FC2ブログ

ムンク 生命のダンス

 ムンクの代表作が一堂に会する展覧会に行くことができたのは、まさに僥倖。
 今回紹介する作品もムンクの超有名作品である「生命のダンス」です。

2018年11月17日21時43分38秒0005

 ノルウェー南西部の小さな漁村、オースゴールストランの夏祭りをモチーフにしています。
 祭をモチーフにしているのに作品から伝わるのはもの悲しさです。宮沢賢治の小説を読んでるような気分になりました。

 白い服、赤い服、黒い服を着た女性は、「無垢」「官能」「死」を現しています。また、月を女性、月明かりを男性の象徴として描いています。
 中央の女性が「官能」ということは性の美しさと言えますが、その隣のスキンヘッドの男性は性の狂暴な部分のような気がしてたまりません。性の両面性が描いてると解釈しました。

 ルノアールのように見て優雅な気分になるわけでも、ミュシャのようにおしゃれな気分になるわけでもなく、暗めの作品が多いのに人々を引き付けるムンク。次回は明るい作品を紹介します。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (214)
アメリカ (15)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (50)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (283)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (24)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (16)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (24)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (7)