FC2ブログ

日本アイソトープ協会本部と駒込名主屋敷

2月14日に駒込にある駒込名主屋敷に行きました。

komagomeyashiki (1)

 これは駒込名主屋敷に行く途中にある日本アイソトープ協会本部です。
 大正7年建造された旧理化学研究所23号館です。理化学研究所の跡地はマンション・オフィスビルになっていますが、この建物だけ建造時の状態で残っています。
 文京区は東京大学に代表される日本の「文」の中心地であるから「文京」。この建物は日本の理数系の秀才がこの地に集まっていたことを今に伝えています。

komagomeyashiki (8)

 駒込名主屋敷は、大阪夏の陣の跡この地に亡命した豊臣家家臣である高木将監を祖とする代々名主を務めた家の屋敷です。
 敷地には表門、主屋、蔵、離れ(大正末期築)、洋館(昭和初期築)などが配されています。この門は宝永年間に建てれらたものです。

komagomeyashiki (2)

 この屋敷は今なお邸宅ですが、建物内部以外は見学が可能です。よそのうちに招かれたような心地ですが、この雰囲気懐かしい。
 昭和後半はこのような雰囲気の民家は私の実家世田谷区には多くありました。

komagomeyashiki (3)

 離れの庭です。屋敷町である文京区はかつてはこのような庭がある邸宅が数多くあったと聞きます。
 気分は山の手の住人な気分です。

komagomeyashiki (6)

 享保2年に建てられた主屋です。質素倹約のご時世に建てれらたせいか、質実剛健な美しさがあります。

komagomeyashiki (4)

 井戸です。ご覧のとおり周りは民家なのでスマホのスピーカーを塞いで音が出ないように注意しました。
 洋館もありますが撮影は実際に人が住んでいるので控えました。

komagomeyashiki (7)

 蔵です。蔵は見るからにも丈夫な意匠のせいか安心感があります。
 江戸時代の邸宅は都内にもありますが、山手線内となるとここだけではないでしょうか?とても貴重な場所でした。
 最後にこのブログで紹介している「蔵」の記事もどうぞ!! 

 港区にある妙定院
 文京区にある旧伊勢屋質店
豊島区にある旧丹羽家住宅蔵
スポンサーサイト



江戸城天守復元模型

 10月3日に皇居東御苑で公開中の江戸城天守復元模型を見に行きました。

edojou (6)

 江戸城には慶長期,元和期,寛永期と3度にわたり天守が築かれており、今回復元されたのは寛永期のものです。

edojou (7)

 復元模型とはいえ堂々として凛としています。

edojou (5)
 
 江戸城の天守は、徳川家の権勢の象徴だから絢爛豪華なもの(多分、最高の資材を使っているだろうから実際は豪華)をイメージしていましたが、威厳があるものでした。

edojou (2)

 こちらは天守閣跡です。この上に模型のような建物があった思うと江戸時代の建築技術の高さというより日本人の技の凄さを感じました。

edojou (3)

 天守閣跡地からの眺めです。正面の建物は桃華楽堂です。私が見た建築物の中で最も優雅です。
 
edojou (4)

 江戸城の天守閣を復元しようという運動(発起人の一人は太田道灌公の子孫)があります。この模型を見るまでは復元する意味はあるのか?と思っていました。
 日本人の技の継承はもちろんのこと、大手町・丸の内は荒川が決壊したら水没しますが、天守閣があった場所は高台なので災害時の避難場所として十分機能しそうです。だから、天守復元は価値があると思い直しました。

北区ふるさと農家体験館

 赤羽自然観察公園はカブトムシ・クワガタが生息してると聞き、8月に2回ほど息子と捕りに行きました。
 カブトムシはいなかったものの、小型種のヒラタクワガタなら捕まえました。個人的にはカミキリ
を捕まえたかったのですが。見当たらずでした。
 さて、公園内には「北区ふるさと農家体験館」があり、古民家が公開されています。

akabenesizen (1)

 撮影したのは8月30日です。園内には田んぼもあります。
 
akabenesizen (2)

 アマガエルがいました。野生のアマガエルを都内で見たのは初めてです。公園には水も湧いています。
 なお、田んぼのある区画にはカナヘビもいました。

akabenesizen (3)

akabenesizen (4)

 公園周辺は団地とナショナルトレーニングセンターです。この公園は1999年に開園された意外と新しい公園で、もともとは自衛隊の駐屯地でした。

akabenesizen (7)

 母屋の正面です。体験館には多目的トイレがあるからトイレ休憩と虫捕りで汗まみれになった服を着替えるのにちょうど良いです。

akabenesizen (5)

akabenesizen (8)

akabenesizen (9)

 日本家屋は高温多湿の夏を少しでも快適にすること目的にしているとのことですが、襖、雨戸を開放すれば風通しがよく地面から高い場所に座敷があるので湿気も和らぎ快適でした。ちょっと腰かけてくつろぐのも良しです。(ただし飲食禁止)

 akabenesizen (6)

 納屋です。この古民家は入園料なしです。このブログの訪問者は40代以上の方が多いので実感できると思われますが、田舎の家はこのような造り・間取りが多いため、夏休みに田舎の家にで過ごしたことを思い出し、同時に癒しを感じることができるのでお勧めしたいです。

マクセル アクアパーク品川

 8月13日から19日まで夏休みです。
 13日は家族とマクセルアクアパーク品川に行きました。

mashinagawa (1)

 水族館ですがメリーゴーランドもあります。馬の代わりに海の生き物です。

mashinagawa (2)

 mashinagawa (9)

 クラゲはライトアップされて幻想的です。我が家がよく行く板橋熱帯植物園(その1)(その2)にもいるクラゲです。
 なお、この水族館と板橋の水族館は運営会社が同じです。

mashinagawa (10)

 チンアナゴとニシキアナゴです。この魚は表情豊かで見飽きないです。目が合うと口を開けて威嚇します。

mashinagawa (12)
mashinagawa (11)

 トラフサメとツマグロです。サメの精悍な姿はいつ見てもかっこいいです。

mashinagawa (19)

 マンタです。この水族館はエイが多いです。サメとは違い優雅に舞う姿は美しいです。

mashinagawa (20)

世界で唯一飼育されているドワーフソーフィッシュです。サメではなくエイです。ハウルの動く城に登場する飛行機みたいです。

mashinagawa (22)
mashinagawa (25)

 パンサーカメレオンとアオホソオオトカゲです。爬虫類も充実しています。爬虫類はつぶらな瞳が可愛いですね。

mashinagawa (26)
 
 カピバラです。カピバラは元々水辺に生息するネズミなのでこの姿が様になっています。
 爬虫類とカピバラが飼育されてる区画にはピラニア、アロワナ、ピラルクーといったアマゾンの魚もいますが、館内は薄暗いので撮影が難しかったです。

 mashinagawa (30)

 最後にペンギンです。涼しげです。このあとイルカショーも見ました。
 この水族館は混雑による感染防止のため事前予約なしには入館できませんが、おかげでゆっくり見ることができました。

 品川と名の付く水族館といえば、品川区立の「しながわ水族館」も有名です。こちらの記事もどうぞ!(こちら)。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)