FC2ブログ

続 本所深川稲荷めぐり11 森下駅から両国駅間のお稲荷様

 本所深川稲荷めぐりの続編を2回連続して紹介します。
 まずは墨田区の都営新宿線森下駅からJRの両国駅まで間にあるお稲荷様を3社紹介します。
  
 先ずは飯澄稲荷です。いつ頃創建されたかは不明ですが、葛飾北斎の養父である中島伊勢の住居跡だそうです。この後紹介する榛稲荷と関連があります。

IMG_1498.jpg

 飯澄稲荷から見て道路を渡った場所にある松坂稲荷です。
 吉良上野介の屋敷跡にある、江戸の風情を色濃く残す本所界隈ならではのお稲荷様です。なお、この神社周辺は相撲部屋も多いです。
 
IMG_1499.jpg

 松坂稲荷から両国駅方面に向かった場所にある榛稲荷です。江戸時代に榛馬場と呼ばれた武術練習場があり、その傍に祀られていたので榛稲荷神社と呼ばれていたといいます。

IMG_1500.jpg

 当地周辺に葛飾北斎や勝海舟など多くの著名人が居を構えていました。
 撮影時刻は18時過ぎ。空の色が紫から群青に移る時間帯は安らぎも感じますが、妖しさも感じます。昼のような夜のような時間帯の神社は、神社が本来持つ神々し妖しさを感じるので好きです。
 
 さて、特定地域のお稲荷様を重点的に紹介できるのは、「東京お稲荷様MAP」という屋敷神までグーグルマップに表示するとても便利なサイトのおかげです。
 本所深川界隈は江戸の面影を色濃く残す地域の一つですが、再開発でMAPには表示されているけど、かつてお稲荷様があったと思われる空地がぽつんとあるだけのこともあります。
 一方で本所界隈は亀戸天神、深川界隈は富岡八幡に、一時的に仮住まいするお稲荷様もいらっしゃります。再開発で発展するのは、繁栄を神であるお稲荷様の加護かもしれません。

次回は続 本所深川稲荷めぐりの最終編です。

IMG_1501.jpg

初音森神社
本所深川稲荷巡りの10 両国界隈

スポンサーサイト



法明寺 豊島区南池袋

 先日、地元の雑司ヶ谷鬼子母神をお参りしました。
 子授け・子育てに御利益があるし、地元豊島区を代表するお寺ということもあって雑司ヶ谷の鬼子母神はよくお参りしますが、今回紹介するのは法明寺。鬼子母神は法明寺の境内外にあるお堂です。

P1010638.jpg

 法明寺は池袋駅から雑司ヶ谷方面に向かって歩いて10分の場所にあります。鬼子母神堂はここからさらにあるいて3分の場所にあります。大繁華街の池袋とは思えない閑静なお寺でこの画像を見せて「そうだ、京都に行こう」というフレーズつけても違和感はないかもしれないです

P1010639.jpg

 春は桜が咲き乱れます。豊島区の桜の名所は染井霊園ですが、お寺の境内に咲く桜を愛でるならこのお寺です。
 なお、このお寺は810年に建立された古社で当初は天台宗でしたが、のちに日蓮宗に帰依しています。

P1010640.jpg

 日蓮宗のお寺は龍の彫刻が迫力ありますが、こちらは咲き乱れる花。龍のように豪快に咲き乱れています。

 P1010646.jpg

 御首題は鬼子母神堂で頂くことができます。御首題はお寺によっていろいろな様式がありますが、法明寺は「奉拝」のところに豊島区の郷土玩具「ススキミミズク」の印が押されているのが特徴です。次回の寺社ネタは御朱印ではなく、御陵印です。ではまた!!次の過去記事もどうぞ!!
法明寺の裏手にある威光稲荷(こちら
鬼子母神の秋の風景(こちら
鬼子母神の御朱印(こちら

須賀神社と銀杏岡八幡神社 台東区浅草橋

 浅草橋はひな人形・5月人形や花火の問屋街です。安く大量に花火が買えるので毎年夏に花火を買いに行きました。花火屋は当然火気厳禁ですが、店主がタバコ吸っているのを見て急いで店を出た思い出があります。

P1020124.jpg

 まずは須賀神社です。601年頃(推古天皇の頃)に疫病が流行した折、郷人等が牛頭天王の祠をたてて創始したといわれます。この神社から同じく推古天皇のころ建立された浅草寺は歩いておそらく20分。地下鉄で2駅先と比較的近いです。前回、前々回紹介した神社もですが、飛鳥時代から開けた地域のようです。

P1020125.jpg

 銀杏岡八幡神社は須賀神社の斜め後ろに位置する神社です。

P1020126.jpg

 小さいながらもきりっとした狛犬様が印象的でした。
 この神社は源頼義・義家が奥州征伐に向かう途中、小高い丘だった当地に銀杏の枝を差して戦勝祈願したといういわれがあります。

P1020127.jpg

 名前のとおり、銀杏の新緑がここちよい神社でした。すぐそこに浅草橋駅があることを忘れるくらい閑静です。
 神社の魅力は周りが騒がしくても境内の中は静かなところです。

P1020130.jpg

 秋は紅葉がきれいと思われます。この日は夏日でしたが新緑の木陰のおかげでクールダウン。なかなか良い神社をお参りできた一日でした。

蔵前神社と第六天榊神社 台東区蔵前

 鳥越神社をお参りした後、蔵前・浅草橋界隈の神社をお参りしました。まずは蔵前神社です。
 
P1020113.jpg

 1694年に石清水八幡宮として建立。戦後、近隣の神社を合祀して蔵前神社と改称しました。

P1020115.jpg

 街中の神社なのでこじんまりとしていますが、江戸時代は相撲の興行を行うくらい広かったそうです。
また、国技館はかつて蔵前にありました。それをしのぶように石柱には相撲関係者の名前が多く彫られています。

P1020116.jpg
 
 開発が絶えない都内です。かつては多くあったおもちゃの問屋もおしゃれなマンションになってますが、路地裏には古い建物が案外多かったです。
 相撲に関わりが深い神社として両国にある野見宿禰神社もどうぞ。

P1020122.jpg

 蔵前神社からみて浅草橋方面にある第六天榊神社は日本武尊が110年に創建したといわれている古社です。第六天神社と称していましたが、明治維新の廃仏毀釈により社号を榊神社へ改称したそうです。
 第六天の魔王をまつる神社として杉並区にある第六天神社もどうぞ!

P1020123.jpg

 鳥越神社もでしたが、都心部にある神社としては杜がきれいです。蔵前は幕府の蔵があった場所でした。江戸時代には、徳川幕府浅草御蔵の総鎮守として、将軍家より当時日本第一といわれた大御神輿が奉納されていたそうです。小さいながらもなかなかの由緒がある神社は都内には多く存在しています。 次回は浅草橋界隈の神社です。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (310)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (10)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (24)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (21)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (29)
庭園・公園 (5)
建物 (8)
博物館 (6)
動物園・水族館 (10)