FC2ブログ

セガンティーニ 風笛を吹くブリアンツァの男たち

 日曜日に国立西洋美術館に行きました。世界陸上が開催中ということもあって、円盤投げの彫刻が特に素晴らしく感じました。さて、国立西洋美術美術館の常設展示には、現在セガンティーニの絵が展示されています。

風笛を吹くブリアンツァの男たち

 絵のタイトルは「風笛を吹くブリアンツァの男たち」です。ブリアンツァはスイス国境に近い北イタリアの地方の街です。歩行器に入れられた赤ちゃんが不思議そうに笛を見ているところが可愛らしく、とてもピースフルな作品です。笛の音、ヒヨコの鳴き声、牛の鳴き声等が合わさって、「イッア スモールワールド」の中にいるような気分になりました。でもヒヨコ多すぎ。。。

 セガンティーニはスイスの風景を鮮やかに描いた画家(「アルプスの真昼」が有名)というイメージしかなかったのですが、調べてみると初期は今回紹介した古典派、後期は印象派な作品を描き、一方で「生の天使」のような象徴派な絵を描いてます。次回はモーリス・ドニ。同じく国立西洋美術館で展示中の作品です。ではまた!!
スポンサーサイト



山本大貴 Ray at 3:00pm(cloudy)

 夏休みは今日が最終日。昨日は鎌倉に行きました。
 さて、前回は展示室右側だったので、今回は展示室左側の作品を紹介します。
 山本大貴の作品は現在4点展示されています。うち、2点は今回の企画展示を展示しているギャラリー1に展示されており、今回は「Ray at 3:00pm(cloudy)」を紹介します。

Ray at 3:00pm(cloudy)
 
 まわりの風景はぼかし、薔薇を強調したところが従来の静物画(少なくとも私が今まで見た作品)ではあまり見ない表現です。それゆえ薔薇の鮮やかさが鮮明です。美術館のHPによると、今回の展覧会の見所の一つは、「薔薇の静物画を見比べる」ですが、表現力の点でこの作品が一番良いです。
 曇り空で何となくけだるいという雰囲気からか、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」が聞こえてきました。この画家の作品は、瞬時に音楽が聞こえます。この感覚は他の画家の作品では感じないです。
 山本大貴はゲームソフトの会社をえて画家になった経歴を持ちます。そのため、現実と非現実が合わさったヴァ―チャルな表現が他のどの画家よりも長けていると思います。そのため、そこにはない音を感じるのかもしれないです、また人物画も一見彫刻のような人物なのに、心があるのでしょう。

 このブログで紹介している山本大貴の作品は次の通りです。合わせてご覧ください
Composition-50(こちら
Light Music!(こちら
waitimg(こちら
Daylight call(こちら
Ray at 2:00pm(こちら
静寂の声 still voice(こちら

歌川国芳 道外化けもの夕涼み

 熱さはピーク。寝苦しくて寝不足気味です。。。夏休みまであと2日。。。。。
 夏と言えば怪談。怖い話を聞く、怖いものを見るで涼しくなることもあるので、歌川国芳の「道外化けもの夕涼み」を紹介します。

道外化けもの夕涼み

 歌川国芳といえば、「奇想の絵師」。化け物・幽霊を描いた浮世絵は多々ありますが、この絵は化け物をユーモラスに描いているところが、歌川広重や葛飾北斎と違い、スターウォーズの一場面を連想します。
 右端のおっさん丸出しな青い化け物と鼻毛の長い真ん中の白い化け物の造形が笑えます~

 この浮世絵はまた、歌川国芳の魅力の一つである動物も化け物とした描かれています。真ん中あたりの子犬のキモ可愛さがよいです。左上にはぶんぶく茶釜もいます。この浮世絵は奇想と動物の愛らしさという歌川国芳の魅了が凝縮で一番のお勧めです。

 葛飾北斎や歌川広重は偉大な浮絵師ですが、その弟子となるとあまり有名でないです。
 しかし歌川国芳はこのブログで良く紹介する月岡芳年、河鍋暁斎等を門弟に抱え、孫弟子を含めたらその後の日本美術史上に名を残す画家を生んだところが偉大です。現在太田記念美術館ではその弟子のひとり歌川芳艶の展覧会が開催中。土曜日に練馬区立美術館に行った後この展覧会に行きましたが、目の前で火が燃え、雷が飛び出す重厚かつ迫力のある武者絵は必見です。
 次回は渋谷区の千駄ヶ谷にある鳩森神社についてです。ではまた~

このブログでは次の作品も紹介しています。
「坂田怪童丸」(こちら
「山海愛度図会 ヲゝいたい 越中滑川大蛸」(こちら
「流行猫の曲手まり」(こちら
「道外化けもの夕涼み」(こちら
「みかけハこハゐがとんだいい人だ」(こちら

よろしければクリックをお願いします

山下清 長岡の花火

 夜になると都内各所の花火大会の音が聞こえる季節です。帰りの電車で今から花火大会の浴衣姿の女子を見ると、その姿が可愛らしいので得した気分にあります。そこで今回紹介するのは山下清の「長岡の花火」です。

長岡の花火

  山下清の作品で一番有名な作品です。
 この絵は花火だけでなく、観客の声、水面に映る花火等会場全体が描かれているので、臨場感があり写実的です。気がつけば目の前で花火が打ちあがってる気分になるのがこの作品の良いところです。
 山下清は花火が大好きで花火を見に放浪し、帰宅後驚異の記憶力を駆使して名作を次々に作成したそうです。ドラマでは放浪先で貼り絵をしてますが、あれは嘘だそうです。

 前回に引き続き、ある年代の方にしかわからない話ですが、山下清の物まねは、日曜9時のフジテレビで裸の大将放浪記を見たことがある世代の人にとってはジャイアント馬場並みに鉄板だと思います。それくらいみんな真似され、愛されている画家は岡本太郎くらいでしょう。ではまた!

次の作品もどうぞ!!
桜島
ぼけ

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (335)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (14)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)