FC2ブログ

青松寺と籔内佐斗司

 前回紹介した青松寺は籔内佐斗司の作品が多数あることで有名です。
 
IMG_3139.jpg

 まずは山門の四辺上部にある龍です。山門には「十六羅漢像」もあります。

IMG_3141.jpg

 持国天です。関東の古仏は奈良・京都と比べるとずんぐりした造形が多いと聞いたことがあります。
 
IMG_3142.jpg

 多聞天です。このお寺の四天王の中ではクールな感じで個人的に好きです。

IMG_3143.jpg

 増長天です。熱血漢なかんじがいいです。

IMG_3144.jpg

 広目天です。射るような全てを見通したような眼力が魅力的です。

IMG_3147.jpg

 「誕生童子・花祭りの童子」という作品です。なお、お参りした日は3月30日で花祭り直前でした。
 仏様の唐子のように愛らしさがいいです。

IMG_3154.jpg

 皆さま是非紹介したいのは十二支の彫刻です。まずは牛です。決してせんとくんではありません。

IMG_3155.jpg

 続いて寅です。

IMG_3156.jpg

 兎、龍、巳です。近くに虎ノ門という最先端のビル街があることを忘れるぐらいの緑に囲まれた場所にあるのがいいです。
 都内のお寺はビルに囲まれて風情がない、コンクリート製のお堂は有難くないと思われがちですが、そんなことはなく都会の風景に調和したお寺もあり、その代表は今回紹介した青松寺です。

愛宕神社周辺のお寺

 新橋界隈のお稲荷様巡りをした際、愛宕神社周辺にある「栄閑院」、「天徳寺」、「青松寺」をお参りいしました。

 まずは栄閑院です。愛宕神社の裏手にあります。このお寺から見ると愛宕神社はまさに「山」であることが実感できます。

IMG_E3136.jpg

 このお寺は次に紹介する「天徳寺」の塔頭で、別名「猿寺」と呼ばれています。本堂の両脇にお猿様がいらっしゃります。
 このブログは寺社の建物・彫刻の素晴らしさに主眼を置いております。寺社の彫刻は龍や鳳凰といった神獣が中心ですが猿は珍しいからお参りしたくなりました。

IMG_3134.jpg

 寛永の頃、猿回しに扮した盗人が寺に逃げ込みましたが、和尚の説教で改心し、その後、諸国行脚に旅立ちました。
 残された猿は寺で預かることになったが、この猿は人々に芸を見せ、その評判から「猿寺」と呼ばれるようになりました。 

IMG_E3135.jpg

 本殿の本柱にもお猿様がいらっしゃります。中野区にも「猿寺」と呼ばれているお寺があるらしいのでお参りしたいものです。
 「猿」に因む寺社として「日枝神社」と「猿江神社」もこのブログで紹介しているのでよろしければご覧ください。

IMG_E3133.jpg

 次にお参りしたのが「天徳寺」です。 この画像の板碑は港区唯一のものです。板碑でも「武蔵型」と呼ばれるものは秩父産の緑泥片岩で造られており、青銅のような色合いが美しいです。
 1533年に後に江戸城となる紅葉山付近に創建、その後この地に移転しました。23区の寺社は「紅葉山」付近に創建、江戸城拡張に伴い移転という謂れが多いですね。

IMG_3132.jpg

 このお寺は江戸時代は浄土宗の触頭でした。
 そして見どころはこの八角形のお堂です。格式の高さを思わすように重厚な意匠が魅力的です。
 
IMG_3140.jpg

 次のお参りしたのが「青松寺」です。
 このお寺は曹洞宗の触頭で1476年に現在の麹町に創建、御多分もれず江戸城拡張で移転しました。

IMG_3146.jpg

 清々しさと凛々しさを連想する名前どおりの境内です。
 かつて境内に「獅子窟学寮」を擁しその後、泉岳寺の学寮と吉祥寺の学寮と統合し今日の駒澤大学へと発展しました。
 なお、このお寺は御朱印の授与はありませんが、日本を代表する仏師である籔内佐斗司の作品を拝観料なし気軽に見ることができます。次回は籔内佐斗司の作品を紹介します。

芝稲荷巡り⑧ 新橋周辺

 芝稲荷巡りの第8弾は新橋周辺です。
 
 まずは西新橋にある小寶稲荷神社です。

IMG_3128.jpg

 小さいながらも豪勢な本殿です。昭和5年にこの地に住んでいたとび職人が発起人として創建されたそうです。
 この後紹介する2社も同じような意匠の本殿でした。作成者が同じなのかもしれません。

IMG_3129.jpg

 小寶稲荷神社の目と鼻の先にある豊繁稲荷神社です。
 創建時期は不明です。西新橋は汐留・虎ノ門という高級なビジネス街が挟まれてますが、雑居ビルとマンションが混在した神田の路地裏のような雰囲気な街でした。

IMG_3130.jpg

 善處稲荷神社です。創建年代は不明です。今なお祀られているこの3社がある地域もいづれ再開発で高層ビルが建つかもしれませんが、残っていてほしいものです。

IMG_3159.jpg

IMG_3158.jpg

 盬竃神社です。宮城県の名社である盬竃神社を分霊したうえで伊達藩の上屋敷に創建され、1856年(篤姫が徳川家定に嫁いだ年)に伊達藩中屋敷があるこの地域に遷座しました。
 ニの鳥居の独特な形状と古びた社殿のせいか、大都会にある古代遺跡のような趣でした。

IMG_3160.jpg

 日比谷神社です。創建年代は不明です。
 慶長年間に江戸城工事のため、今の港区新橋へ遷座し江戸時代には、鯖稲荷と呼ばれてました。その後、環状2号線工事着工に伴い当地へ移転しました。
 背後には汐留のビジネスが立ち並び大都会東京に溶け込んだ社殿が印象的でした。
 
 地域の人に今なお祀られているお稲荷様がいらっしゃる一方で、新橋・虎ノ門周辺は再開発により失われたお稲荷様が2社あります。神社は小さくても地域のシンボル。復活してほしいものです。

 同じく新橋にある「烏森神社」の記事もどうぞ!(こちら

芝稲荷巡り⑦ 芝大神宮周辺

 芝稲荷巡りの第7弾は東京10勅社の一つ芝大神宮周辺のお稲荷様です。

IMG_3118.jpg

 まずは将藍橋付近にある瘡守稲荷大明神です。名前から察しのとおり、お参りするとはれもの・梅毒に罹らない御利益があるそうです。
 注目して頂きたいのは鳥居の左側にある石仏です。元禄年間に彫られたもので極めて状態がよいとのことです。
 この石仏様は町人文化が栄えた元禄、大地震が起きた安政、明治維新etcと江戸・東京の移り変わりを見守ってきたことになります。

IMG_3119.jpg

 メルパルクホール付近にある首尾稲荷神社です。元禄年間に病に苦しんでいたこの地の住民・田村三郎兵衛という人の夢枕に稲荷大神が現れ、その後病が治ったことから、稲荷大神を勧請し祀ったのが起源と言われております。

 芝神宮1

 先ほどの2社からほど近い芝大神宮は平安時代に建立された江戸のお伊勢さまと知られ、東京10社の一つでもある格式の高い神社です。

芝神宮2

 江戸時代に実際に起きた乱闘事件「め組の喧嘩」で知られる神社といこともあって、狛犬様には「め組」と彫られています。

ご朱印

 御朱印です。地名は時代とともに変わります。だからこそ人々が生きた証として地名のついた神社は尊いのです。
 
芝公園1

芝公園2
 
 今回もおまけで周辺の見どころを紹介します。 
 上は芝公園のもみじ谷という人工の渓谷です。スカイツリーと違い、東京タワーは足元に緑地がある分清々しいです。
 下は芝公園の中に鎮座する如意輪観音様です。芝公園石仏が数尊いらっしゃるようです。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)