FC2ブログ

鳥越・蔵前周辺のお稲荷様その4 新御徒町駅周辺

 鳥越・蔵前周辺のお稲荷様を紹介するシリーズの最終回は新御徒町駅周辺です。
 
 元浅草にある孫三稲荷神社です。細長い社殿が特徴的です。台東区の街角のお稲荷様は特徴的な意匠が多いです。

IMG_2473.jpg

 徳川家康が、「孫三」と名乗る者に馬の轡を取らせ安倍川を渡ったが、後にその孫三を探したところ該当者はなく、安倍川の川辺に「孫三」の名を持つ祠があったことから、この稲荷の化身であったという霊験により、1590年に関東入国の際、家康の命により稲荷の神体ごと江戸に遷座その後当地に移転したそうです。

IMG_2474.jpg

 小丸山稲荷神社です。路地裏にある秘密基地を見つけたような気分になる神社です。

IMG_2470.jpg

 清川稲荷神社・梅森稲荷神社です。小さいながらも木が植えられており箱庭のような趣の神社です。

IMG_2472.jpg

 昭和3年に建てられて台東区立旧小島小学校です。台東区のアパレル、アクセサリー、工芸関連の創業者支援施設「台東区デザイナーズビレッジ」として使用されています。灯台のような校舎は今見てもおしゃれです。
 最近は寺社周辺にある近代建築物を見るのも好きです。理由は前回の記事のとおりです。
 
IMG_2471.jpg

 今回紹介した神社周辺の神社は次の通りです。
上野稲荷巡りその4 下谷神社周辺
上野稲荷巡りその3 下谷神社

 この記事により台東区の南半分は紹介したつもりですが、北半分(浅草寺から見て北千住方面)はあまりなく、まだまだお参りしたことのない寺社が多い地区です。
 また、手前みそですが、この記事により神田、日本橋、上野、本所・深川と下町の街角のお稲荷様は8割方紹介したと自負しております。

 次回からは千葉県内の寺社が続きます。

バーン=ジョーンズ ピグマリオンと彫像 成就

 美少女キャラについて語るとき「~は俺の嫁」といいいますが、先日ヤフーで初音ミクと結婚式を挙げた男性の記事を見ました。
 そこで今回紹介するバーン=ジョーンズの「ピグマリオンと彫像 成就」です。

2018年9月01日20時34分53秒0031

 2012年に東京丸の内の三菱一号館美術館で開催された「バーン=ジョーンズ展 ― 装飾と象徴 ―」展に出展されていました。
 当時はガラテアの程よい肉付きがとても魅力的に感じました。
  
 この作品は、現実の女性に失望したピグマリオンが自身で作ったガラテアの像を愛し、その思いを汲み取った愛の女神アフロディテが、ガラテアを人間に変え、ピグマリオンとガラテアは結婚して幸せに暮らしたという話をテーマにした4部作です。

 冒頭の話を聞いて、今どきの男は生身の女性と付き合えないのかと憤る方もいるでしょう。(ただし、相手が○音○ンだったら憤っているかも) しかし想像上の女性や2次元の女性に恋い焦がれるのは太古からあることです。
 ピグマリオンと似たような話を聞いてこの作品を思いたったので紹介しました。

蔵前・鳥越周辺のお稲荷様その3 浅草駅周辺のお稲荷様

 今回紹介するのは都営浅草線の浅草駅から大江戸線の蔵前駅にかけての寺社です。

IMG_2460.jpg

 まずは浅草といえば、スカイツリーとスーパードライホールの「フラムドール」です。右の建物は駒形橋ですが改修工事のため足場が組まれていて屋根付橋のような趣です。

IMG_2462.jpg

 浅草寺の駒形堂です。ご本尊の観世音菩薩が示現された場所にあり浅草寺発祥の地と言われています。
 さて、通常の寺社巡りではこの後浅草寺に向かいますが、蔵前方面に向きを変えた場所にあるのが寿三島神社です。

IMG_2463.jpg

 元寇の弘安の役の際に、河野通有が伊予国大三島神社に必勝祈願した後、上野金杉村に分霊を勧請して金杉に創建したといわれており、1710年(6代将軍の頃)この地に移りました。

IMG_2464.jpg

 台東区には同じ由緒の三島神社が2社あります。愛嬌のある狛犬様がいい感じです。

IMG_2465.jpg

 寿三島神社から大江戸線蔵前駅に方面に進んだ場所にある黒船神社です。

IMG_2466.jpg

 祭神はお稲荷様です。平将門の乱を平定した藤原秀郷が財宝を積んだ黒船に白狐がいる霊夢を見て、この地に創建した古社です。江戸っ子は神田明神をお参りする一方で打ち取った藤原秀郷も好きなようですね。

IMG_2468.jpg

 境内は小さいながらも重厚な趣で波間を飛ぶ鶴の彫刻が見事です。
 浅草駅から浅草橋駅は古代に創建された神社が多く改めてこの土地は聖地に違いないと思いました。次回は新御徒町駅周辺です。

フェルメール 「恋文」と「手紙を書く女と召使い」

 フェルメールの展覧会が上野の森美術館で開催され、耳目を集めているので2作品紹介します。
 「恋文」と「手紙を書く女と召使い」です。個人的にこの2作品は連作のような気がしています。まずは「恋文」です。

恋文

 鑑賞者はまるで家政婦になったかのように女主人の恋の行方を見守るという演出が心憎いこの作品は「手紙を書く女と召使い」より前に描かれたそうです。
  
 楽器と楽譜と脱ぎ捨てた靴は性的なこと恋愛的なことの寓意で、背景の雲と海の絵は女性の揺れ動く心を象徴だそうです。意中の相手から恋文をもらってびっくりし、それが召使いにばれて困惑。召使いはその様子を見てしたり顔をしていると思われます。
 
 手紙を書く婦人と召使い

 次に「手紙を書く女と召使い」です。
 先ほどの「恋文」は意中の男性から恋文が届いた図で、この作品はその男性に返事を描いている図だから両作品が連作かもしれないと思っています。手前の床には投げ捨てられたような手紙があり、この女性は前回受け取った手紙の返事を推敲中と思われます。

 さて、上司が考え事しているとき、部下としては早く考えまとめろよ~と思いつつも、見て見ぬふりをしがちです。
 召使いが別な方向を見ているのは、いらいらしている主人を見て見ぬふりしているからで、腕を組んでるのは「早くしろ!」と思ってるからでしょう。この様が私には「コミカル」に見えました。

 聞くところによると件の展覧会は日時指定制。行ける日に行けるかわからないのがつらいところです、、、、 

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)