fc2ブログ

目白聖公会と目白庭園

 行ったことのない街に行ってみるのは、いい気分転換になりますね。
 豊島区に住んでいますが、目白界隈は行ったことがないので出かけてみました。同じ豊島区とは思えないセレブな街でした。
今回紹介するのは、目白(正確には新宿区下落合)にある目白聖公会です。

IMG_1657.jpg

 1929年に建てられたロマネスク様式の聖堂です。天に向かってそびえる十字架を見ると五重塔を連想します。
 宗教を問わず、祈りを天に届けようとする気持ちが様式に表れるのでしょうか?

IMG_1658.jpg

 この教会は聖堂内を見学することができます。
 ニコライ堂や東京カテドラルもよいですが、この教会も是非お勧めしたいです。

IMG_1664.jpg

 この教会の魅力はステンドグラスです。明治22年頃イギリスで作成されたものとのことです。

IMG_1661.jpg

 祭壇から入り口のほうを写した画像です。

IMG_1660.jpg

 聖家族の神殿奉献を主題にしたステンドグラスです。この日は澄んだ冬空だったのでステンドグラスが凛として美しかったです。

IMG_1663.jpg

 聖堂の左右にもステンドグラスがありますが、こちらはマリア様です。
 
IMG_1662.jpg
 
 聖アグネス様です。窓からさす光が相まって絵画でみるマリア様とは違った神々しさがあります。
 教会も寺社同様、厳かな雰囲気に心癒されるから好きです。

IMG_1667.jpg

 この界隈は、いい感じのお屋敷が立ち並んでおります。セレブな雰囲気を味わった後立ち寄ったのが目白庭園です。
 冬の庭園は草木が枯れてますが、他の季節にない凛とした雰囲気があります。

市谷亀岡八幡宮 新宿区市谷八幡町

 近所の公園で区内の大学のセツルメントが子供達と遊んでいる姿を見ます。私は児童文化研究会にいたのでこの学生達に好感を持ちます。うちの息子もこの活動に加えてもらいたいですが、どうも小学生が対象のようです。
 さて、10月19日に市ヶ谷の防衛庁の近くに鎮座する市谷亀岡八幡宮をお参りしました。

P1020016.jpg

  江戸を代表する江戸八所八幡の一つで太田道灌公が江戸城西方の守護として建立しました。この神社は鎌倉の鶴岡八幡宮の対として亀岡八幡宮と名付けられました。

P1020015.jpg

 新宿区も山の手と下町の境界にある区なので起伏に富んだ地形です。23区、特に山の手の古社は山の手の台地の端にあることが多くこの神社もその一つです。上の画像は階段の途中にある茶ノ木稲荷です。

P1020018.jpg P1020019.jpg

 神社の境内はペットお断りが多いですが、この神社はペットの御祈祷を受け付けていることで有名です。他の神社と比べると境内で犬を見ることが多いです。

P1020020.jpg

 御神木の銀杏です。今時分は黄金色に染まっていると思われます。境内からはお堀とそのそばを通る中央線を見ることができます。

P1020021.jpg

 私はこの神社近くのグランドヒル市ヶ谷で結婚式をしました。このホテルは防衛庁の共済施設でもあるせいかなんと迷彩柄のウェディングドレスがありました。自衛官の方がお色直しに着るのでしょうか、、、

P1020026.jpg

 御朱印です。「城西之鎮護」という語句がかっこいい!防衛庁近くにあることもあって「鎮護」という言葉が特に響きます。

このブログで紹介している他の江戸八所八幡の記事もどうぞ!
鳩森八幡神社
大宮八幡宮
金王八幡 
穴八幡宮
富岡八幡宮 

残り2社は港区にある御田八幡神社と西久保八幡神社です。

太宗寺と周辺のお寺

 9月1日は新宿と中野にあるお寺をお参りしました。ちなみ この記事は2012年11月の記事を再編集したものです。
 (大きい画像は2012年、小さい画像が9月1日です)

IMG_0686.jpg IMG_0687.jpg
 
 左の画像は成覚寺にある近くを流れていた玉川上水で入水した人たちを弔う旭地蔵です。このお寺は三ノ輪の浄閑寺と同様投げ込み寺といわれます。新宿は江戸時代から歓楽街でした。
 右は正受院。奪衣婆像が有名です。太宗寺にある太宗寺も有名ですがこちらはお参りしやすいです。

今回のメインである太宗寺は先ほどのお寺の裏手にあります。

境内1

 学校のグランドのような境内です。ビルに囲まれて晴れていてもどこか鬱蒼とした地域ですが境内は空が広いです。

IMG_0690.jpg IMG_0691.jpg

 左は三日月不動尊がいらっしゃるお堂です。おでこに三日月をあしらったお不動様です。
 右は閻魔堂。このお寺は江戸3大閻魔の一つとして有名です。

境内3

  太宗寺は都内で一番大きい閻魔さまの像があることで有名です。年に一回御開帳されますが、ガラス越しにお姿を見ることもできます。閻魔さまのお隣には奪衣婆もいらっしゃりますが、撮影は極めて難しいです。

 新宿は江戸時代から歓楽街です。奪衣婆は亡者の服をもぎ取るので、遊女達の信仰が篤かったそうです。ちなみにこのお寺は新宿2丁目にあり、歌舞伎町も至近距離。有名な歓楽街にはには霊験あらかたな寺社があるようです。

境内4

 東京の民間信仰、塩地蔵様です。御利益は西新井大師同様、いぼ取りです。
 富士塚ほどには話題になりませんがこの民間信仰も続いてほしいものです。

境内2

 江戸6地蔵様です。今回このお寺をお参りした理由は、これにより現存する江戸6地蔵さまの御朱印が揃うからです。
 今年は江戸6地蔵の一つ巣鴨の真性寺のお地蔵さまは開眼300年というメモリアルイヤー。この年に江戸6地蔵をお参りすると御利益がありそうな気がしてます。
 
朱印 IMG_0697.jpg

 御朱印です。
 左は閻魔様、右が江戸6地蔵です。このお寺は新宿山之手七福神と御本尊の御朱印を頂くこともできます。
 
 このブログで紹介している他のお地蔵さまの記事も合わせてどうぞ!!
品川寺
浄名院
真性寺
東禅寺
 
 かつて江東区の深川不動尊近くにある永代寺にもお地蔵さまがあったそうです。このお寺の御朱印を頂いたことはありませんが、お参りしたことなら過去数回あるので、、、、江戸6地蔵は暫定的に結願ということにします。

善國寺2

 先週は神楽坂にある善國寺の御首題と朝の風景を紹介しました。
 神楽坂は花街の面影を残す街なので、夜の方が風情があります。そこで今回は善國寺の夜の風景です。

IMG_0358.jpg

 山門です。時刻は19:00頃です。本堂をお参りすることができました。坂道に面しており、自分が斜めっているのでまっすぐ写すのが案外難しいです。

IMG_0351.jpg

 夜の狛虎様です。
IMG_0350.jpg

 虎は元々夜行性の動物のせいか、朝より精悍に見えます。

IMG_0349.jpg

 朱色は夜灯りに照らされると艶やかさを増すと思います。このお寺の周辺の路地が花街の面影を残しています。

善国寺

 神楽坂は毘沙門天を祀るお寺でもあるので御朱印はご覧のとおりです。
 オリンピックを控え、東京の街並みも変わると思います。外国人観光客も増えると思いますが、外人に受けるのは風情ある街並みです。神楽坂に限らず古き良き東京の面影がある街並み残ってほしいものです。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (448)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (11)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)