真性寺と周辺の神社

 地元豊島区の有名な寺社といえば雑司ヶ谷鬼子母神と巣鴨のお地蔵様こと高岩寺ですが、江戸6地蔵の一つであり、高岩寺よりも古い、巣鴨通り商店街入り口にある真性寺を忘れてはいけません。 そこで今回は真性寺と周辺の神社を紹介します。

真性寺

 宝永から享保年間にかけて江戸市中の六箇所に造立された銅造地蔵菩薩坐像(江戸6地蔵)の一つです。
 江戸6地蔵は各街道の入り口に造立され、真性寺は中山道の入り口にあたり、高さ約2メートルのお地蔵さまが今なお行き交う人々を見守っています。

御朱印

 御朱印はお地蔵様と御本尊の2種類があり、こちらは御本尊の御朱印です。お地蔵様の御朱印は(こちら

 次に周辺の神社です。まずは真性寺を別当とする子安天満宮です。山手線の線路沿いにあり、1532年頃巣鴨の保坂徳右衛門が屋敷神として勧請したといいます。

IMG_1514.jpg

 緑豊かな社ですが、参道は意外と長いです。近年、起伏に富んだ東京の地形を楽しむことがポピュラーになりました。この神社をお参りする際は、大塚駅から線路沿いに目指すことをお勧めします。大塚駅は高架だけど、巣鴨駅は谷底というダイナミックな起伏を味わえます。

梅3

 天神様なので梅の季節は見ごたえがあります。豊島区の隠れた梅の名所といえます。

IMG_1517.jpg

 真性寺から地蔵通り商店街を庚申塚方面にあるき、脇にそれた住宅街にある「勧請稲荷」です。
 このブログでは路地裏のお稲荷様を数社紹介していますが、表札のあるお稲荷様は初めてです。

IMG_1516.jpg

 路地の裏には意外立派なお稲荷様があり、代々大切に祀られてきたことが分かりますが、由緒等は不明です。
 御朱印めぐりもよいですが、隠れ家のようなでも代々大切に祀られいる神社に出会うとなんだか自分だけに当たりがあったようなありがたい気分です。
 
スポンサーサイト

天祖神社 豊島区南大塚

 先週の17・18日は地元の天祖神社のお祭りでした。この神社は来月10月以降が見どころなので紹介します。

 天祖神社は大塚駅前に一の鳥居があり、JR山手線のホームから見えます。鳥居の目の前は都電荒川線です。

20160903.jpg

 鳥居をくぐると、サンモール大塚という商店街です。商店街は一直線の道沿いにあることが多いですが、この商店街は坂道にクモの巣状に店が広がり、雑居ビルに囲まれた路地にも店が並ぶ、独特の雰囲気な商店街です。
 なお、近くには大塚三業通りという色街の名残を残す通りもあるので、街歩き好き方にはお勧めです。この商店街がある坂を登ると(100メートルもない距離ですが)天祖神社です。
 
IMG_1511.jpg

 1300年代に創建された古社で、御神木の夫婦銀杏が有名です。この銀杏は樹齢約600年。B29の爆撃で焼け、その痕跡がありますが見事に復活した御神木です。これからの季節は紅葉が見事です。

 IMG_1509.jpg

 こじんまりとした神社ですが、豊島区のほぼ半分の鎮守であるため、神輿の出発・拠点となる神酒所は32箇所もあります。
 町内を歩くとそこかしこでおみこしの威勢のいい掛け声が聞こえます。

IMG_1507.jpg

 神社の裏手も都営荒川線です。裏手は春と秋は薔薇が咲き、この神社周辺は都営荒川線の撮影スポットです。
 撮影した日は9月1日です。荒川沿線はバラの名所ですが、大塚・向原間のバラは開花期間が長く、夏でも薔薇が楽しめます。

IMG_1506.jpg

 御朱印です。池袋の雑司ヶ谷鬼子母神、巣鴨のお地蔵さまに挟まれていますが、冒頭でもお伝えしたとおり、秋は薔薇が美しいので是非お参りください。

天祖神社 御朱印

豊島区高松の富士浅間神社と周辺の神社

 8月17日の午前、豊島区高松にある富士浅間神社と周辺の神社をお参りしました。
 先ずは富士浅間神社です。この神社の富士塚も前回紹介した江古田浅間神社と同様、国重要無形民俗文化財です。

IMG_1480.jpg

 住宅街にある小さな公園の片隅にある神社です。富士塚は金網に覆われて全体を見にくいのが難点です。

IMG_1479.jpg

 登山口です。金網越しの撮影なので携帯またはスマホで撮影することを勧めます。

IMG_1476.jpg

 うっそうとしているせいか神域感が強く、私がお参りした富士塚の中で最も神秘的です。

IMG_1475.jpg

 石仏です。この富士塚は高さが8メートルあるとのことですが、それ以上の奥行きも感じました。

IMG_1481.jpg

 次にお参りしたのは富士浅間神社からほど近い高松稲荷神社です。 元々は農家の屋敷神だったので境内の雰囲気も鄙びた感じでした。


IMG_1482.jpg

 お稲荷様はキッリとした目元ですが、こちらはつぶらな目元です。子狐が親の真似してキッリとした目元を真似したようなかわいらしさです。
 
IMG_1483.jpg

 最後にお参りしたのは粟島神社です。鳥居をくぐると神池があります。
 この神社はかつて存在した谷端川(やばたかわと読みます。)の水源でした。この川は豊島区、文京区(文京区あたりの流域は小石川)を流れ、神田川にそそぐ川です。私が以前住んでいた家と現在のマンションはこの川の流域です。この神社は地図を見たら近くにあるので寄ってみたのですが、お参りしたらなんと私自身にゆかりがある場所の水源でした。これぞまさに縁。とてもありがたい神社でした。

雑司かや不二見茶やと目白不動尊金乗院

 GWに太田記念美術館で開催中の歌川広重の展覧会(前期)へ行きました。
 さて、浮世絵の楽しみ方の一つは作品に描かれた場所に行ってみることです。この展覧会で地元の豊島区を描いた作品があったのでこの作品とその場所を紹介します。

2016年05月05日20時13分44秒0001

 歌川広重の富士三十六景の「雑司かや不二見茶や」です。雑司ヶ谷の鬼子母神の参道付近は急峻な坂道として知られている「富士見坂」があります。

富士見坂2

 こちらがその坂です。崖の下は現在の新宿区の早稲田界隈と思われます。今では富士山の代わりに新宿のビル群を見渡すことができます。

目白不動1

 さて、雑司ヶ谷鬼子母神の参道付近にある崖を下る途中には江戸五色不動の一つ「目白不動」様がいらっしゃります。

目白不動2

 山門をくぐり右手にあるお堂に目白不動様はいらっしゃります。秘仏ですがガラス越しにお姿を見ることはできます。
目白不動 

 通常左手に羂索を持ってますが、目白不動様は、左腕を断ち切りそこから火焔が噴き出しているという独特のお姿をしています。なんかサイコガンみたいでかっこいい~

目白不動3 目白不動4

左の画像は境内にある庚申塚です。倶利伽羅明王を主尊とする点で貴重なものといわれています。

朱印

 ご朱印です。「金乗院」というお寺なのに、「新長谷寺」と書かれているのは、目白不動様はもともと、文京区関口(椿山荘周辺)にあった、「新長谷寺」にいらしたのですが、戦災により「金乗院」に移されたからです。

 この展覧会では地元近くの北区飛鳥山を描いた作品も紹介されていたので、いろいろ調べてみると歌川広重は北区王子界隈を描いた作品が案外多いことが分かりました。次回は北区王子界隈の作品と描かれた場所を紹介します。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (197)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (148)
江戸 (46)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (225)
江東 (14)
台東 (24)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (20)