fc2ブログ

熱川バナナワニ園③

熱川バナナワニ園はワニがメインですが国内唯一のアマゾンマナティーも有名です。

banana (2)

banana (3)

優しい表情をした人懐こい動物です。レッサーパンダとは違った愛嬌があります。

banana (4)

ワニとレッサーパンダもいいですが、熱川バナナワニ園は熱帯の植物も見どころです。
特にインパクトがあったのはヒトデカズラです。妖怪百目のようなインパクトに驚きましたが、後日、一般的な観葉植物であることが分かりました。

banana (6)

banana (7)

植物園で見るべきは睡蓮です。多くの品種の睡蓮が咲いており甘い香りが魅力です。この花が尊いものであることがよくわかります。

banana (8)

パラグアイオニバスです。綺麗な皿ような造形と葉脈が美しいです。
熱川バナナワニ園は8月に行く予定でしたが台風のため延期しました。念願がかない良かったです。

さて、11月は自分と家族がインフルエンザ、仕事の多忙(病欠で仕事がたまった)で寺社巡りと展覧会に行けませんでしたが、11月26日に広島に出張し、美術館と寺社巡りをする機会がありました。しばらくの間は出張で見た絵画と寺社が続きます。
スポンサーサイト



熱川バナナワニ園②

熱川バナナワニ園といえば世界中のワニを見ることができることです。
数が多いのでワニ達の様々な表情を見ることができます。

banana (14)

仲良く並ぶワニです。ワニと限らず爬虫類は個人主義的なのでしょうか?哺乳類のようにじゃれあうことはないようです。
だからこそ孤高な感じがしてかっこいい!

banana (15)

banana (12)

banana (10)

banana (11)

上の4枚の画像はじっと獲物を待ち構えるハンターとしてのワニといえます。
スナイパーのようにじっとしてます。もっともこの日は11月としては異例の夏日。季節外れの暑さにワニもぐったりだったのかもしれません。

banana (13)

banana (16)

意外だったのはワニも立つということです。ワニの獰猛なイメージが変わりました。可愛いしぐさを見せることもあります。

banana (1)

最後に新たに飼育されることになった白いワニです。Xに投稿しましたが白いワニは「ストップひばりくん」のキャラだと思っていたら実際にいました。この個体が泳いでる姿も見ました。ワニは動きが鈍いイメージを持ってましたが、泳ぐ姿は優雅です。
次回は植物とマナティーを紹介します。

熱川バナナワニ園

11月4日に静岡県にある熱川バナナワニ園に行きました。

ressa (8)

目の前に広がる太平洋です。この日は伊豆大島とかがよく見えました。

ressa (7)

熱川バナナワニ園といえば熱帯の植物とワニですが、今回はレッサーパンダを紹介します。
この子は丁度寝落ちしたところ。キュン死しますね、、、、

ressa (2)

ressa (3)

ressa (6)

ressa (5)

上4枚は動き回るレッサーパンダを撮影しました。しっぽのふさふさしたところが堪能できました。

ressa (4)

寝姿を横から撮りました。動き回る姿も良いですが寝ている姿もいいですね!!

ressa (1)

食事をしているところです。よく行く上野動物園にもレッサーパンダはいますがここまで動き回っている姿は初めて見ました。
熱川バナナワニ園がある伊豆半島は動物園が多くありますが駅から歩いて行けるここがお勧めです。次回はワニ三昧です。

ずかんミュージアム銀座

8月16日に家族で「ずかんミュージアム銀座」に行きました。
「小学館の図鑑 NEOシリーズ」をテーマにした新感覚の体験型施設です。プロジェクションマッピングに映し出された動物達を観察し、「記録の石」という装置に観察した動物を記録することができます。館内は撮影も可能です。

zukan (1)

百獣の王ライオンです。映し出される映像は動物達の生息域、時間帯に応じて変化します。

zukan (4)

アフリカゾウです。単なる映像ではなく鳴き声も再現されています。

zukan (2)

マーゲイです。中南米に住むネコ科の動物です。なんと他の動物の鳴き声をまねることができるそうです。私が今一番見たい哺乳類です。

zukan (3)

もちろん人気者のジャイアントパンダもいます。画面の動物が光ったタイミングで「記録の石」の画面をタッチすると観察記録が装置に保存されますが、ポケモンをゲットした気分になります。

zukan (6)

アマゾンカワイルカです。哺乳類はもちろんのこと生息域・時間帯に応じた鳥類、爬虫類、両生類も観察できます。

zukan (8)

zukan (7)

ピラルクーとダイオウイカです。深海生物、魚類、昆虫類も観察できます。
「記録の石」を操作しつつのスマホ撮影はかなり難しいので、紹介した生き物はごく一部です。
家族連れはもちろんのこと、大人だけでも楽しめる施設ですが、今年の9月3日に閉館するので行くなら今すぐです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (270)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)