FC2ブログ

北区にある旧日本軍の建物

 東京都北区はかつて旧日本軍の工場・施設が多くありました。
 今回紹介するのは空襲を免れ今なお残る建築物です。

IMG_3620.jpg

 まずは中央公園文化センターです。
 東京第一陸軍造兵廠の本部として昭和5年に建てられました。

IMG_3621.jpg

 戦後は米軍施設として使用され、その際白く塗られました。

IMG_3622.jpg

 昭和40年代まで米軍の施設でしたがその後返還され、現在は区民のサークル活動の場所として利用されています。

IMG_3623.jpg

 元々が事務所のためシンプルな建物です。戦前の建物を大事に使用しているところが素晴らしいです。

IMG_E3624.jpg

 中央公園文化センターの裏手に位置する北区中央図書館です。
 東京砲兵工廠銃包製造所の建物として使用されていたレンガ倉庫をリノベーションした図書館です。

IMG_E3626.jpg

 文化センターも図書館も自衛隊の兵站中枢である十条駐屯地を囲むように位置しています。
 この地は今なお、我が国の兵站の中枢であります。

IMG_0020.jpg

 最後に滝野川4丁目にある憲兵の詰所です。住宅地にぽつんと残されています。
 
 古い建物は耐震性・維持管理費用・その他利権の都合で取り壊されますが、北区は逆に地域の歴史的遺産として保存しつつも活用しているところが素晴らしいです。

板橋区立熱帯環境植物館

 体育の日に板橋区立熱帯環境植物館の水族館に行きました。

IMG_3575.jpg

 左の細長い魚はオイランヨウジ、右の黒い魚はハナヒゲウツボです。

IMG_3598.jpg

 同じ水槽にいたアカシマシラヒゲエビです。つぶらな瞳と鮮やかな背中が可愛いです。

IMG_3580.jpg
 
 ニシキアナゴです。

IMG_3588.jpg

 ご存じチンアナゴです。この2種類の魚は砂から出たり入ったり目が合うと威嚇しあったりと表情が豊かで見飽きないです。

IMG_3581.jpg

 コンゴウフグです。形が面白いです。フグは人の顔に近いせいか親しみがわきます。

IMG_3591.jpg

 名前は失念しましたが鮮やかな青とよちよち泳ぐさまが可愛い小魚です。この水族館は熱帯の鮮やかな色をした子魚が充実しています。

IMG_3592.jpg

 もちろんカクレクマノミもいます。こちらのは黒い個体です。

IMG_3584.jpg

 トゲウナギです。この水族館は細長い魚も充実していました。

IMG_3593.jpg

 最後に世界最大の淡水エイであるヒマンチュラ・チャオプラヤです。
 この個体は頭部(胴体?)が一畳半(多分)ありました。タイに生息しているそうです。この水族館は熱帯植物の植物園に付属しているのでコンセプトは南国の海・河です(といいながらタカアシガ二にも展示)
 値段はなんと260円!ミニ水族館とはいえコスパ抜群です。お子様がいる方にはお勧めですが、来年の9月から改築のため休館です。行くなら早めにどうぞ!!

豊島園の昆虫館

 8月16日に豊島園の昆虫館に行きました。 この昆虫館は外国のカブトムシやクワガタを生体展示しています。

IMG_3385.jpg

 こちらは玉虫の様に美しいナナイロクワガタです。
 
IMG_3386.jpg

 ギラファノオオクワガタです。クワガタは鎧武者のような凛々しさがかっこいいですね。

IMG_3387.jpg

 ヘラクレスオオカブトムシです。世界最大のカブトムシの角には毛が生えています。こちらは古代ローマやギリシャの戦士のような凛々しさです。

IMG_3389.jpg

 日本の水生昆虫も展示されていました。同じ水生昆虫のゲンゴロウは動き回っていますが、こちらはハシビロコウのようにじっと
獲物を狙っています。

IMG_3390.jpg

 この昆虫館の見どころは、ヘラクレスオオカブトムシを通年で触れることができることです。
 近くで見るとドイツ陸軍のエレファント重駆逐戦車のようです。

IMG_3392.jpg

 3本の角を持つコーカサスオオカブトムシです。黒塗りで重装備なところがアメリカ大統領の専用車「ビースト」を連想します。
 
IMG_3394.jpg

 今回この昆虫館に行ったのは息子の夏休みの宿題のためですが、かつて夏はカブトムシ捕りに夢中だった大人にも超お勧めします。

国立科学博物館 その2

 1月5日に息子を連れて国立科学博物館に行ったので、今回はこの博物館にある恐竜の化石を紹介します。

IMG_2772.jpg

 まずはステゴサウルスです。子供の頃ステゴサウルスの人形を持ってました。

IMG_2775.jpg

 スコロサウルスです。装甲で覆われたフォルムがかっこいいです。 

IMG_2779.jpg

 ヒパクロサウルスです。頭のトサカがかわいらしいです。手前の小さいのはパキケファロサウルス。兜を被ったような姿がかっこいい!

IMG_2782.jpg

 オルタカントゥスという太古の淡水のサメの化石です。

IMG_2783.jpg

 古代生物の代表といえば三葉虫です。絶滅し子孫がいない種です。生命は繁栄と絶滅を繰り返しながら現代に至る事がわかります。

IMG_2784.jpg

 最後に太古の哺乳類です。手前の2体は海洋生物です。今を生きる生命は数億年の試行錯誤を繰り返し現在に至りますが、この過程、年月を考えると大自然に畏怖を感じます。生命はその環境に最もあった機能美があることも感じました。

国立科学博物館 その1はこちらです。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)