FC2ブログ

本所深川稲荷巡り3 芭蕉稲荷と正木稲荷

 職場はかつて本所深川と呼ばれていた地域にあります。
地下鉄新宿線の森下駅から住吉駅を境に墨田区側が本所、江東区側が深川になります。日が明るいうちに帰れる日は、本所深川界隈のお稲荷様をお参りしています。 そこで、しばらくの間、本所深川稲荷巡りというシリーズを続けます。ちなみにいままで紹介したお稲荷様は次の2社です。

本所深川稲荷巡り 繁栄稲荷神社(こちら
本所深川の稲荷巡り2 白笹稲荷神社(こちら

 本所深川は史跡も多いので下町巡りのメッカといっても過言ではありません。その史跡の一つは芭蕉庵です。
IMG_0581.jpg IMG_0553.jpg

 左の画像は地下鉄森下駅の改札口です。様々な画家が描いた松尾芭蕉の肖像画が飾られています。
 右の画像は森下駅から今回紹介する芭蕉稲荷と正木稲荷神社に向かう道中の路地に咲いていた花です。撮影時期は5月でこれは時計草の花です。下町の街並みの特徴は路地に様々な花が咲いていることです。

IMG_0547.jpg

 芭蕉稲荷は江東区常盤に鎮座するお稲荷様です。大正6年の津波来襲の後、芭蕉が愛好したといわれる石造の蛙が発見されたことにちなみ創建されました。近くには江東区芭蕉記念館分館もあります。

IMG_0548.jpg

 この神社は芭蕉庵があった場所なので史跡として指定されています。お稲荷様もいらっしゃりますが、蛙様もいらっしゃります。

IMG_0549.jpg
 
 正木稲荷は芭蕉稲荷の斜め向かいにあります。江戸時代にはすでにこの地にあったそうです。
 おできを治す御利益があるそうです。下町のお稲荷様はこのように小さいながらも御利益があるお稲荷様もあります。
 
IMG_0552.jpg IMG_0550.jpg

 2つのお稲荷様の近くは隅田川を臨むテラスがあります。左は川下、右は川上を写したものです。 隅田川はこの辺り(橋でいえば新大橋と清澄橋の間)で蛇行しており大河のような趣です。では1週間がんばりましょう!!次回は江東区森下界隈のお稲荷様です。
スポンサーサイト



セガンティーニ 生の天使

 前回の記事で午前半休をとった話をしましたが、理由は息子の1歳半検診で保健所に行ったからです。
 かみさんの代わりに行きましたが、案外お父さんと一緒に受診している赤ちゃんも多いです。泣く子、ばたばた動き回る子等いろいろですが、いづれの赤ちゃんも愛情を受けているのが分かります。
 そこで今回紹介する作品はセガンティーニの「生の天使」です。

 生の天使

 セガンティーニはイタリアで生まれ、スイスに移住した画家です。
 同時代の画家にミュシャとクリムトもいます。この二人と交流があったかどうかはわかりませんが、この絵は金色を使用し、装飾的なところはこの両者に似ています。
 また、スイスの国民的画家と言われているアンカーも同時代の画家です。共通点は2人ともミレ―に憧れていたところです。
 
 セガンティーニは幼いころ母親を亡くし、父親が蒸発と言う不幸な幼少時代を過ごしたそうです。そのためこの絵のような「母恋し」というテーマの絵を多数描いており、画風が古典派的→印象派的→象徴派的に変遷しても一環としたテーマとなっています。一方で親に捨てられたという意識(恨み?)から、「悪しき母達(嬰児殺し)」という、この絵とは真逆の絵も描いてます。
 
 いづれの赤ちゃんも愛情を~と冒頭に描きましたが、それならラファエロ例やモーリス・ドニを紹介すればいいのにとお思いの方もいらっしゃると思います。
 禍々しい木が世間の荒波のように見えます。この作品はどんなにつらくても子供は守るという意思も伝わる作品です。ここ最近子供がらみの痛ましい事件があったのであえてこの作品を紹介してみました。 では良い週末を!!
 
こちらの作品もよろしければどうぞ!!
「アルプスの真昼」
「風笛を吹くブリアンツァの男たち」

霊厳寺 江東区白河

 20日の金曜日は午前休暇を取りましたが、時間が余ったので江東区白河にある清澄庭園と霊厳寺をお参りしました。
小さい画像はクリックすると拡大します。なお、予告ですが、しばらくの間寺社ネタは江東区界隈の記事が続きます。

IMG_0620.jpg IMG_0619.jpg

 寺社巡りもよいですが、庭園巡りは四季折々の花々を楽しみ事ができること、大都会のど真ん中で森林浴を楽しめるから結構好きです。清澄庭園の魅力は全国から集めた名石を配置していることですが、6月は画像のように菖蒲とアジサイが見事です。
 
 IMG_0618.jpg

 清澄庭園近くにある「旧東京市営清澄庭園店舗向住宅」です戦前に建てられた建築群です。江東区は開発に次ぐ開発で古い建物は軒並み姿を消していますが、この一角は奇跡的に下町情緒を残しています。

 IMG_0614.jpg
 
 清澄庭園とは道路を挟んで向かいあう場所に霊厳寺があります。
 お寺がある「白河」という地名は松平定信公のお墓があることにちなみます。

IMG_0611.jpg
 
 このお寺は江戸6地蔵の第5番です。私がお参りした他のお地蔵様の中では一番緑豊かで爽やかなお地蔵様です。

IMG_0612.jpg
 
 5月はつつじに囲まれるお地蔵様ですが、この季節はアジサイに彩られています。

 霊厳寺 IMG_0615.jpg

 御朱印です。御住職不在時は書置きのものを頂くことができます。また、御本尊の御朱印もあります。
 どの地域にも寺が集まっている「寺町」はありますが、江東区では白河、三好、平野界隈が寺町になります。右の画像は霊厳寺の正面にある長専院の「出世不動」様です。唐子をあしらったお堂はこころなしか和みます。ちなみにこのお寺では御朱印を頂くことができるらしいことを後日知りました。ではよい1週間を!!

牛天神 文京区春日

 日も長い季節です。たまに明るいうちに帰宅することもあるのでそういう日は途中下車して散歩をします。
 6月のある日、三田線春日駅を途中下車して、文京区春日にある源頼朝ゆかりの古社、牛天神をお参りしました。

IMG_0573.jpg
 
 撮影時間は18時過ぎ。社殿は閉まっています。常夜灯は灯りがついています。夕方の夜でもなければ昼でもない不思議な時間帯の神社は心なしか非現実な空間にいる気分になります。

 牛天神境内

 ちなみに春先はこんな感じ。天神様を祀っているので梅の名所でもあります。
PB060062.jpg

 秋はこんな感じ。菊祭りを毎年開催しています。

IMG_0575.jpg

 この神社は貧乏神を祀っていることで有名で、次のような話があります。
~江戸時代に小石川にある旗本が住んでいて、不幸はなくとも貧乏であったが、ある晩夢の中に貧乏神が現れ、「長い間居心地がいいのでこの家にいたが、このたびよそへ移ることにした。赤飯と油揚げを供えて祀れば礼として福徳を授ける。」とあり、その通りにすると万事よいことづくめで豊かになった~(文京区のHPから引用)
 この旗本が祀った神社がこの太田神社・高木神社です。悪い神様でも大切に祀れば福をもたらすという良い例です。
 貧乏神の正体は暗闇天女という弁財天の姉だそうです。こういう名前のレディースいそうですね。

IMG_0574.jpg IMG_0576.jpg

 境内に咲いていたアジサイと庚申塔です。文京区春日・小石川界隈は町工場・長屋と豪邸が混在する、下町情緒と山の手情緒が混在する街で4年ほど前まで住んでいましたが、今では情緒ある風景は残りわずかです。東京に外国の観光客をさらに増やしたければ古き良き日本の街並みを残すべきです。

牛天神

 ピンボケで恐縮ですが、御朱印です。噂によると貧乏神で有名な太田神社・高木神社の御朱印も頂くことができるらしいです。近隣のお寺の記事もどうぞ!

慈眼院澤蔵司稲荷
傳通院
源覚寺(蒟蒻閻魔)

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)