FC2ブログ

ホドラー 真実 第2ヴァージョン

 現在、国立西洋美術館ではホドラーの展覧会が開催されていますが、国立新美術館のチューリッヒ美術館展でもこの画家の作品は展示されていました。今回紹介するのは「真実 第2ヴァージョン」です。

2014年10月21日22時05分28秒0001

 会場にある解説によると、男たちは「悪」の象徴だそうです。 男達は悪事を重ねた苦しみからのたうちまわっているようにも見えますが、許しを請う姿にも見えます。中央の女性はその苦しみから解放し悪事を許す超越的な存在である「神」の象徴といえそうです。

 さて、人は誰かに迷惑をかけずに生きることは実際は不可能です。意図するしないにかかわらず迷惑=悪をかけながら生きています。だから他人を許すことも必要です。ホドラーの作品のキーワードは「反復」ですが、人は反復される悪から逃れられないから許すことも必要であると説いてるのかもしれないです。

 ホドラーの名前は知っていましたが作品を見るのは初めてでした。幸い、国立西洋美術館は会社帰りに寄れそうなので近々行きます。ではよい1週間を!!
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)