FC2ブログ

新宿御苑

 2月11日に佐藤美術館で開催中の新収蔵品展~山本冬彦氏からの寄贈を受けて~という展覧会に行きました。
 絵葉書がなく、スキャンして紹介することができないのが残念ですが、このブログでも2作品紹介している山本太郎氏の「春今山水図」が良かったです。またルオーとクリムトを連想する日本画家である小嶋悠司の作品群もお勧めです。

 その後、新宿御苑を散策しました。

P1030025.jpg

 まずは、旧御凉亭です。
 昭和2年に、昭和天皇のご成婚記念として建てられた本格的中国風建築です。

P1030026.jpg

 楼からの眺めです。この池にはカワセミもいました。

P1030031.jpg

 対岸からの眺めです。新宿御苑は他にもイギリス式庭園もあり、異なる様式の庭園を楽しむことができるのが良いです。

P1030029.jpg

 この日は寒桜が満開でした。2つ上の画像にも写っています。

P1030032.jpg

 こちらは管理事務所近くに咲いている蝋梅と寒桜です。

P1030033.jpg

 同じく管理事務所近くに咲いていた水仙と福寿草です。

P1030035.jpg

 「母と子の森」と呼ばれる区画に生えているラクウショウです。
 この植物は根元から気根とよばれる呼吸根が立ち上がるのが特徴です。トトロがさつきの家の庭先で飛び跳ねながらドングリを生やす場面を連想しました。

P1030037.jpg

 今回は、梅の花はいまいちだったのですが、この風景に一番感銘を受けました。花の美しさを愛でるの良いですが、巨木の生命力を愛でるのまた一興ですよ。

※ このような風景は小石川植物園でも見ることができます。(こちら
スポンサーサイト



浜離宮恩賜庭園

 2月10日に菜の花が満開になった浜離宮恩賜庭園へ行きました。

IMG_1702.jpg

 快晴だったので菜の花がまぶしかったです。

IMG_1700.jpg

 黄色は金運の象徴らしいですが、この景色は見ているだけで心が豊かになります。都内の庭園でこれほどまでに菜の花が咲くところはありません。

IMG_1703.jpg

 梅も咲いています。この庭園の梅はまだ満開ではなく半分程度でした。

IMG_1704.jpg

 庭園内にある旧稲生神社です。 庭園内に古くから祀られていたそうです。 現在の建物は明治27年に地震で倒壊した後の建築物です。

IMG_1705.jpg

お稲荷様を祀っていますが、妖しい朱色ではなく、武家の庭園を守ってきた社のせいか、質実剛健な美しさがあります。 

IMG_1706.jpg

 都内では唯一の海水の池である「潮入の池」です。「富士見山」という築山から写したものです。「潮入の池」 をこの築山から私見ることをお勧めします。

IMG_1708.jpg

 この池から東京タワーを見ることができます。伝統的な庭園と高層建築が不思議な調和をしている最も東京らしい庭園といえます。この日は日向ぼっこしながら読書やユーチューブを楽しみました。久々の至福なひと時でした。

名主の滝公園

 今年の夏は息子と昆虫採集して過ごしました。
 北区は豊島区と比べると緑が多い公園が多く、昆虫採集にはもってこいです。虫以外にもザリガニ、ヌマエビ、くちぼそ、トカゲを捕まえることもできます。今回は緑が多い公園の中で特にお勧めしたい名主の滝公園を紹介します。

IMG_2105.jpg

JR京浜東北線の王子駅から歩いて10分の場所にあります。

IMG_2104.jpg

門をくぐってすぐの場所にあるとんぼ池です。夏の虫といえばトンボですが、王子から滝野川界隈の公園でギンヤンマはこの公園でしか見ませんでした。

IMG_2078.jpg

この公園では運がよければカワセミを見ることができます。近くを流れる石神井川でも見たことがあります。

IMG_2102.jpg

都内に庭園は多くありますが、この公園ほど深山幽谷な場所はありません。

IMG_2101.jpg

武蔵野台地の突端である王子近辺はかつて「王子七滝」と呼ばれる7つの滝があったそうです。
この公園はそんな土地の風景を再現しております。

IMG_2103.jpg

園内には4つの滝があり、これはその中で最大の男滝です。ただし天然の滝ではなく10時から16時まで見ることができます。
夏はもちろんこれから紅葉の季節も素晴らしいです。王子駅からこう公園までの道中は王子神社王子稲荷神社の近くを通るので神社めぐりに併せて散策するもよし、武蔵野台地の突端に位置するので地形の妙を愛でるの良しです。是非お出かけください。

哲学堂公園

 今年から、新しいカテゴリーとして「名所旧跡」を加え、一部の記事をこのカテゴリーに変更しております。
 さて、11月末頃に中野区にある哲学堂公園に行きました。
 この公園は、明治37年に哲学者で東洋大学の創立者、井上円了博士によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現した公園です。この記事にある解説はこの公園の公式サイトからの引用となります。

IMG_1586.jpg

まずは、「哲理門」です。この公園の名物ともいえる像が左右にあります。

IMG_1588.jpg

右側の天狗像です。

IMG_1587.jpg

左側の幽霊像です。

天狗は物的・陽性、幽霊は心的・陰性なもので物質界・精神界とも根底に不可思議が存在しているという圓了の妖怪観にもとづき、不可解の象徴とみなしたそうです。
 ここ数か月、いろいろな不安にさいなまれてますが、最近は不安とは幽霊みたいのもので、実態がないのに存在するという思い込みだと思えてます。

IMG_1589.jpg

「三学亭」です。
 「四聖堂(11月末現在は改装中)」が世界的、「六賢臺(次回紹介)」が東洋的なものとされたのに対して、日本的なものとして建築された円柱3本で正三角形をつくる平屋のあずまやです。碩学を重視し最も著述の多い、平田篤胤(神道)・林羅山(儒道)・釈凝然(仏道)の三者を祀るものです。

IMG_1590.jpg

「宇宙館」です。
 哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、さらに圓了の考案で内部横斜めに皇国殿という八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました
その奥にある白い建物は「絶対城」です。
 万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。

IMG_1591.jpg

  「六賢台」です。
 東洋的哲学人として、日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・迦毘羅仙の六人を「六賢」として祀ってあります。赤色塗り、六角形の周囲六間の建物で、四聖堂の西に建っています。屋根の上に相輪と九つの法輪があり、最上部に宝珠を付け屋根の棟瓦の一端に天狗がついています。
 この日は鮮やかな晩秋の空でした。青空にモミジのような朱色がよく映えていました。

IMG_1597.jpg

「三祖苑」です。
 三祖碑には、中国の黄帝、印度の足目、ギリシャのターレスの三人が刻まれています。
 「六賢台」から近くを流れる妙正川のほとりへ向かう坂道にあります。この公園は中世の頃源頼朝の重臣である和田義盛の城址でした。この公園もこのブログでたびたび言及する中世の東京を感じることができる場所です。

IMG_1593.jpg

 「哲学の庭」です。
 宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、世界の異なった場所の人々が、より相手に近づくことが出来るようになるためには、プラス・マイナス(±1)の原点に返ることが必要という考えを反映したものです。
平成21年にできた、哲学堂公園の断崖を借景した一風変わった庭園です。

IMG_1596.jpg

 「唯心庭」です。
 唯物園に対する小庭で、世界の根源は精神であるとする唯心論を象徴した区域です。唯物論的呼称の各所が点在します。
 この公園は小径や子庭にも哲学的な意味づけがされており、それほど広い公園ではありませんが、意味を一つ一つかみしめると一日はかかりそうです。
 
 この公園は江古田駅または中野駅・池袋駅からバスを利用しますが、道中にある寺社も併せて訪れるとよいです。
 江古田浅間神社と武蔵野稲荷神社
 新井薬師

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (289)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (25)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (8)