FC2ブログ

歌川国芳 道外化けもの夕涼み

 熱さはピーク。寝苦しくて寝不足気味です。。。夏休みまであと2日。。。。。
 夏と言えば怪談。怖い話を聞く、怖いものを見るで涼しくなることもあるので、歌川国芳の「道外化けもの夕涼み」を紹介します。

道外化けもの夕涼み

 歌川国芳といえば、「奇想の絵師」。化け物・幽霊を描いた浮世絵は多々ありますが、この絵は化け物をユーモラスに描いているところが、歌川広重や葛飾北斎と違い、スターウォーズの一場面を連想します。
 右端のおっさん丸出しな青い化け物と鼻毛の長い真ん中の白い化け物の造形が笑えます~

 この浮世絵はまた、歌川国芳の魅力の一つである動物も化け物とした描かれています。真ん中あたりの子犬のキモ可愛さがよいです。左上にはぶんぶく茶釜もいます。この浮世絵は奇想と動物の愛らしさという歌川国芳の魅了が凝縮で一番のお勧めです。

 葛飾北斎や歌川広重は偉大な浮絵師ですが、その弟子となるとあまり有名でないです。
 しかし歌川国芳はこのブログで良く紹介する月岡芳年、河鍋暁斎等を門弟に抱え、孫弟子を含めたらその後の日本美術史上に名を残す画家を生んだところが偉大です。現在太田記念美術館ではその弟子のひとり歌川芳艶の展覧会が開催中。土曜日に練馬区立美術館に行った後この展覧会に行きましたが、目の前で火が燃え、雷が飛び出す重厚かつ迫力のある武者絵は必見です。
 次回は渋谷区の千駄ヶ谷にある鳩森神社についてです。ではまた~

このブログでは次の作品も紹介しています。
「坂田怪童丸」(こちら
「山海愛度図会 ヲゝいたい 越中滑川大蛸」(こちら
「流行猫の曲手まり」(こちら
「道外化けもの夕涼み」(こちら
「みかけハこハゐがとんだいい人だ」(こちら

よろしければクリックをお願いします
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (225)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (171)
江戸以前 (1)
江戸 (18)
浮世絵 (39)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (340)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (10)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)