上野動物園

10月8日に上野動物園に行ったので、動物達を紹介します。

P1020996.jpg
 
 まずはプレーリードッグです。ちょうど餌を食べているところでした。なんか幸せそうに食べています。

P1020998.jpg

 いろいろな種類の猿が飼育されていますが、日本猿は数が多く、猿ごとの個性が楽しめてい良いです。なお、この猿山は昭和6年頃建てられたものです。

P1030012.jpg

 コビトカバです。よちよちした感じが普通のカバよりかわいいですね。

P1030019.jpg

 ハシビロコウです。パンダに次いで人気があります。

P1030008.jpg

 じっとしていることで有名ですが、エサが確実にある飼育されている個体は意外と動き回ります。それでも、近くで飼育されているフラミンゴよりは動きません。

P1030005.jpg

 びっしとした姿は先輩とか師匠と呼びたくなるような威厳あります。そこがいい!
 また、けものフレンズにハシビロコウちゃんというキャラクターがいますが、私は好きです。

P1030003.jpg

 ケープペンギンです。この日は、蝶々を見てなんだなんだと騒いでる姿を見ることができました。

P1030021.jpg

シロクマです。今月は師走のような気温の日々が続いてますが、この日10月8日は夏日でシロクマも暑そうでした。

P1030023.jpg

 ゼニガタアザラシです。海獣たるアザラシはアウアウいって芸するところより、優雅におよぐ様こそ本来の姿ですね。
 近々パンダの赤ちゃんが公開されますが、その際は是非見たいものです。また最近、ゴリラの赤ちゃんも生まれたそうです。これも見てみたいものです。
スポンサーサイト

滝野川・王子周辺の名所

 土日は北区の滝野川・王子周辺の公園で昆虫採集して過ごすことが多いです。
 この地域は公園も充実していますが、名所も多いので紹介します。まずは北区王子本町にある音無さくら緑地です。

IMG_2126.jpg

 一見、ただの崖のように見えますが、東京層といわれる地層の自然露頭です。近年東京の地形を愛でることが流行っていますが、地形を形作る地層の自然露頭を見ることができる唯一の場所といえそうです。
 この公園は石神井川の蛇行跡に作られられたもので馬蹄型をしております。東京の大地がいかにして出来上がったかを感じることができる公園です。

IMG_2148.jpg

 石神井川を下り、滝野川二丁目にある独立行政法人酒類総合研究所の東京事務所の「赤レンガ酒造工場」です。

IMG_2157.jpg

 明治37年に建設され、平成24年に国の重要文化財に指定されました。内部見学は予約が必要なので隣にある「醸造試験場跡地公園」から金網越しの見学になります。いつ見ても古さを感じない均整のとれた美しさが魅力です。

IMG_2138.jpg

 飛鳥公園の隣にある旧渋沢庭園にある晩香廬と呼ばわれる洋風茶室です。大正6年に建設されました。

IMG_2139.jpg

 晩香廬は渋沢栄一が内外の賓客を迎えるレセプション・ルームとして使用されていました。調度品は絢爛豪華でありませんが、上質な素材で丁寧に作られています。

IMG_2143.jpg

 青淵文庫です。渋沢栄一の80歳のお祝いと、男爵から子爵に昇格した祝いを兼ねて大正14年に建設されました。戦前までは他にも洋館・茶室等がありましたが、空襲で焼け現在はこの2棟のみ現存しています。
 2棟の建物は国の重要文化財です。都内でも数100メートルしか離れていない場所に3棟の重要文化財である建築物がある地域はそうそうないです。王子神社散策がてら併せて立ち寄るとよいです。
 ちなみに、、飛鳥山公園より旧渋沢庭園の方がなぜか虫が多いのでもっぱらこのあたりで採集しております。 

名主の滝公園

 今年の夏は息子と昆虫採集して過ごしました。
 北区は豊島区と比べると緑が多い公園が多く、昆虫採集にはもってこいです。虫以外にもザリガニ、ヌマエビ、くちぼそ、トカゲを捕まえることもできます。今回は緑が多い公園の中で特にお勧めしたい名主の滝公園を紹介します。

IMG_2105.jpg

JR京浜東北線の王子駅から歩いて10分の場所にあります。

IMG_2104.jpg

門をくぐってすぐの場所にあるとんぼ池です。夏の虫といえばトンボですが、王子から滝野川界隈の公園でギンヤンマはこの公園でしか見ませんでした。

IMG_2078.jpg

この公園では運がよければカワセミを見ることができます。近くを流れる石神井川でも見たことがあります。

IMG_2102.jpg

都内に庭園は多くありますが、この公園ほど深山幽谷な場所はありません。

IMG_2101.jpg

武蔵野台地の突端である王子近辺はかつて「王子七滝」と呼ばれる7つの滝があったそうです。
この公園はそんな土地の風景を再現しております。

IMG_2103.jpg

園内には4つの滝があり、これはその中で最大の男滝です。ただし天然の滝ではなく10時から16時まで見ることができます。
夏はもちろんこれから紅葉の季節も素晴らしいです。王子駅からこう公園までの道中は王子神社王子稲荷神社の近くを通るので神社めぐりに併せて散策するもよし、武蔵野台地の突端に位置するので地形の妙を愛でるの良しです。是非お出かけください。

かかし祭りと清州寮

深川資料館通り商店街で毎年9月に開催されるかかしコンクールは、秋の訪れを感じさせます。
(コンクールは9月24日まで開催)

IMG_2090.jpg
IMG_2089.jpg

 趣向を凝らしたかかしが出展されますが、話題になった事柄をテーマにしたものも多く、今年は上野の子パンダのかかしが目立ちました。 

IMG_2087.jpg
IMG_2086.jpg

 話題の人物をテーマにしたかかしもよく見ます。今年はやはりピコ太郎です。他にもブルゾンちえみのかかしも数体ありました。

IMG_2098.jpg

 深川資料館通り商店街の入り口近くにある、旧東京市営店舗向住宅は戦前の下町の雰囲気で有名ですが、今回紹介する清州寮もいい雰囲気です。

IMG_2092.jpg

 深川資料館通り商店街の近くにある清州寮は昭和8年に竣工された建物です。当時として最新のデザインだったモダニズムを取り入れたこと、メンテナンスの良さもあって古さを感じさせません。

IMG_2091.jpg

 1階は店舗、2階は住居のため内部の見学は難しいですが、モザイクタイルが貼られていたり、窓枠が木製だったりします。
 
IMG_2093.jpg

 清州寮の近くに同潤会深川アパートが約20年前までありました。実は最近まで清州寮は同潤会深川アパートの最後の一棟と思い込んでました。
 この建物は入居希望者が多いとのことです。江東区は最新鋭のマンションがはたから見て供給過剰?と言いたくなるくらい建設されていますが、新築マンションだから良く、中古だから劣るということはないことようです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (201)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (153)
江戸 (40)
明治~昭和 (47)
現代 (66)
寺社巡り (235)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (25)