FC2ブログ

等々力不動尊 世田谷区等々力

 残暑が厳しいので今回紹介するお寺は23区で一番清涼感がある等々力不動尊です。
 ちなみにこの記事は2011年8月の記事を再編集したものです。

  東京23区唯一の渓谷と言われている等々力渓谷の遊歩道の終点にこのお寺はあります。等々力渓谷は世田谷区の小学生の社会科見学の定番で、子供の頃からのお気に入りの場所です。春は桜、夏は青モミジ、秋は紅葉が美しい場所です。

等々力渓谷1

 この日(2011年8月20日前後)は前日の大雨のおかげで木々の生命力、水の轟きが普段より満ちあふれ、猛暑でバテ気味の心身に心地よかったです。なお、この渓谷は国分寺崖線のいわば終点ともいうべき場所です。

等々力渓谷2

 遊歩道の終点が等々力不動尊で、下の画像は渓谷側の入り口にある不動の滝です。この画像だけを見たら季節は夏、場所は都内であることを忘れると思います。清水が豊かな国分寺崖線の終点にふさわしい風景です。

等々力不動2
 
 崖を登ると境内です。このお寺周辺には古墳が多く(関西にあるのと比べるとかなり小振り)、太古よりこの場所は聖地であったことがしのばれます。開発が進んで見えなくなりましたが、このお寺からは聖地である富士山はもちろん、大山を望めたはずです。
 
等々力不動3

 彼岸までは熱い日が続くので、この等々力渓谷と不動尊で心身を冷ますはお勧め、源氏物語絵巻で有名な五島美術館は一駅先にあり、ここで美術鑑賞と庭園鑑賞した後、渓谷を散策もお勧めです。また、隣駅には仏像の充実度が都内屈指といっても過言ではない九品仏があります。
 
等々力不動

 御朱印です。清水豊富な国分寺崖線には趣のある寺社も多いので次の記事もどうぞ!
貫井神社(東京都小金井市)
青渭神社(東京都調布市)

隣駅の九品仏の記事もどうぞ!(こちら

六所神社 世田谷区松原

灼熱の日々が続いたので、今日の梅雨入りは心地よかったです。
さて、 先月、実家に行く用事があったので、氏神である六所神社をお参りしました。

IMG_0499.jpg

 この神社は世田谷線の線路沿いにあります。 天正12年に六所宮(現在の大国魂神社)を勧請したそうです。
 ちなみに吉田篤弘の小説「それからはスープのことばかり考えて暮らした」等、いわゆる月舟町3部作はこの神社がある世田谷区赤堤周辺がモデルです。吉田篤弘のファンでしたら、下高井戸駅を降りて一旦「下高井戸シネマ」(マイナーな映画ばかり上映している映画館のモデルと思われる)を寄ってからこの神社に向かうことをお薦めします。

IMG_0493.jpg

 子供のころ、秋祭りは必ず参加しました。子供みこしの行く先々でお菓子をたくさんくれるからという極めて単純な動機でしたが、その頃は子供の数が今よりが多かった(団塊Jrなので)こともあって楽しくもありました。

IMG_0495.jpg
 
 七五三もこの神社です。当時の写真を見るといまより杜は豊かではなっかたようですが、長い年月が武蔵野の面影を思い起こす杜を再生したようです。

IMG_0497.jpg
 
 真っ赤は社殿が目を引きます、最近改修をしたのかもしれないです。

IMG_0496.jpg

 この神社は以前紹介した、勝利八幡、菅原神社同様に子供時代の思い出が詰まった神社。御朱印は神職がご祈祷中だったので、頂けなかったのですが次の機会は是非と思ってます。
 この記事を書いていたら吉田篤弘の「それからはスープのことばかり考えて暮らした」が読みたくなりました。ちなみに一番好きな作品は「水晶萬年筆」です。ではよい週末を!!

この神社同様、世田谷線の線路近くにある世田谷八幡の記事もどうぞ
そしてこの記事に登場した神社の記事もどうぞ!!
勝利八幡神社
菅原神社
大國魂神社

勝利八幡神社 世田谷区桜上水

11月2日に実家に行き、世田谷神社巡りをしようと思ったのですが、この日は雨だったので途中で断念しましたが、今回紹介する神社は雨脚が強くなる前にお参りできた2社です。
 小さい画像はクリックすると拡大します。なお、この記事は2011年5月の記事を再編集したものです。

 まず紹介する「勝利八幡神社」は世田谷区桜上水にあります。世田谷区と言えば高級住宅街を連想する方は多いと思いますが、この桜上水を境に高級住宅街かr郊外の住宅地と雰囲気が変わります。神社の近所はキャベツ畑があり、のどかな場所です。
 また、近所には日本大学のグランドやプール等体育設備があり、著名なアスリートの練習風景を見ることもあります。     
       
TS3V0001 (2)
 
 世田谷区は源氏の勢力が特に強かったらしく、「八幡神社」が多いといわれています。この神社の創建は1026年と鶴岡八幡宮より古いそうです。(鶴岡八幡宮の記事はこちら
 また、都内には「~八幡」という神社が多いです。このブログで紹介しただけでも「大宮八幡宮」(杉並区)、「金王八幡」、「鳩森八幡」(いずれも渋谷区)、「富岡八幡宮」(江東区)、「穴八幡宮」(新宿区)。。。。
 その多くある八幡神社の中でこの神社の良い所はずばり名前です。明治時代に氏子が日露戦争から無事帰還したことを記念して「勝利八幡」と名付けたそうで、それより前は単に八幡神社といったそうです。

IMG_0305.jpg IMG_0306.jpg

 神社入り口の銀杏です。乳根が垂れており風格があります。右は世田谷区最古の神社建築である旧社殿です。
 ちなみに世田谷区最古の神社は喜多見にある「氷川神社」だそうです。

P4240243.jpg

 御朱印は寸志です。子供の頃、神社の境内が遊び場所だった方は多いと思います。付近に友達が多かったので自分の場合はこの勝利八幡神社です。
 中学生の時は神社近所の中学にヤンキーが多いから近づくのを避けていましたが、高校生の時はチャリ通で通り道でした。次に紹介する八幡社(世田谷区八幡山)も通学路の道中にあります。

IMG_0309.jpg

 2対の狛犬様を従えた羽ばたく鷹のように精悍な社です。神職が常駐してない神社ですが境内は意外と広いです。
IMG_0308.jpg IMG_0310.jpg

 社殿は案外新しいです。高校時代の記憶ではもうちょっと古ぼけていたような気がします。
 「八幡山」という地名はこの神社にちなみ、今なお(1200年代に建立)地域の方に大切にされていることがうかがえます。 

 このあと、蘆花公園近くにある「八幡神社」、そして篤志家が建立し珍景好きに有名な「世田谷七福神」、私が七五三をした「六所神社」最後に「菅原神社」をお参りしようとしましたが天候が悪いので断念しました。
ではよい1週間を!!!

豪徳寺 世田谷区豪徳寺

 東京の紅葉は見頃です。そこで今回は私がお薦めする紅葉が美しい寺を紹介します。
 その寺の名前は世田谷区の豪徳寺です。

境内1

 豪徳寺のランドマークの一つはこの狛犬様が鎮座している香炉です。この香炉はお寺で儀式があるとき焚かれるそうです。後ろの仏殿はこのお寺が「曹洞宗」なのに「黄檗宗」の様式です。なのでこのお寺は「黄檗宗」か「曹洞宗」か迷ったことがあります。
 
境内4
 
 ランドマークその2は三重塔です。このお寺は彦根藩主井伊家の菩提寺でかの井伊大老のお墓もあります。なお、このお寺から見て谷一つへだてた場所に井伊大老により処刑された吉田松陰を祀る松陰神社があります。
 井伊家のお寺だはありますが建立したのは中世の世田谷周辺を支配した吉良氏です。忠臣蔵で有名な吉良氏とは先祖は同じですが、別の家系です。
 
境内2 境内6
 
 境内はもみじが生い茂り紅葉が見事です。このお寺の近辺は中世の城郭跡である世田谷城があります。紅葉が見事なお寺は都内にいろいろありますが、中世に思いをはせることができるのでこのお寺を推します。
 下町のお寺で江戸時代に思いをはせることはできますが、中世となるとむしろ山の手のお寺になります。なお、古代となると、、、、多摩地区に行くしかないです。こうしてみると東京の中心部は内陸から海に向かって行ったようです。
 ちなみに新緑の季節は下の画像のとおりです。豪徳寺は実は花の名寺でもあり、桜(特にしだれ桜)、ボタン、藤の花が見事です。

TS3V0004 (2)

 豪徳寺の名物と言えば「招き猫」です。「招猫殿」というお堂があり、仏像の代わりに招き猫がいらっしゃります。豪徳寺では願いが成就した場合、招き猫を奉納することとなっており、この画像は奉納された招き猫です

境内3

 多宝塔の周囲には十二支を配しますが、このお寺では招き猫も配しています。招き猫発祥の地として浅草の今戸神社も有名ですが、世田谷育ちとしてはこのお寺こそ招き猫発祥の地と信じたい。。。。(多分同時発生的に招き猫は登場したと思われますが)

TS3V0005 (2)

 御朱印です。現在はどうか不明ですが書置きのものを頂くことができます。この秋はこのお寺で中世の面影にひたるのも一興です。ではよい1週間を!!  

豪徳寺

近辺にある神社の記事もどうぞ!!
六所神社
世田谷八幡宮

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)