fc2ブログ

東禅寺 台東区東浅草

 8月28日の午前中、荒川区南千住にある素盞雄神社をお参りした後、円通寺、延命時をお参りした後、台東区東浅草をおマイ視しました。

P1010998.jpg

 南千住から東禅寺がある台東区東浅草一体がいわゆる「山谷」です。明日のジョーの舞台としても知られます。
 最近は日比谷線に乗れば六本木、秋葉原、上野といった観光地へ乗り換えなしで行けて成田の玄関日暮里も近いことからドヤ街はバックパッカーの街になっているそうです。

東禅寺

 このお寺は江戸6地蔵の一つであります。このお寺の近所はいわゆる「吉原」あり、小さな町工場ありと同じく台東区にある浄名院とは違った趣の場所にありました。

モネ サン=ラザール駅

「オルセー美術館展 印象派の誕生—描くことの自由— 」はモネの作品も多く展示されていますが、今週末から3連休が2旅行に出かける方も多いと思います。そこで旅行で鉄道を使うことも多いので、モネの「サン=ラザール駅」を紹介します。

2014年08月29日15時46分10秒0002

 サン・ラザール駅はフランス最初の鉄道の発着駅だそうです。
 モネの作品は「水連」を始め連作が多いですが、この「サン・ラザール駅」もその一つです。印象派の画家達は近代の象徴として好んで鉄道を描いたそうですが、ただ単にいわゆる「鉄」だったのかなとも思います。(モネも一人の男性。乗り物好きという男性ならではの感覚はあったかも。)

 光を浴びて輝く蒸気が魅力的な作品です。
 駅と言う場所、特に長距離列車が発着するホームはこのわくわく感が満ちています。(なかには出張でぐでぐでな方もいるかもしれませんが。。。。)個人的には、光を浴びて輝く蒸気の描写もさることながら、これから旅行!!というわくわく感がこの作品のいいところです。

 また、この絵を見ていると小学生の頃の東北新幹線開通前の上野駅を思い出します。上野動物園や科学博物館より上野駅を発着するL特急を(帰りは東京駅でブルートレインを見る)見るのが好きでした。ちなみに下はナショナルギャラリーが所蔵する作品です。

サン・ラザール駅

 こちらは蒸気機関車の重量感と煙の軽さの対比がきもな感じがします。
 今回の展覧会に展示されていたモネの作品では「草上の昼食」も目玉の一つですが、以前このブログで紹介した「かささぎ」と再開したのが嬉しかったです。また、「死の床のカミーユ・モネ」は最近身内で不幸があったので特に心に染みました。オルセー美術館の大盤振る舞いといってもよいこの展覧会でした。来週もこの展覧会で見た作品をします。ではまた!

このブログで紹介した主だったモネの作品もどうぞ!!
散歩、日傘をさす女性
睡蓮の庭
カササギ

エドゥアール・マネ 笛吹く少年

 8月28日に国立新美術館で開催中の「オルセー美術館展 印象派の誕生—描くことの自由— 」に行ったので、展覧会の目玉であるマネの「笛吹く少年」を紹介します。

2014年08月29日15時46分10秒0005

 この作品が印象派絵画に与えた影響、浮世絵から受けた影響については、専門家ではないので省略しますが、同時代の作品と比べてみると、一見のっぺりとしたこの作品が画期的であることが分かります。

 展覧会の目玉は会場の奥にあることが多いですが、この作品は展示室に入ってすぐの場所に展示されていました。
 この作品の凄さはどの角度から見ても少年の視線を感じることです。背景がなくどういう状況なのか分からないせいか、いろいろ考えている内にいつの間に作品の中に取り込まれるよな錯覚を覚えます。

 この展覧会に展示されていたマネの作品では「夫人と団扇」という作品もお薦めです。先日紹介したモネの「ラ・ジャポネーズ」をマネが描いたといったも過言でない作品で、マネとモネがお互いに影響し合っていたのがよくわかります。ではよい1週間を!!

素盞雄神社 荒川区南千住

 8月28日の午前中、荒川区南千住にある素盞雄神社をお参しました。 荒川区の神社を訪れたのは今回が初めてです。

P1010993.jpg
 
 この地に鎮座して1200年以上の古社です。お参りした日は雨でしたが雨にぬれた社殿は重厚にそしてしっとりとした威厳があります。

P1010994.jpg

 荒ぶるイメージがある素盞雄大神・牛頭天王・飛鳥権現を祀る神社だけに狛犬様も勇壮です。
 この神社の手洗舎の水は湧水で飲料可能です。気持ち硬めのまさに東京の水でした(東京の湧水は日本では例外的に硬めらしいです)

P1010992.jpg

 子育ての銀杏です。子育て真っ最中なので「子育て」に御利益がある神社に魅かれます。今回この神社をお参りした理由の一つです。

P1010989.jpg

 富士塚です。祭神(牛頭天王・飛鳥権現)が降臨した瑞光石を祀っています。

P1010991.jpg

 この神社の富士塚の特徴は「蘇民将来」という護符が周りにあることです。
 ちなみにこの神社は荒川区ではもっとも広い氏子区域を持ちます。

P1020007.jpg

 御朱印です。神主様が気さくな方だったのとても気持ちよくお参りができました。このあと近辺のお寺をお参りしたのち
 東浅草にあり東禅寺をお参りしました。このことは次週紹介します。では良い週末を!!

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (448)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (11)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)