fc2ブログ

比治山神社 広島県広島市

広島出張は日曜日に夜間作業に立ち会い翌日はすぐに帰京というスケジュールでした。
翌朝、ホテルから広島駅に向かう道中にある比治山神社をお参りしました。

hijiyama (2)

二の注連柱は、明治時代のもの、一の鳥居は戦前のものです。
創建時期は不明です。元々は黄幡大明神称し、比治山南の谷(俗称・黄幡谷)に鎮座していましたが、1646年にこの地に移ったそうです。

hijiyama (3)

この狛犬様は撫でると安産・厄除けの御利益があります。もちろん撫でさせていただきました。

hijiyama (4)

ライオンの石像もあります。

hijiyama (5)

勇ましくもチャウチャウのような愛らしさがある狛犬様は戦前に奉納されたものです。

hijiyama (6)

神社の裏手にあるのが比治山です。

hijiyama (7)

hijiyama (8)

hijiyama (10)

上の3つの画像はこの神社の神紋である「亀甲の中星」です。
長寿・厄払いのシンボル「亀甲」と魔除けのシンボル「五芒星」を組み合わせたとても御利益がありそうな意匠です。境内にいらした神職の方から全国唯一の神紋と教えていただきました。
由来をお聞きしたかったのですが、こちらは新幹線の時間が迫っていたのと、神職は朝の準備(撮影時間は朝8:15頃)で忙しかったので聞けずじまいだったのが残念です。
しかしながら、とてもありがたい神紋に出会えたことは僥倖と言えます。厳島神社に行けなかったモヤモヤが無くなりました。

hijiyama (9)

最後にこの神社に祀られている神々のイラストです。最近は祭神をキャラクター化する神社は多いですが。この神社のはどれも可愛いです。特に稲荷大明神様ははつらつとしたあどけなさがいいですね!!

oka117.jpg

最後におまけです。新幹線の中から岡山通過時に撮影した115系です。私が住むJR東日本管内では運転されていないので撮影しました。

今年も一年このブログを訪問いただきありがとうございました。良いお年を!
スポンサーサイト



広島護国神社と広島城①

11月26日にひろしま美術館に行き、近所にある広島城と広島護国神社にも行きました。2回に分けて紹介します。

hirogoshi (1)

御門橋と表御門です。原爆により焼失したものを平成元年~6年に復元したものです。

hirogoshi (2)

hirogoshi (6)

広島護国神社です。この鳥居と左右の狛犬様は原爆による倒壊を免れました。
私は東京下町にある戦前からある建物を紹介する時に震災と戦災を免れた尊いものですとコメントしますが、、、、それらを上回る尊さを感じます。なお、表御門から広島護国神社に向かう途中にも原爆遺構はありますが次回紹介します。

hirogoshi (5)

明治元年に戦死者を祭る神社として生まれ、1939年に広島護国神社と名前が改められ現在まで続いている神社です。「護国」という名称の神社をお参りするのは初めてです。

hirogoshi (4)

広島城の別名は、「鯉城(りじょう)」というそうです。その由来は、この付近一帯が己斐浦(こいのうら)と呼ばれ、「己斐」の音が「鯉」に通じることから呼ばれるようになったという説、堀にたくさんの鯉がいたという説など諸説があります。
こちらは「双鯉」の像です。対となる「昇鯉」の像もあります。
そういえば、はだしのゲンに広島城のお堀にいる鯉を捕まえて血を薬にするというくだりがありました。鯉の肝を利用した疲れ目と肩こりに効くサプリがあるから案外薬効効果はあるかもしれないですね。

hirogoshi (3)

この日の都内は10度を切る寒さでしたが広島は晴天。七五三お祝いで賑わっていました。

hirogoshi (8)

広島城旧天守閣の礎石です。昭和32~33年の天守再建工事の時に撤去した旧天守の礎石をそのまま移したものです。

hirogoshi (7)

昭和33年に再建された天守閣です。重厚な仕立ての良いツイードジャケットのように上品です。次回は広島城内のことを照会します。

金光稲荷神社

 金光稲荷神社は広島東照宮の境内社です。 山頂の奥宮までの階段約500段、朱塗鳥居120数基あります。

kinkou (1)

kinkou (2)

 途中には徳川家康の名言が掲げられています。

kinkou (3)

kinkou (4)

 道中にあるお稲荷様にはそれぞれ神社名があります。後日調べたところ、このような順番でした。
 お産稲荷社 、出世稲荷社、 三狐呂稲荷社、玉成稲荷社 、 玉秀稲荷社、 高彦稲荷社 、奥宮

kinkou (5)

kinkou (6)

 このお稲荷様がある山は二葉山と呼ばれており、シリブカガシという西日本に分布するブナ科の植物の群生地です。東京では見かけない植物を見ることができたのでお参りにきたかいがありました。

kinkou (7)

kinkou (8)

 奥宮です。広島市内はもちろんのこと瀬戸内海の島々も見渡せます。実際はもっと雄大な景色です。生まれて初めて見る瀬戸内海の風景です。

kinkou(12).jpg

 おまけです。広島駅で見たキハ40系です。JR東日本では営業運転していない国鉄時代の気動車なので私にはとても珍しいので撮影しました。次回は家族旅行で宮島に行きたいものです。 

広島東照宮 広島県広島市

 6月12日は帰りの新幹線に乗る前に広島東照宮をお参りしました。

hiroshimatoushou (1)

 広島東照宮は、徳川家光が各大名に東照宮造営を命じたことから、広島藩主浅野光晟が1648年に創建、藩主浅野光晟は家康の外孫にもあたることから荘厳を尽した社殿を造営したそうです。この鳥居は広島藩主浅野光晟の叔父が寄進したものです。

hiroshimatoushou (2)

 唐門が包み込むように迎えてくれます。堂々としたお姿が美しいです。

hiroshimatoushou (3)

 原爆の被害を逃れた江戸時代の建築物です。逃れたといっても傾いたり一部破損はしました。

hiroshimatoushou (4)

hiroshimatoushou (5)

 唐門を飾る「鉄拐仙人」と「蝦蟇仙人」の彫刻です。この彫刻は原爆で破損しましたが、2011年に復元されました。

hiroshimatoushou (12)

 鳳凰の彫刻です。原爆から逃れ、創建当時の姿に復活したこの唐門を象徴するようです。 

hiroshimatoushou (11)

  勇壮な唐門をくぐると清らかな境内です。

hiroshimatoushou (9)

hiroshimatoushou (10)
 
 拝殿と本殿です。いずれも原爆で焼失したため戦後に再建されたものです。
 拝殿の鮮やかな朱色は背後の杜とよく映えます。

hiroshimatoushou (8)

 原爆が投下された時、広島には70年間草木が生えないと言われましたが、投下の翌春に焼け跡から松が生えました。これがその松です。松は生命の力強さを象徴しますがまさにそのとおりです。

hiroshimatoushou (7)

 御供所です。私が不勉強なだけかもしれませんが、独立した建物として境内にある例は少ないそうです。この神社には神仏混合の名残である本地堂という建物がありますが、2022年6月12日現代修理中です。次回は今回の神社巡りのハイライトである金光稲荷神社です。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (270)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)