FC2ブログ

井の頭自然文化園その2

 11月23日に井の頭自然文化園に行きました。(前回の記事はこちら

IMG_2686.jpg

 井の頭公園の池です。
 2度目の掻い掘りを得て池の水はさらにきれいになりました。

IMG_2688.jpg

 この動物園で生育されている鳥は鴨系が多いです。
 その中でも個体数が多く、見ていて愛嬌があるのはアヒルです。フリフリ歩くさまがいいですね。 

IMG_2695.jpg

 日本の淡水魚を飼育している水生物園です。魚の他、タガメ、ゲンゴロウ、タイコウチといった絶滅危惧種もいれば身近な蛙も生育されています。こちらはアズマヒキガエル。人懐こい感じがよいです。

IMG_2696.jpg
 
 本園と分園の間にある「井の頭弁財天」です。紅葉とのコントラストがきれいでした。夏の風景はこちらをどうぞ

IMG_2697.jpg

 本園ではモルモットと触れ合えるコーナーがあります。ちょっと一服している感じが良かったです。

IMG_2701.jpg

 アルゼンチン固有種「マーラ」というネズミです。つぶらな瞳とウサギ、カンガルーのかわいらしさが合わさった感じが魅力です。

IMG_2702.jpg

 フェネエックです。シーズン2が始まるらしいケモフレで一番かわいいと思うのはフェネックちゃんです。
 あと、この動物園にいるユーラシアヤマネコもいいですよ。

IMG_2705.jpg

 リスの小路です。人慣れしているのでしゃがんでいるとリスが上ってきます。至近距離で見れるので子供たちは大喜びです。
 上野動物園と比べれば地味ですが、混み放題ではないのでじっくりゆっくり動物達を愛でることができるのがいいですね。
スポンサーサイト

しながわ水族館

 イルカの赤ちゃんが公開されたと聞き、9月29日にしながわ水族館に行きました。イルカはもちろん私がお勧めした魚を紹介します。

IMG_0232.jpg

 まず、はオイカワです。淡い朱色の臀鰭と青い魚体が美しいです。水族館では外国の鮮やかな魚に目がいきますが日本の川にすむオイカワも注目です。

IMG_0238.jpg

 ホウボウです。この固体は白っぽいですが桃色の魚体と鮮やかは胸鰭が美しく、食べてもおいしい魚です。

IMG_0240.jpg

 ターポンという中南米の海水魚です2mまで育つ巨大魚です。。最近よく読む本は開高健の「オーパ オーパ」で、この魚を釣りに行く話を読んで一度見てみたいと思ってました。なお、食用には不向きです。

IMG_0242.jpg

 クラゲの水槽はハロウィン仕様になっていました。

IMG_0243.jpg

 熱帯魚の水槽もハロウィン仕様です。最近はこの水族館と限らずインスタ映えのためかおしゃれな展示が増えました。雰囲気が華やぐので良いこと思ってます。

IMG_2606.jpg

 イルカの母子です。赤ちゃんイルカはお母さんイルカに甘えてました。

IMG_E2603.jpg

 人間の赤ちゃんも歩き出しの頃歩くのが楽しくて駆け出したりします。この赤ちゃんイルカも同様のようです。回転するのが楽しいようで時折母親の鼻先でくるくる回っていました。
 イルカショーは育休中のため中止ですが、同じ水槽でアシカショーもやっています。アシカが足をぺしぺしさせて歓声を浴びてるとすかさずイルカがジャンプ。私も見よといわんばかりでした。
 動物の赤ちゃんは人間より早く大人になります。見るなら今のうちと思われます。 

サンシャイン水族館 その2

6月に池袋のサンシャインにあるサンシャイン水族館に行きました。(昨年も行きましたこちら

IMG_2488.jpg
 
 アジとコブダイです。アジは修学旅行で騒ぐ中学生、コブダイが引率の体育教師に見えました。

IMG_2489.jpg

 ウミウシです。小さく綺麗な姿は見飽きません。この生き物を目当てにスキューバダイビングする人がいるのも納得です。

IMG_2490.jpg

 ダイオウグソクムシです。近年人気が高い深海のダンゴムシです。漢字表記は「大王具足蟲」。かっこいい。。。。

IMG_2493.jpg

 クリオネです。蛍のような美しさです。

IMG_2497.jpg

 アマゾン川にいるナマズたちです。ボケと突っ込みのように見えました。底に住む魚は比較的じっとしているので写しやすいです。アマゾンの魚を見ていたら、開口健の「オーパ オーパ」を読みたくなりました。

 IMG_2499.jpg

 ウーパールーパーです。ぼ~っとした感じがなごみます。

IMG_2487.jpg

 最後にアシカです。アシカはひれをばたばたさせるしぐさがかわいいですが、ポーズを決めるさまは凛々しいです。
 皆様に清涼感をお届けできれば幸いです。では夏バテに気を付けましょう~。
 

上野動物園その2

 今年のGWも上野動物園に行きました。(上野動物園その1はこちら

IMG_0135.jpg

 アオキメバタンです。飛ばない鳥なのか屋根のない場所にいました。歩く姿はかわいらしく止まっている姿は気品があります。

IMG_0137.jpg

 カンムリエボシドリです。屋内で飼育の鳥は小さくてちょこまかと飛び回ってるせいか撮りずらいですが、屋外で飼育されている鳥は小鳥ほどには飛び回らないので撮りやすいです。

IMG_0138.jpg

 へビクイワシです。上野動物園にいる威厳のある鳥といえばハシビロコウですが、ヘビクイワシは行進する儀仗兵のような威厳があります。

IMG_999.jpg

 シロテテナガザルです。サルは人間に近いせいか、デジカメの顔に合わせてオートフォーカスする機能を使うと、デジカメが息子ではなくサルにピントを合わせます。(少なくとも私のコンデジは)そのせいか鳥や草食動物の場合は反応しません。
  
IMG_0134.jpg

 ニシゴリラです。上野動物園はシャンシャンが一番人気です。この日整理券は取れませんでしたが後ろ姿だけかろうじて見ることができました。しかし、パンダも良いですがゴリラも愛嬌があるので見飽きないです。また誰かしら動き回ってるので見てがっかりということもないです。

IMG_0143.jpg
 
 ワオキツネザルです。ニシゴリラはコミカルな愛嬌ですが、こちらは猫のような愛嬌がありますね。

IMG_0141.jpg

 マレーガビアルというワニです。爬虫類・両生類は目がつぶらで何も考えてなさそうなところが見ていてかわいらしいです。
 いろいろな動物がいますが皆一様に美しいです。
 動物園は子連れで行くところというイメージがありますが、私としては一人で気に入った動物をずっと見ていたいです。実際そういう人も多いので、上野で絵画を見た後は動物園に行くのも一興です。
 

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (214)
アメリカ (15)
イギリス (28)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (6)
スイス (17)
スペイン (4)
ドイツ (6)
東欧 (6)
フランス (50)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (157)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (37)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (37)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (280)
足立 (1)
荒川 (3)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (22)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (11)
千葉 (15)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (24)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (7)