fc2ブログ

瑞輪寺 台東区谷中

 1月3日に寛永寺をお参りし、築地塀が有名な観音寺をお参りした後、瑞輪寺をお参りしました
(小さい画像はクリックすると拡大します。)
瑞輪寺1
 
 日蓮宗のお寺の紋は橘ですが、葵の御紋が掲げられています。
 このお寺が徳川家康の学問の師であった日新上人が徳川家康の寄進により創建したからだと思います。

 瑞輪寺2

 江戸市中にある日蓮宗のお寺の中では格式が高かったことを物語るような堂々とした本堂です。

瑞輪寺3

 最大の見どころは彫刻です。マーブルコミックを見ているような迫力と重厚な龍は必見です。雲を呼び嵐をおこしそして恵みをもたらしそうな勢いの龍や獅子、正月からいいものを見ることができました。


瑞輪寺4 瑞輪寺5

 このお寺は江戸十大祖師(江戸市中の十ヶ寺に奉安されたお祖師様(日蓮聖人)の巡礼)の一つ、安産飯匙の祖師で有名です。この巡礼をする方々は最近増えているらしいです。

 左が安産飯匙の祖師様です。右が祖師堂の内部です。冬なので祖師様は頭巾をされとても暖かそうです。
 御首題を頂くことはできますが、御朱印も頂くこともできるようです。(祖師堂に案内の張り紙があった)
しかし、お墓参りの檀家で賑わっていること、御首題用の朱印帳がなかったので頂くのは次の機会としました。
次週は最終で日蓮宗のお寺、大円寺を紹介します。

全生庵(こちら
寛永寺・観音寺はこちら
大円寺はこちら
スポンサーサイト



窓に立つカミーユ・モネ モネ

 親子三人の生活が始まり2週間。抱っこという力仕事が増えたせいか身体が引き締まってきた感じがします。
 「冬景色」をテーマにしたシリーズの最終は「窓に立つカミーユ・モネ」です。

2013年01月04日23時06分29秒0001
 
 大学生の頃は、雪国に住んでました。夕方から夜にかけて空が暗くなるにつれて雪の白い輝きが増していき、深夜には静寂と清らかな白い光に囲まれた世界になります。そんな風景が大好きでした。

 モネもそのことを知っていたのでしょうか?薄暗い部屋から見える雪は静寂と清らかな白い光を放ちます。そして赤い頭巾は縛れる寒さを和らげます。
 
 印象派の作品は光にこだわっているから春から夏の光が満ちた風景を描くことが多いと思いきや、冬景色を描いた傑作もあるようです。

このブログでは次の作品も紹介しています。
かささぎ
戸外の人物習作(右向きの日傘の女)
「睡蓮の庭」
「チャ―リング・クロス橋」
「サン・ラザール駅」
「ヴェトゥイユの画家の庭」 

山下清 桜島

 日本橋三越では14日まで山下清の展覧会を開催しているので、会社帰りに行きました。
 山下清が子供のころ書いた昆虫の絵、晩年に描いたペン画のシリーズ「東海道53次」がすばらしかったです。

 貼り絵以外の作品も展示し、子供時代から晩年までの作品を時系列に展示した充実の展覧会のなかで特に推すのが「桜島」です。

桜島

 冬の桜島を描いた作品で画面の左側の山は霧島です。
 鹿児島は3回ほど行ったことがありますが、桜島の雄大さは富士山の優雅さとちがった魅力があります。桜島を借景にした磯庭園は京都・東京の名庭園に負けてません。奄美から鹿児島へ向かう船から見た桜島の景色も素晴らしかった!!

 桜島というと天高く吹きあがる噴煙と雄々しい溶岩ですが、雪をかぶった姿は意外な美しさ。澤選手の和服姿を見るようです。この美しさに気付き、作品にした山下清はやはり天才です。

 このブログではほかにも次の作品を紹介しています。あわせてご覧ください。
 「ぼけ」
 「長岡の花火」

池袋御嶽神社・稲荷大明神と四面塔

 昨年の12月24日に池袋駅周辺の神社をお参りしました。まずは池袋御嶽神社です。
 この神社は池袋西口一帯の氏神様です。余談ですが、池袋は西武デパートと東武デパートがあります。しかし、東口にあるのは西武デパート、西口にあるのが東武デパートです。

 P1010332.jpg

 神社は初詣に向けて準備をしていました。この鳥居をくぐると狛犬様ならぬ、狛フクロウ様がいらっしゃります。

P1010331.jpg

 フクロウは不苦労という漢字をあてることができます。ふくろうを模した縁起物も販売されています。
 ふくろうは豊島区のシンボルで豊島区の池袋周辺の寺社にはこのような狛ふくろう様がいらっしゃることが多いです。ちなみ、池袋駅東口ある法明寺(雑司ヶ谷鬼子母神を擁するお寺)の境内にもいらっしゃります。
 
P1010335.jpg

 池袋西口という繁華街の鎮守ということで、寄付に訪れる氏子の方々を多く見ました。こういう風景を見るとこの神社がいかに地域の方に大切にされているかが伝わります。

ご朱印

 御朱印です。この神社の御朱印は大変美しいです。
 続けてお参りしたのは池袋駅東口にある稲荷大明神と四面塔です。

IMG_1261.jpg

IMG_1260.jpg

 上が稲荷大明神で下が四面塔です。
 お稲荷様は朱色の祠ですが、日蓮宗のお寺である法明寺(こちら)が管理してるせいか、龍を配した重厚な祠です。
 
 この祠のいわれは凄惨です。江戸時代に起きた大量無差別殺人の犠牲者を供養するために建てられました。
 池袋は、戦犯が処刑された巣鴨プリズンの跡地であるサンシャイン、そしてこの四面塔があるので負のパワースポットとして紹介されることもありますが、街の賑わいをみていると祟神も正しく祀れば福の神になるようです。次回も池袋周辺の神社とお寺です。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (272)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (10)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)