FC2ブログ

板橋宿の寺社巡り3

 板橋宿にある寺社紹介は今回が最終回です。
 まずは前回紹介した智清寺の近辺にある日曜寺です。

IMG1114.jpg

 このお寺は1711年に創建、田安宗武(徳川吉宗の第二子)により祈願寺として再興されました。宗武の第三子松平定信も篤く信仰しました。扁額は松平定信が揮毫したものです。 

IMG1115.jpg
 
 境内は庭園のように端正に整備されていました。ご本尊が愛染明王で愛染が藍染に通じるところから江戸市中の染色業者の信仰を集めたそうです。

IMG1111.jpg
 
 根村氷川神社です。前回紹介した下板橋氷川神社とは石神井川をはさんで向かいあっています。

IMG1116.jpg

 参道が長く神門を構えています。「根村」とは現在の板橋区双葉町周辺の古名です。
 以前、千葉県白井市に「根」という地名があると紹介しましたが、「根」は割とよくある地名だったのかもしれません。

IMG1112.jpg

 社務所から社殿に回廊があり堂々した趣の神社です。
 
IMG1113.jpg
 
 創建は1394年から1427年頃です。相殿として祀られているお稲荷様は、近隣の下板橋稲荷台の新堀山に鎮座していた新堀稲荷社で、板橋城廃城後、太田道灌の家臣新堀氏がこの地で奉斎したものとのことです。おそらく太田道灌が石神井川流域の利権を守るための拠点だったと思われます。

 常緑樹に覆われており冬の神社とは思えないほど緑が豊富でした。新緑の季節はさらに緑に覆われていると思われます。
 以上、板橋宿の寺社巡りでした。その他、板橋宿にある神社の記事もどうぞ
スポンサーサイト



板橋宿の寺社巡り2

 中山道の板橋宿周辺の寺社巡り第二弾です。
 文殊院から北上するとパワースポットとして有名な縁切榎があります。

IMG11111.jpg

 古くからこの地にあります。和宮は婚礼のため中山道を通りましたがこの場所を避けるため遠回りしたという言い伝えがあります。今では悪縁切りを願う人々が全国から訪れています。
 絵馬を見ると、、、いやな上司、取引先との縁切りは分かりますが、正妻・不倫相手となるとそもそも縁を切るべきは浮気な男では?と突っ込みたくなります。しかし目立つのは「ダメな自分」と縁を切りたいという願いです。

IMG11114.jpg

 国道5号線は旧中山道は沿っています。前回紹介したお寺から見て国道を渡った側にも多くの寺社があります。
 まずは板橋区氷川町にある「下板橋氷川神社」です。

IMG11113.jpg
 
 1206年頃に豊島氏によって創建されました。こちらの画像は富士塚です。
 富士塚はそびえ立つものが多いですが、この神社のは横たわる山脈のようです。

IMG11116.jpg

 登頂がいつでも可能です。こちらは山頂にある浅間神社です。
 石神井河畔の景勝の地に創建されたせいか、この神社の参道は石神井川に向かって下り坂です。そのせいか境内の雰囲気が独特でした。

IMG11115.jpg

 板橋区は「氷川神社」が23区では多い地域です。その中でこの神社は地名が「氷川」であることから、また「郷社」(板橋で「郷社」は2社)であることから板橋区における「氷川神社」の中で一番格式が高いようです。

IMG11112.jpg

 先ほどの神社を出て石神井川を渡った場所にある智清寺です。
 1394年に創建され徳川家康により寺領5石を寄進された御朱印寺です。手前にある石橋は江戸時代に用水路に架けられたものです。
 次回が最終回です。先ほど、板橋区は「氷川神社」が多いと話しましたが次回も氷川神社を紹介します。
 
 余談ですが、「氷川神社」は埼玉県・東京都に点在する神社と思っていましたが、千葉ニュータウンの外れに氷川神社があることを知りました。画像検索で見た限りでは小さな神社です。
 「鳥見神社」というこの地域にしかない神社と「宗像神社」がやたら多い特異な地になぜ「氷川神社」があるのか?興味は尽きません。

板橋宿の寺社巡り1

 12月6日にかつて中山道の板橋宿と呼ばれていた地域(地下鉄三田線の板橋区役所駅から板橋本町駅周辺)の寺社巡りをしました。3回に分けて紹介します。第1回目は旧中山道に面したお寺です。

IMG_0115.jpg

 まずは東光寺です。旧中山道に沿った仲宿の商店街の入り口あります。
 境内には板橋区の文化財である庚申塔等があります。画面の右端にある球体の石塔は戦国時代の武将、宇喜多秀家の墓碑です。板橋区に移り住んだ子孫が建立したそうです。

IMG_0119.jpg

 東光寺の近くにある観明寺の不動堂です。「出世不動」として親しまれています。
 このお寺は本堂は不動堂が一体となった珍しい様式です。

IMG_0120.jpg

 お稲荷様です。この近辺は加賀藩の下屋敷があり、このお稲荷様は下屋敷から移築したものです。
 山門もあります。こちらも加賀藩の下屋敷から移築したものです。山門脇には青面金剛が彫られた庚申塔もありました。後日都内最古のものらしいと知りました。山門と庚申塔周辺は駐車場で絵的にどうかと思い撮影しなかったことを後悔してます。
 なお、板橋宿から本郷方面に進むと東大のキャンパス、すなわちかつての加賀藩のお屋敷があります。下屋敷のお侍さんは多分当時の感覚だと長距離通勤だったのでは?

IMG_0125.jpg

 文殊院です。このお寺は板橋宿本陣の飯田家の菩提寺として江戸時代初期に創建されました 

IMG_0123.jpg

 端正な境内です。
 このお寺に近くに「板橋区」の地名の由来になった石神井川にかかる橋があります。かつては文字通り板の橋でした。

IMG_0121.jpg

 閻魔堂です。このお寺は板橋宿の遊女達のお墓もあります。
 奪衣婆はおそらく板橋宿の遊女達から信仰されていたと思われます。(新宿にある正受院の奪衣婆の像もどうぞ)

IMG_0126.jpg

 足腰の神様である子の権現様です。実はこの日腰痛で接骨院に行きましたが御利益があったのか通院は2回で収まりました。 

IMG_0122.jpg

 本堂の天井絵と獅子の彫刻です。今回の寺社巡りの最大の収穫はこのお寺をお参りしたことでした。
 次回は全国的にも有名なパワースポットを紹介します。

浮間公園と2つの氷川神社

 4月15日に風車をランドマークにする浮間公園へ行きました。
 この公園は北区と板橋区の区境にあります。そして池を挟んで「氷川神社」が2社あります。

IMG_2367.jpg

 まずは板橋区側の「舟渡氷川神社」です。
 板橋区は「氷川神社」が多く感じます。「氷川神社」は荒川流域に多いそうですが、この神社の裏手は荒川の土手です。

IMG_2370.jpg

 江戸時代以前より、この地には十度宮と呼ばれる石祠が祀られていました。
この石碑は昭和初期に道路工事の都合で「蓮根氷川神社」に移されましたが、昭和39年に当地に戻り昭和41年に舟渡氷川神社となりました。いつの時代も神社は地域のシンボルであることを示しています。 

IMG_2373.jpg

 さて、浮間公園の名物はサクラソウです。4月中旬から下旬にかけてこの公園の北区側にある庭園では可憐なサクラソウをみることができます。

IMG_2374.jpg

 サクラソウの庭園の隣にあるのが浮間氷川神社です。こちらも創建年代は不明ですが、江戸時代には浮間村の鎮守であったそうです。

IMG_2375.jpg
 
 この神社でもサクラソウを楽しみことはできますが、この日は準備中でした。
 社殿がベージュ色のせいか落ち着ついた感じです。

IMG_2376.jpg

 板橋区・北区の埼玉県境あたりは寺社巡りには地味な地域です。
 しかし浮間公園の周辺には思い切り水遊びができる公園、荒川の土手(見ようによっては立派な公園)、釣りが楽しめる公園と子供を連れにはもってこいの場所が多いので、子連れで寺社巡りをするには最適なコースといえます。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (219)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (9)
日本人画家 (161)
江戸 (19)
浮世絵 (36)
明治~昭和 (36)
現在美術 (16)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (305)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (7)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (10)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (15)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (21)
埼玉 (5)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (29)
庭園・公園 (5)
建物 (8)
博物館 (6)
動物園・水族館 (10)