FC2ブログ

柴又八幡神社 葛飾区柴又

 11月17日にムンク展を見た後、足を延ばして柴又にある「柴又八幡神社」をお参りしました。

IMG_2683.jpg

 最寄り駅は京成線の柴又駅ですが、北総線の新柴又駅からは歩いて15分です。ちなみに新柴又駅の発車メロディー音は「男はつらいよ」のオープニングテーマです。

IMG_2675.jpg

 柴又といえば、帝釈天こと題経寺です(こちら)。
 帝釈天様の門前はいつも賑わっていますが、京成線の線路を挟んで向かい合うこの神社は閑静です。
 
IMG_2677.jpg

 郊外の閑静な雰囲気が心地よいです。
 創建年代は不詳ですが、6~7世紀に築造された古墳上に鎮座する神社です。

IMG_2681.jpg
 
 葛飾区は下総の国に属しており、下総国の国府があった現在の「市川市国府台」は目と鼻の先です。 
 
IMG_2678.jpg

 この神社で私が注目したのは石祠です。私の観察力・知識不足かもしれませんが、他の23区の神社では見かけたことがないので新鮮でした。
 最近良くお参りする千葉ニュータウンの神社では石祠をよく見かけます。かつて下総国だった地域の信仰なのでしょうか?

IMG_2682.jpg

 島俣塚です。昭和40年頃、本殿下の古墳から出土した人骨を集めて埋めたものです。
 この神社周辺から帽子姿の寅さんのような埴輪が出土しており、奈良時代に「トラ」「サクラ」という人物がこの地に住んでいた記録が正倉院にあります。この神社の魅力は古代に想いをはせることができることです。帝釈天をお参りした際に立ち寄ることをお勧めします。

 ※ 御朱印は金町にある「葛西神社」で頂くことができるらしいです。

ムンク 生命のダンス

 ムンクの代表作が一堂に会する展覧会に行くことができたのは、まさに僥倖。
 今回紹介する作品もムンクの超有名作品である「生命のダンス」です。

2018年11月17日21時43分38秒0005

 ノルウェー南西部の小さな漁村、オースゴールストランの夏祭りをモチーフにしています。
 祭をモチーフにしているのに作品から伝わるのはもの悲しさです。宮沢賢治の小説を読んでるような気分になりました。

 白い服、赤い服、黒い服を着た女性は、「無垢」「官能」「死」を現しています。また、月を女性、月明かりを男性の象徴として描いています。
 中央の女性が「官能」ということは性の美しさと言えますが、その隣のスキンヘッドの男性は性の狂暴な部分のような気がしてたまりません。性の両面性が描いてると解釈しました。

 ルノアールのように見て優雅な気分になるわけでも、ミュシャのようにおしゃれな気分になるわけでもなく、暗めの作品が多いのに人々を引き付けるムンク。次回は明るい作品を紹介します。

池袋の新名所

 今回は池袋の新名所を紹介します。
 新名所の前に、池袋といえばサンシャイン。都庁が新宿に移転するまでは日本一高いビルでした。このブログではこのビルにある水族館を紹介していますが、サイシャインシティの西街区1階の表正面にある片岡球子の「江戸の四季」も紹介したいです。

IMG_1420.jpg

 片岡球子は富士山を題材にした作品が多いです。
 江戸の街を見守るようなにそびえる富士山と梅、桜花、牡丹、花菖蒲、菊、南天といった四季折々の花を描いた作品です。
壁画という立体作品だからこそ片岡球子らしい豪快さが伝わります。霊気のような雲が霊峰富士山のありがたさをうまく表現しているところがいいですね。このブログで紹介している他の作品もどうぞ!
 
面構 葛飾北斎
面構 歌川国芳
江戸の浮世絵師たち

 なお、この作品と道路をはさんで向かい合うのが「乙女ロード」。 ハロウィーンの日はかわいくコスプレした女の子達で賑わっていました。

 次に紹介するのは池袋の新名所である南池袋にある仙行寺の大仏様です。
 
IMG_2671.jpg

 今年の8月に開眼されました。
 ポイントは空中浮揚しているところです。まだできたばっかりのせいか若者らしい凛々しさを感じます。総ヒノキ造りのためヒノキの香りも心地よいです。池袋周辺の寺社といえば雑司ヶ谷鬼子母神ですが、こちらも注目です。 

 次に紹介する新名所は昨年の8月に竣工したジュンク堂池袋駅の隣にある藤久ビル東5号館です。

IMG_2674.jpg
 
 このビルには西武、京急、東急の名車両の先頭部分が展示されています。こちらは西武の新2000系。最近はステンレスにライオンズブルーの車体が多いですが、この車両こそ西武の象徴と思っています。
  
IMG_2673.jpg

 京急の800型です。この車両は近々引退します。乗るなら今が最後です。ダルマ電車の愛称があるせいか運転台にはダルマ様が飾ってありました。

IMG_2672.jpg

 最後に今月引退する東急の7700系です。
 この車両は子供の頃親戚の家や横浜に行く際良く乗った覚えがあり、展示されている3台の中では一番気に入ってます。
 
 仏像、鉄道、コスプレイヤーと池袋は新宿と違った多様性があります。また山の手にある街にありがちな気取りすぎな雰囲気もありません。東京見物される方には是非お勧めしたい街です。

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)