FC2ブログ

調神社 埼玉県さいたま市

 GWに埼玉県さいたま市にある調神社(つきじんじゃと読みます)をお参りしました。

 この神社は狛犬様の代わりに狛兎様がいらっしゃります。

境内1

 社名の「調」は「貢(みつぎ)」に同じで、調物(=貢物)を納めるための倉が古代建てられたことに由来する。また、読みは斎宮(いつきのみや)に由来するという説もある。その音から「ツキ」に恵まれる神社として信仰される。調が月と同じ読みであることから月待信仰と結びつき、兎を神使とみなす兎信仰が行われるようになったそうです。(Wikipediaから引用)

境内2

 江戸時代の幹線道路、旧中山道に面しており、多くの旅人を見守ってきた狛兎様です。あと、この神社のもう一つの特徴は鳥居がないことです。

境内3

 手洗舎に龍を配することが多いですが、もちろん兎です。

境内4

 神社の社殿には獅子、獏、龍の彫り物を配してますが、当然うさぎの彫刻もあります。

境内5
 
武蔵野の台地を飛び跳ねる様が微笑ましいですね。

境内6

社殿の右斜め後ろあたりにある旧本殿です。こちらにも兎の彫刻がありました。

境内9

神池です。ウサギと亀の取り合わせが微笑ましいです。

境内8


御朱印

 御朱印です。右上の兎の印がポイントです。「つき」という名称に縁起のよさを感じさせます。緑豊かで清々し神社です。この神社がある浦和界隈は美術館もあるので展覧会のあとお参りするのも良いですね。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (225)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (171)
江戸以前 (1)
江戸 (18)
浮世絵 (39)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (340)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (10)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)