FC2ブログ

郷さくら美術館東京

 6月10日に中目黒にある郷さくら美術館東京で開催中の「夏のかほり」展に行きました。
 この美術館は現代日本画を専門とした美術館で、夏に鑑賞するのにもってこいな特に涼し気な作品を紹介します。

2017年06月10日21時36分28秒0001

 左は齋藤満栄の「金魚」という作品です。この日は気温が30度を超えましたがこの作品のおかげで火照った体が冷めました。
 右上の作品は濱田昇児の「湖畔」という作品です。翠の美しさに心が清らかになります。そして右下の作品は佐藤晨の「朝の雫」です。蜘蛛の糸の透明感と虹が幻想的です。一雨あった後の涼しさが伝わるような作品でした。

 この3作品以外にも、那波多目功一の「さざ波」という静寂と余韻の調和が美しい作品もお勧めですが、一番お勧めしたいのは
田中隆の「木津夕景」です。
 夕暮れ時は空の色が刻々と変わっていきますが、空一面がほんのりとした紅色になる瞬間を描いた作品です。印象派絵画に劣らない美しさがありました。絵葉書がなかったのでスキャンして紹介できないのが残念です。
 実は、今回紹介した画家はこの日始めて知りました。展覧会の情報をつかみ次第鑑賞しに行きたいものです。

 暑い季節が到来したのでこの展覧会は涼むのにもってこいです。駅から歩いて5分というアクセスの良さもよいです。是非お出かけください。

奥村美佳

 松井冬子は美人日本人画家として紹介されることが多いですが、今回紹介する奥村美佳も相当美人です。

2017年02月25日21時22分44秒0001

 まずは「曜」という作品です。先日紹介した、千駄ヶ谷にある佐藤美術館では「25人の作家たち ~佐藤国際文化育英財団25周年記念奨学生選抜~」という展覧会に出展されていました。
 蕗の薹は言うまでもなく春を告げる花です。
 学生時代、福島で暮らしており春になると祖母や大家さんが蕗の薹をくれました。湯がいて食べましたが、まだ大人でなかったのであの独特な香り、苦みを理解できす、食べきれなった思い出があります。

夢
 次に「夢」です。
  奥村美佳の作品の魅力は、自然への憧憬、雄大な心象風景そしてどこか懐かしく、大きなものに見守られているような安ど感を感じます。燃え上がるように咲く桜は至高の美は大自然の中にあることを教えてくれます。
 次回は同年代の男性画家を紹介します。

山本太郎 花下遊楽図

 今回は春らしく、楽しげな山本太郎氏の「花下遊楽図」を紹介します。
 なお、国会議員の方とは別人です。

花下遊楽図
 
 桜の下で演奏する美女と舞う少女がかわいらしく楽しい作品です。

 最近息子(4歳)はMステにAKBや乃木坂がでてくるとがん見してます。 私自身、美女や美少女が舞い踊る姿を見ると、ギスギスした気持ちが晴れます。この作品は近頃のアイドルブームを反映したみたいですね。

 山本太郎氏は、能等の古典の世界を現在風にユーモアを交えた解釈した作品が多く、見て楽しいです。
 今、私が一番見たい絵画は、琳派400年とスーパーマリオ30周年を記念し、マリオとルイ―ジを風神雷神として描いた屏風です。
次の作品もどうぞ!
羽衣バルーン屏風

龍口経太 白虎

 千駄ヶ谷にある佐藤美術館では「25人の作家たち ~佐藤国際文化育英財団25周年記念奨学生選抜~」という展覧会が3月5日まで開催されており、このブログで推している画家、龍口経太と山本大貴の作品も2作品ずつ展示されています。嬉しいことに絵葉書も販売されていたので、今回は龍口経太の「白虎」を紹介します。

2017年01月29日21時09分39秒0001

 今日本で一番官能的で神々しい女性を描く画家といえます。この作品は白いランジェリーから透ける肌が官能的ですが、うねる白髪に注目です。絵葉書をスキャンしたものなのでいまいち伝わりづらいですが髪の美しさ、躍動感は逆に畏れという感情が湧き立つくらいです。白虎は邪を追い払う神でもあります。意思をもつ別の存在のような白髪は邪をからめとり、浄化してくれそうです。

 他の作品もですが、龍口経太の描く女性は官能さよりも意思を持った存在のような髪の描写に注目です。古今東西「髪」は霊力が宿るものですが、龍口経太の作品が放つ神々しさは髪の描写にあると思っています。
 この展覧会には「畏界」という作品があります。この作品は天空に浮かぶ門の両脇から龍のように蠢く立ち木を描いた作品です。龍のような立ち木もこの画家が好んで描くモチーフのようです。このブログで紹介している次の作品もどうぞ!

「操り人形」
「無題」
「髪 焔(習作)」

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)