FC2ブログ

村上隆の五百羅漢図展

11月23日に森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」へ行きました。なんとこの展覧会は全作品撮影可能!SNSに載せ放題とい太っ腹な展覧会でした。今回は100mの超大作(実際は4部に分かれています)、五百羅漢図の一部を紹介します。

IMG_1203.jpg

 白虎です。ふてぶてしい野良猫のような姿がかえって笑いを誘います。 

IMG_1202.jpg
 
 獏です。五百羅漢のユーモラスなお姿がこの作品の肝ですが、神獣達にも注目です。

IMG_1209.jpg

 朱雀です。この大作は青龍、白虎、朱雀、玄武の4神に分かれています。

IMG_1208.jpg

 ドークマンやガキデカといった往年のチャンピオンの名作のごとき濃いキャラクターのオンパレードでしたが、この部分の飛天はとても美しいです。

IMG_1207.jpg

 龍の一種「蜃」です。この展覧会は子供連れが目立ちました。はっきりとした色彩とキャラクターは子供でも楽しく鑑賞できそうです。しかし、ユーモラスとか往年のギャグ漫画云々と書きましたが、この作品は震災・原発事故で暗くなった日本社会の再生への祈りが込められています。そのせいか鑑賞を進めていくうちに涙がこみ上げるような気分でした。

IMG_1191.jpg

 「宇宙の産声」という彫刻です。宇宙は小さな点が次々増殖して現代に至りますが、この作品は草間彌生の作品に感じるような増殖するこの宇宙を感じます。

IMG_1195.jpg

 展示されている絵画作品は伊藤若冲への敬意を感じるものが多いです。こちらは「渓流に咲く梅」という作品の白象ですが、
「鳥獣花木図屏風」の白象をモチーフにしています。

IMG_1197.jpg

 「渓流に咲く梅」の虎です。今年は琳派のメモリアルイヤーですが、この虎は琳派で描く虎のようです。

IMG_1196.jpg

 この展覧会では村上隆が創作した神獣も多く登場します。曾我蕭白の作品にヒントを得ているそうです。

IMG_1210.jpg

 「見返り来迎図」です。先ほどの目頭が熱くなった作品はこれです。五百羅漢図は震災への鎮魂です。私自身の震災の被害は電車が止まって困ったぐらいですが、被災の映像は今でも怖く悲しい。これは大多数の方々にいえると思います。五百羅漢図で怖く悲しい感情を乗り越え後、極楽浄土(再生と希望)が現れる。。。。そう思うと目頭も熱くなります。この展覧会は3月まで開催されています。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (225)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (171)
江戸以前 (1)
江戸 (18)
浮世絵 (39)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (340)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (10)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)