FC2ブログ

清正公(覚林寺) 港区白金台

 4月6日は春の嵐でしたが、六本木ヒルズの美術館で開催されてるアンディー・ウォホールの展覧会に行き、その後
覚林寺と高野山東京別院をお参りしました。
 今回は覚林寺を紹介します。小さい画像はクリックすると拡大します。

P1010863.jpg P1010864.jpg

 覚林寺は、日蓮宗の寺院ですが、加藤清正の位牌や像が祀られていることから清正公と呼ばれています。そのため、山門には「清正公大神儀」とい札が掲げられ、山門と山門をくぐって正面の清正公堂には加藤清正の紋である「蛇の目」が掲げられています。

P1010868.jpg

 このブログでは日蓮宗のお寺は彫刻が見事と紹介します。その最高峰は柴又の帝釈天(こちら)ですが、勇壮さ・重厚さではこのお寺が勝っています。

P1010866.jpg

 特に扁額の「破魔軍」という文言と額の周りをうごめく龍の重厚かつ勇壮な様が素晴らしい!!

P1010865.jpg P1010869.jpg

 加藤清正は武勇の誉れ高い武将であることをしのぶように勇壮な彫刻がお堂を取り巻きます。

P1010872.jpg

 その様は加藤清正の位牌や像を守る軍団のようです。

P1010870.jpg

 清正公堂内の位牌や像をお参りすることも可能です。内部も見事な彫刻が配されています。このお堂は木造・土蔵をうまく組み合わせた様式です。加藤清正は熊本城を築城した、高名な建築家であったこともしのばれます。

 P1010887.jpg

 御首題です。ポイントは蛇の目です。

 覚林寺御朱印
 
 続いて御朱印です。「加藤清正がいるぞ!」という意味の文字を書いたお札を玄関に張ると、災いがビビって退散するという風習があるらしいです。もしそれが本当なら、この御朱印は魔よけになります。
 同じく加藤清正を祀る中央区にある清正公寺の記事もどうぞ!次回は高野山東京別院です。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (225)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (171)
江戸以前 (1)
江戸 (18)
浮世絵 (39)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (340)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (10)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)