面構 葛飾北斎

 先週の金曜日に国立近代美術館で開催の片岡球子の展覧会に行きました。
 片岡球子は世田谷区の粕谷に住まわれていたそうです。粕谷は私の母校のある地域なのでとても親しみを感じる画家です。紹介する作品は「面構 葛飾北斎」です。

2015年04月25日20時34分06秒0001

 片岡球子といえば面構という歴史上の人物を彼女自身の解釈で描くシリーズです。特に有名な足利尊氏も展示されていましたが、浮世絵師を描いた作品も多数展示されていました。近々葛飾北斎の娘、お栄を主人公にした映画が公開されるので葛飾北斎を選んでみました。この作品は富士のように揺るぎなく、画業の高みを極めようとした北斎の精神をストレートに感じます。

 片岡球子といえば優雅・繊細な作品が多い日本画の中でパワーを放つ画風が魅力的です。例えていうなら荒木飛呂彦の漫画の人物を見ているような感じです。このような感想を持ったのは、浮世絵師を描いた面構は写楽、国芳、広重といった浮世絵師本人とそのキャラクター(作中の人物)を一緒に描いており、これがスタンドのように見えるからと、片岡球子の作品は衣装にとくにこだわりを感じますが、ジョジョのキャラクターも衣装にこだわりを感じるからです。

 美術雑誌で今どきの日本画家の作品を見ても片岡球子のような作風を見たことがありません。今なお(もっともつい最近までご在命でしたが)強烈なパワーを放つ展覧会、金曜日のへろへろな時に見に行ったこともあってか気合が注入された感じです。このGWにぜひ鑑賞ください。

このブログで紹介しているほか作品もどうぞ!
面構(歌川国芳)
江戸の浮世絵師たち
スポンサーサイト

ゴッホ ひまわり

 4月は昇給の季節ですが、最近いろいろなものが値上がりしてるので豊かになった気分がしません。住宅ローン、教育費、老後の蓄え、、、、考えたらいくらお金があっても足りません。そこで今回紹介する作品は金運が上がりそうなゴッホの「ひまわり」です。

ひまわり

 「ひまわり」は14枚あるそうです。この作品はロンドンのナショナル・ギャラリーが所蔵している作品で、「星降る夜」や「夜のカフェテラス」のような安らぐ黄色もよいですが、強い生命力と逞しいボリューム感に満ちた黄色もすばらしい!。東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(長い名前だ、、、、)の常設展示でも有名ですね。
 ゴッホの伝記を見る限りではいろいろな面で豊かとはいいがたいですが、それゆえに作品の放つパワーはとても強く、ルノアールといった印象派の作品と並べると印象派の作品がなんだかちゃらく見える時があります。
  
 黄色は金運をもたらす色と言われています。ゴッホと言えば黄色い絵が多いので「ゴッホ 金運」と検索したら
「黄色は金運をもたらします。そこで当社のゴッホのひまわりの複製画を飾ると金運が上がります。ゴッホの絵が放つパワーは金運を。。。。」という内容の記事が結構ヒットします。
 金運が上がるかどうかは不明ですが、ゴッホのひまわりが活力を与えてくれることは確かでしょう。

 この今回の記事で言及した作品もどうぞ!!
星降る夜
夜のカフェテラス
 

日本橋寺社巡りの8 日本橋小伝馬町界隈1

 今回紹介する身延別院は身延山久遠寺の別院です、前回紹介した椙森神社から見て秋葉原方面に歩いて5分の場所にあります。

062.jpg

 小伝馬町は江戸時代牢獄でした。明治になってからは荒地だったそうですこ。のお寺は獄死した方々を法華の道場として鎮魂するため建立されました。

064.jpg

 本堂は昭和初期に建てられたものです。大空襲を免れたとてもありがたいお堂です。案外都心には戦火を免れた建物は多いようです。

063.jpg

 このお寺の名所はこちらの油かけ大黒天神です。 昭和の名優長谷川一夫のご夫人が造立したそうです。足元に貯められた油をかけると生き生きとしたお姿になる大黒様です。

066.jpg
 
 御首題です。ひげ題目はしゃーッとしたはね具合が魅力ですね。

20143.jpg

 竹森神社です。このお寺から見て馬喰横山駅方面(実際は馬喰横山と岩本町の間)にあります。
 会社帰りに撮ったものです。神社の隣の公園はちょっとした庭園みたいでいい感じでした。

20141.jpg

 祭神はいわゆるお稲荷様です。江戸時代この辺りは竹藪の多く竹細工職人が多く住んでいたそうです。江戸の町は職能ごとに区画があったそうです。この神社はこのような街の歴史を今に伝えます。 日本橋寺社巡りは次回でひとまず最後です。こうご期待?!

マグリット 光の帝国Ⅱと光の帝国

 国立新美術館のマグリットの展覧会はマグリットの生涯をなぞる充実の展覧会ですが、絵葉書が少ないのが残念です。かの有名は「白紙委任状」の絵葉書は売ってませんでした。
 さて、今回紹介する作品は「光の帝国Ⅱ」です。

2015年04月04日20時47分56秒0001

 この作品は見ていてほっとします。黄昏時の今日も一日が終わったという安ど感を感じるからです。

 黄昏時は好きな時間帯です。すべてが群青色に染まる瞬間が美しいからです。
 そして空が明るいのに暗い、この作品のような不思議な時間帯でもあるからです。マグリットといえばシュール・リアリズムですが、この作品の関しては、黄昏時のそんな瞬間をとらえた風景画に思えます。

 黄昏時は逢魔が時ともいい、この世とあの世つまり、別の世界がリンクする時間帯だそうです。マグリットの作品をみていると、本人はこのことを知っていたのかもしれないです。 

hikarinoteikoku.jpg

 光の帝国Ⅱというからには他にも作品があるわけなので、ブリュッセルにあるマグリット美術館で見たことがある「光の帝国」も紹介します。
 夕暮れ時、なにも考えずに街の風景を見ると、意識してみればマンションの各部屋の明かりののですが、無意識にみるとなぜ空中に部屋が?なぜ明かりがと思ってしまう時があります。我々はこれは何々だとつねに意識しながら暮らしているわけですが、無意識にみると世の中は不思議なことだらけです。案外認識というものはあやふやなものです。光の帝国を並べてみて改めてマグリットの非凡さを認識しました。


このブログでは「Pompo Pompo Pom Po Pom PoN」という意表を突かれる作品も紹介しています。
合わせてご覧ください(こちら

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (202)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (31)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (232)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (11)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (23)