西新井大師 総持寺 足立区西新井

今年を振り返ると、地味に体の不調が多かったです、激しい肩こり、腰痛、季節の変わり目のみぞおちの痛みetc
厄年でしたが、これは迷信ではなく40過ぎから体にガタが出始めるといういわば当然の現象だと言い聞かせたいところですが、厄払いはする必要があったのかなと今頃思ってます。そこで今年最後の記事は、関東3大厄除けの一つ、西新井大師(総持寺)です。この記事は2012年1月の記事を再編集したものです。初詣の参拝客が多いお寺なので、参考になれば幸いです。

 境内1

 文京区に住んでいた時、実家いたとき、足立区は遠いところでしたが、現在の自宅は西新井に行くバスの路線上にあるので、足立区は身近になりました。(画像はクリックすると拡大します)

境内2

 本堂です。西新井大師は東京を代表する寺院の一つなので巨大な伽藍です。この季節は澄んだ青空との対比が見事です。
 浅草寺も初詣客が多い寺社ですが、このお寺も参道は浅草寺並みに昭和レトロな雰囲気があります。

境内3

 この建物は「三匝堂」と言います。
 江戸時代後期の特異な建築様式の仏堂、堂内は螺旋構造になってます。順路に沿って進むと八十八個所巡りができる仕掛けになっていますが、内部は公開されていません、
 このような仏堂は江戸後期に東北~関東各地の寺院に建てられたましたが、都内では西新井大師にのみ現存しています。

 境内4

 東京の民間信仰「塩地蔵」です。このお地蔵さまに塩を盛ることで健康になるという信仰で、西新井大師のお地蔵様はいぼとりに御利益があるそうです。浅草寺は言うまでもありませんが、こちらは関東・東京特有の建築物や信仰が残っている点がポイント高いです。

御朱印

 最後に御朱印です。この御朱印を頂いた10月3日はこのお寺が所蔵している葛飾北斎の肉筆画「弘法大師修法図」を公開する日です。「聖アントニウスの誘惑」を思わすプロット、黒一色の背景が特徴的な作品です。

 さて、西新井大師に行くバスの道中「江北氷川神社」のポスターをよく見ます。足立区に点在する「氷川神社」の元締めです。こちらの神社の御朱印は特徴的でいろいろなかたのブログを拝見するととても良い神社とのこと。近いうちにお参りしようと思ってます。ではよいお年を!!!!
スポンサーサイト

穴八幡宮の一陽来復守

 冬至なので今回紹介する神社は穴八幡宮です。この記事は2012年1月の記事を再編集しています。
 冬至すなわち「一陽来複」。 「一陽来複」は「冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと」で、穴八幡宮では「一陽来復守」を冬至から節分の間のみ授与しています。

境内1

 黒を基調とした本殿が厳かな雰囲気を与えています。この本殿の両脇に御神木がありますが、この日はまだ初詣の時期なので境内には下の画像のように屋台が並び構図的に御神木を写すことは難しかったです。

境内2

 この神社は赤く華やかな楼門と黒く厳かな本殿の対比が美しい神社です。上の画像は本殿から楼門を写しました。アーケードのような屋台で売っているものは縁起ものとか暦とかが多く、懐かしくも妖しく、宮崎アニメに迷い込んだような雰囲気でした。
 ちなみに楼門はなぜかピンボケだったので載せることができませんでした。

お守り  TS3V0015.jpg
 
 左が「一陽来復守」です。このお守りを頂いた年に昇進し、家内は妊娠しました。今でも私の大切なお守りです。 右が御朱印です。私が頂いた御朱印の中で美しいだけでなく、メッセージが胸に響く御朱印です。是非是非お参りください!!

ルドン 目を閉じて

 今年も残すところわずかになりました。師走で慌ただしくなりますね。
 慌ただしいとギスギスすることもありますね。そんなときは目を閉じて深呼吸すると和らぐそうです。また、幸せな気分になる絵画を思い浮かべることを勧めます。そこで今回紹介する作品はルドンの「目を閉じて」です。

眼を閉じて

  寺社巡りも好きなので仏像を見ることも好きです。この作品の女性は地蔵菩薩のような穏やかなほほ笑みがあります。ルドンは「ブッダ」という作品も描いていることと何らかの関係があるかもしれません。 

 「目を閉じて」という作品は他にもいろいろありますが、岐阜県美術館が所蔵する当作品が一番色彩豊かで見ているだけで幸福な、穏やかな気持ちになります。 それもそのはず、「目を閉じて」という作品群は幼い長男を亡くし、失意にあったルドンの次男が誕生した喜びを表しているそうです。

 この作品は3回みたことがあります。見るたびに穏やかな気持ちになります。冒頭の幸せな気分になる絵画を思い浮かべることは是非お試しください。

赤阪氷川神社 港区赤阪

 新国立美術館近辺の取引先を回った後、赤阪氷川神社をお参りしました。

P1010198.jpg

 新国立美術館から赤阪氷川神社に行くにはミッドタウンの脇にある檜町公園を通ります、この公園も紅葉は見ごろを迎えていました。

 境内1

 氷川神社は都心に残る貴重な鎮守の杜がある神社です。

境内2

 樹齢約400年の銀杏です。この時期は葉が落ち始め黄金色の絨毯を見ることができます。

境内3

 鎮守の杜の奥に風情ある壁に囲まれた本殿があります。

境内4

 赤阪氷川神社は東京10勅社の一つで東京に多くある「氷川神社」の筆頭です。徳川吉宗の時代に建立した本殿は、質実剛健な美しさがあります。「質実剛健」という言葉はこのブログでよく登場する言葉です。私の好みはきらびやか社殿より落ち着きのある社殿が好きだからです。

境内5

 摂社の「四合稲荷」です。このお稲荷様の周囲は杜が深く風情があります。本殿は赤阪・六本木という場所柄、平日でも参拝客が多いですが、「四合稲荷」は少ないので落ち着いて杜の深さを感じることができます。

境内6

 都心は再開発が続きます。これがよいかどうかはさておき、このような風景だけはいつまでも残って欲しいものです。

P1010199.jpg

 御朱印です。「氷川神社」の字体がかっこいいです。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (197)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (148)
江戸 (46)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (225)
江東 (14)
台東 (24)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (20)