FC2ブログ

ブリューゲル 鳥罠のある冬景色

 前回に引き続き、ソチオリンピックな気分の作品です。
 前回は冬季オリンピックの華、フィギュアスケートを連想する作品でしたが、今回はスケート、ホッケー、カーリングを描いたブリューゲルの「鳥罠のある冬景色」です。

2014年01月26日21時43分05秒0001

 フランドルの冬景色を描いた作品です。凍りついた川でスケート、ホッケー。カーリングを楽しみ人々を描いています。ブリューゲルといえば見ていて楽しくなる作品ですが、一方で享楽的な気分を戒めるようなこともしのばせます。この作品では画面の右側に罠にかかった鳥を描いて、油断禁物という教訓も描いています。

 スケートのスピード感は陸上競技より迫力があるから好きです。
 ホッケーは、幼稚園の頃近所のアパートに日大ホッケー部の部員が下宿していて、いらなくなったパックをくれた記憶があります。見ていてこれほど血沸き肉踊る競技はないです。
 そして、カーリング。カーリング女子の選手は銀行員でもあります。金融機関に勤めているので自分の会社からオリンピック選手をだしたかのような親近感です。油断禁物でいい結果がだせるといいですね!!

「野外の農民の婚礼の踊り」という作品も紹介しています(こちら
スポンサーサイト



ルノワール バレリーナ(踊り子)

 ソチオリンピックが間もなく開幕するので、今週はソチオリンピックの応援気分が高まるよな作品を紹介したいと思います。まずはルノワールの「バレリーナ(踊り子)」です。

踊り子

 第一回印象派展への出品作として知られています。ルノアールといえばあどけない少女を描いた作品が多いですが、この少女は鍛え抜かれた、踊り子の矜持がみなぎってます。

 なぜこの作品とソチオリンピックとどう関係するかというと、冬季オリンピックの華といえばフィギュアスケートです。フィギュアスケーターは氷上の踊り子だからです。
 そういう目でみると、この作品の少女は演技前に闘志がみなぎるような、演技時に放つ美のオーラをためてるような緊張感が漂います。フィギュアスケーターをほうふつとさせる作品としてこのブログでは山本大貴氏の「Composition-50」という作品もあります(こちら

 今回のオリンピックでも日本人選手がメダルをとれるといいですね。ではまた!!

 このブログではルノワールの次の作品しています。
「団扇を持つ若い女」(こちら
「プージヴァルのダンス」(こちら
「ガーンジー島の子ども達」(こちら

歌川広重 上野清水堂不忍ノ池 上野山内月のまつ

 先週の金曜日に上野東照宮をお参りした後に、清水観音堂もお参りしました。
 さて、清水観音堂は昨年12月に歌川広重の名所江戸百景に描かれたころで有名な「月の松」が復活しました。そこで今回紹介するのは歌川広重の「上野清水堂不忍ノ池」と「上野山内月のまつ」です。

2014年1月22日21時29分17秒

 名所江戸百景は四季毎の江戸の名所を描いた連作で歌川広重の傑作です。こちらは春の月の松を描いた「上野清水堂不忍ノ池です。
 清水観音堂は寛永寺のお堂の一つです。その寛永寺は比叡山を模し、不忍池は琵琶湖に見立てています。現在では想像力を駆使しないと実感できませんが、この作品を見ると納得します。

2014年1月22日21時33分17秒
 
 「上野山内月のまつ」です。秋の風景です。
 この作品は大胆で斬新な構図で知られていますが、良く言えば、、、いまどきならど根性松といわれそうな、悪く言えばひねくれた松は存在するのか???と思ってましたが、先日存在することが分かりました。それが下の画像です。

P1010811.jpg

 現在に復活した月の松です。弁天堂が円の中に収まるように配置されています。今は冬で桜の葉が散っているため弁天堂がよく見えます。春は桜が円の中に収まると思われます。浮世絵に描かれた風景が復活するのは浮世絵好きとしては嬉しいです。ではよい週末を!!
(清水観音堂の秋の風景の記事もどうぞ

歌川広重の次の作品もどうぞ!!
「亀戸梅屋敷」
「亀戸天神境内」

上野東照宮 台東区上野公園

 17日の金曜日は胃検診のため、上野に行きました。検診は思ったより早く終わったのでちょっと寄り道して改修が終了した上野東照宮と清水観音堂をお参りできました。今回は上野東照宮です。
(小さい画像はクリックすると拡大します)

P1010789.jpg

 創建当時からある鳥居です。この鳥江戸を襲った大地震、上野戦争etcと様々な災害にもびくともしなかったそうです。こういう建造物には私はパワーを感じます。
 
P1010795.jpg

 徳川家康公を祀る神社なので狛犬様も堂々としてます。(神社界の百式だ!!と思ったのは私だけでないはず)

P1010796.jpg

 唐門です。改修工事を終え重厚にそして華やかになりました。ちなみに社殿を拝観するためには拝観料が必要です。

P1010797.jpg

 唐門と五重塔です。このような景色は都内では唯一。私の中ではベストショットです。

P1010798.jpg

 社殿です。改修前はこういってはなんですが、遺跡を見ているような感じでしたが、いまや日光東方宮並みです。
 華やかな社殿といえば、根津神社、金王八幡、神田明神ですが、華やかさは群ぬいて1位といってもよいです。

P1010802.jpg

P1010803.jpg P1010804.jpg

 社殿にしつらえた彫刻等も華やかさを一層引き立てます。上1段目は社殿右側、2段目左は唐門、右は社殿正面です。

御朱印

 御朱印です。こちらの神社は書置きのを頂けます。
 上野東照宮といえば寒牡丹。今が見頃ですが今回は時間の都合により省略したので、過去記事をご覧ください(こちら)

 「東照宮」は次の記事もどうぞ!!
日光東照宮
久能山東照宮
芝東照宮

上野公園にある輪王寺 両大師堂の記事もどうぞ

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (335)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (14)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)