東大震災や戦火を免れているので火防の御利益もあります。

somei (7)

 「韓信の股くぐり」の額です。この額の教えは「大きな目的を実現するために、小さな恥辱を受けてもがまんして、争わないで受け流すこと」です。今年の年末は対立関係のある部署とのいざこざに振り回されました。この額の存在は初めて知ったのですが、啓示と受け止めて仕事に臨みたいものです。

 今回お参りした寺社の近辺を扱った記事もどうぞ。
 大國神社と旧丹羽家住宅蔵
 

妙義神社 豊島区駒込

 都内の寺社巡りをテーマにしたブログは数多いですが、どのブログも筆者の住んでいる地域・よく行く地域に偏りがちです。
私がよく参照するブログでは大田区・品川区が多い反面、北区・板橋区・豊島区といった23区の北部は数少ないです。私の場合はその反対です。
 とはいうものの、豊島区全域の寺社をお参りしたことがあるわけでもなく、まだお参りしたことがない。またはあるけど紹介したことがない寺社もあります。今回はそんな寺社の一つ、駒込にある妙義神社です。
 
IMG_0975.jpg

 駒込駅周辺は起伏に富んでいます。この神社も坂を下って窪地みたいな場所を通ってまた上るという道筋です。
 日本武尊が東征した際、この地に設営したそうです。駒込をいう地名は日本武尊が「駒、込みたり(馬が多い)」といったことが由来です。この神社の近所には弥生時代の集落後が発掘されたり、歩いて15分の場所にある駒込富士神社の富士塚は古墳です。古くから重要な場所だったようです。

IMG_0976.jpg

 また、太田道灌が戦勝祈願をした神社としても有名です。東京の郷土の武将といえば江戸城を最初に建てた太田道灌。その太田道灌が滅ぼした豊島氏の拠点はこの神社から比較的近い平塚神社です。敵の目前で戦勝祈願とはなかなか大胆です。
  
IMG_0977.jpg

 起伏が多く路地裏には古いアパートが点在しています。この風景は既視感があります。このことを言うと、母親のおばがこの近辺に住んでいて幼いころ何回か訪れたことがあったとのことでした。
 さて、駒込といえばアルプスというケーキ屋が閉店しました。老舗のケーキ屋でコンビニスイーツに負けない上品は甘さとレトロな雰囲気が好きだったので残念です。
 駒込駅前にある神社の記事も合わせてどうぞ(こちら

法明寺 豊島区南池袋

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、電車に乗って寺社巡りは避けているのでもっぱら自宅の近所か職場の近所の寺社をお参りしています。そこで今回紹介するのは法明寺です。
 地元豊島区を代表するお寺ということもあって雑司ヶ谷の鬼子母神はよくお参りしますが、鬼子母神は法明寺の境内外にあるお堂です。

P1010638.jpg

 法明寺は池袋駅から雑司ヶ谷方面に向かって歩いて10分の場所にあります。鬼子母神堂はここからさらにあるいて3分の場所にあります。大繁華街の池袋とは思えない閑静なお寺でこの画像を見せて「そうだ、京都に行こう」というフレーズつけても違和感はないかもしれないです

P1010639.jpg

 春は桜が咲き乱れます。豊島区の桜の名所は染井霊園ですが、お寺の境内に咲く桜を愛でるならこのお寺です。
 なお、このお寺は810年に建立された古社で当初は天台宗でしたが、のちに日蓮宗に帰依しています。

P1010640.jpg

 日蓮宗のお寺は龍の彫刻が迫力ありますが、こちらは咲き乱れる花。龍のように豪快に咲き乱れています。

 P1010646.jpg

 御首題は鬼子母神堂で頂くことができます。御首題はお寺によっていろいろな様式がありますが、法明寺は「奉拝」のところに豊島区の郷土玩具「ススキミミズク」の印が押されているのが特徴です。
次の過去記事もどうぞ!!
法明寺の裏手にある威光稲荷(こちら
鬼子母神の秋の風景(こちら
鬼子母神の御朱印(こちら

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)