トゥヌグダルスの幻視と大食

 7月17日にBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」に行きました。
 ベルギーは奇想な絵画が多く、そのルーツともいえるヒエロニムス・ボスの作品から現代作家の作品を展示した摩訶不思議な展覧会でした。
 再会した作品、前から見たかった作品も多かったので私的には大変感動したので、この展覧会のことを3回にわたり紹介します。

2017年07月16日21時42分02秒0003

2017年07月16日21時42分02秒0002

 先ずは、ヒエロニムス・ボスとピーテル・ブリューゲルです。上段はこの展覧会のポスターにも使用されているヒエロニムス・ボス工房の「トゥヌグダルスの幻視」、下段はピーテル・ブリューゲルの「大食」です。

 ヒエロニムス・ボスとピーテル・ブリューゲルは大食、放蕩、怠惰等の悪徳への戒めを描いた作品を多く残しております。
 ベルセルクや進撃の巨人といったハードな描写の漫画や、鬼太郎といった妖怪の漫画に慣れ親しんでいる現在の日本人にとっては、これらの作品はユーモラスです。
 悪徳の戒めがテーマですが、この作品が描かれた時代の人々は、現在の日本人が化け物達と凄惨に戦う漫画に魅かれるようなノリでこの作品を楽しんでいたのかもしれないです。
 
 漫画にせよ絵画にせよ、作品は明るく美しくあること理想ですが、現実はそうではなく、ひたすらダークな作品に魅かれることもあります。また、大食、放蕩、怠惰等は悪いと思っていてもついついやってしまいます。ヒエロニムス・ボスとピーテル・ブリューゲルはそんな人間の側面を表現したかったのかもしれないですね。

※ ブリューゲルの「バベルの塔」についての記事もどうぞ!(こちら
スポンサーサイト

上野稲荷巡りその3 下谷神社

 下谷神社は横山大観の天井絵です。前々より見たいと思っていたのでGWにお参りしました。

P1020773.jpg

 この神社は730年に創建されました。当初は不忍の池周辺にありましたが、寛永寺の建設による移転、関東大震災後の区画整理を経て現在の地(台東区東上野)にあります。

P1020774.jpg

 お参りした日は例大祭でした。GWに行われる下町で1番早い夏祭りです。
 境内には浴衣姿の方もいました。日本人の少女を一番可愛らしく見せる服装は浴衣ですよね。

P1020771.jpg

 この神社は限定御朱印が多いことで知られております。この日は例大祭限定の御朱印が授与するための行列があり、2時間待ちとのことだったので、空いてる時期に普通の御朱印を頂くことにしました。
 
P1020768.jpg

 拝殿です。例大祭の日にお参りすると特別なご利益がありそうです。
 
P1020770.jpg

 横山大観が描いた天井絵です。流れるような身体と風雨の描写は、絵に溶け込まれそうな迫力があります。
 社務所に見学したい旨を伝えると見ることができます。

P1020775.jpg

 手水舎には水鳥の彫刻が施されてます。これはこの神社のアイドルにちなんでいるのでしょうか?

P1020776.jpg

 この神社はアイドルガーちゃんです。アヒルはぺたぺた歩く様が可愛らしいです。都内に神社は数多くありますがアヒルの可愛らしい姿を愛でることができるのここだけです。

※ 国立市にある谷保天満宮は境内の鶏が有名です。(こちら
この神社から歩いて約10分の矢先稲荷神社も天井絵が有名です(こちら
 

ギュスターヴ・モロー 聖ゲオルギウスと竜

 最近は このブログで悩める人達と励ましあうことができればよいなと思っております。
 今回紹介する作品は、ギュスターヴ・モローの「聖ゲオルギウスと竜」です。

2012年04月08日16時18分23秒0001
 
 ネガティブなことを思い浮かべ囚われると、結構な確率で嫌なことが起きますね、でも、ネガティブな思いを消そうとすればするほど、ストレスに感じます。そのようなときは神聖なものを思い浮かべることで気をそらして平静を取り戻すことにしてます。
 
 これは、カッパドキア(今のトルコ)で暴れている竜への生贄として同国のお姫様が選ばれてしまったところ、旅の途中の聖ゲオルギウスが竜を退治するとの申し出を行い、今まさに退治している場面を描いたものです。
 聖ゲオルギウスがネガティブなことを退治してくれそうな気分になるので、ネガティブなことに囚われそうになったときは、この作品を思い浮かべるよう努めています。

 なにかを退治している姿を描いている作品は数多くありますが、この作品は耽美的であるのでネガティブな思いを沈め、心も洗われるから思い浮かべるよう努めています。
 思い浮かべるものはポジティブなものなら何でもよくて、私の場合は寺巡りも好きなので仏像とか「南無妙法蓮華経」と心の中で唱えてみたりもします。 
 
 この作品はロンドンのナショナルギャラリーが所蔵しています。イギリスの守護聖人である聖ゲオルギウス。あるべきところに所蔵されているようです。
 このブログで紹介しているギュスターヴ・モローの作品もどうぞ!

「一角獣」(こちら) 
「聖なる象(こちら)」
「岩の上の女神(こちら
「出現」(こちら

本郷散歩

 私の通勤経路は本郷、神田、日本橋、深川と風情ある街を通ります。毎年日が長くなる春から夏にかけて仕事が早く終わった日はこれらの地域の散歩を楽しんでいます。そこで今回紹介するのは本郷界隈です。 

IMG_1960.jpg

先ずは地下鉄春日駅と東大のキャンパス近辺を結ぶ菊坂の風景です。
この建物は樋口一葉ゆかりの旧伊勢屋質店です。明治時代の建物です。

IMG_1962.jpg

菊坂を東大方面に進んで進行方向右手は階段のある路地が多く、文京区の坂道の中で一番独特の雰囲気があります。

IMG_1963.jpg

本郷の菊坂周辺の名所といえば樋口一葉の井戸です。
私が子供の頃はこのような路地裏がまだまだありましたが、バブルの到来とともに消えました。
「震災と戦災を乗り越えた。。。。。」といういい方は古い建物好きな方々のブログでもよく見ますが、これに「バブルを乗り越えた」も加えるべきです。

IMG_1964.jpg

菊坂を登り切りいったん左折してしばらく歩いた場所に東大のキャンパスがあり、これがかの有名な赤門です。菊坂の終点から東大のキャンパス周辺は、神保町とは違い落ち着いた雰囲気の古本屋街です。

IMG_1968.jpg

東大のキャンパスから地下鉄本郷3丁目駅方面へ歩くと、東富坂にぶつかります。

IMG_1969.jpg

この坂は、本郷3丁目から伝通院まで、市電を通す際に、本郷界隈から春日町交差点まで新しく開いたゆるやかな坂道です。
この坂は春日町交差点から登っていくと、正面にスカイツリーが徐々に見える様がなんとなく愉快です。

IMG_1970.jpg

また、中腹から春日町交差点を見下ろすと、富坂も見えます。この風景は下町と山の手の境界線である高低差をダイナミックに感じることができるので気に入ってます。

本郷界隈の建築物を紹介した記事もどうぞ!(こちら)

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (198)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (228)
江東 (14)
台東 (27)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (21)