FC2ブログ

森村泰昌 ”オランピア”の部屋 1988-2018

 2月11日に品川区にある原美術館で開催中の「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」に行きました。
 この展覧会は撮影可能でした。

P1030448.jpg

 まずは「”オランピア”の部屋 1988-2018」という作品で下の2つの作品で使用したいわば大道具です。

P1030450.jpg

 こちらは「モデルヌ・オランピア2018」です。
 下の作品のいわばセルフカバーともいえる作品です。

P1030451.jpg

 「肖像(双子、習作)」です。

P1030456.jpg

 「劇場 2020」です。

 私は森村泰昌は「お笑い芸人」みたいな芸術家ととらえていました。作品はいつ見ても意表をつかれ強烈な違和感を感じるので笑わずにはいられないからです。
 
 しかし、上記の作品は近代絵画における至宝ともいうべき作品ですが「至宝」という価値観が崩れました。価値観とはいとも簡単に覆るものだと思うと途端に儚く感じ、先ほどの見解が実は間違っているではと思いました。
 
 作者はこの展覧会にあたり、「真理や価値や思想というものはいくらでも自由に着替えることができる」 というメッセージを発しています。まさにその通りでした。
 さて、原美術館は今年の12月に閉館するそうです。御殿山という都内屈指の高級住宅地にある由緒ある洋館で、建物自体が美術品です。行くなら今しかないですよ。

上記作品の元ネタ「フォリー・ベルジェールのバー」の記事はこちら
横浜美術館が所蔵する森村泰昌を紹介した過去記事はこちら

寿徳寺 北区滝野川

 新選組ゆかりの地を走る京王線沿線で生まれ育ちました。以前住んでいたマンションは斎藤一が晩年過ごした場所に近く、私にとっての第二の故郷は福島県ですが、新選組は福島県の会津ために懸命に戦いました。だから、新選組には好感があります。
 そこで今回紹介するお寺は寿徳寺です。

IMG2225.jpg

 まずは板橋駅前にある近藤勇のお墓です。献花が絶えません。このお墓を管理しているのが寿徳寺です。

IMG2226.jpg

 寿徳寺はこのお墓から旧中山道と現中山道を渡って石神井川を渡った場所にあります。
 石神井川を渡ると2008年に建立された谷津大観音様です。谷津はこの付近の旧地名です。地名の通り谷底のような場所を石神井川が流れています。この付近は春は桜が綺麗ですが、椿と観音様の取り合わせが浄土のような冬もまた良しです。

IMG2222.jpg
IMG2221.jpg

 お寺の入り口右手には近藤勇、右手には不動明王様が鎮座しております。
 このお寺の境内生えている銀杏の樹の皮をはいで本尊に供え、祈願した後に煎じて飲むと母乳が良く出るようになるという信仰がかつてあったそうです。

IMG2223.jpg

 本堂です。かまぼこ型の体育館のようなお堂ですが、階段の手すりは浄土への道、屋根は仏さまが手を広げて迎えてくださるようにも見えます。なんというものかは不勉強で恐縮ですが賽銭箱付近には鐘もありますが、右手には数珠で回す滑車もあります。

IMG2224.jpg

 このお寺の魅力は大仏様、幕末のヒーローのお墓ですが、境内にあるインドの仏像もお勧めです。こちらはその一つ獅子柱頭
4頭の獅子は仏教が説く4種の基本的な真理である苦諦、集諦、滅諦、道諦のことを表しているそうです。石神井川をウオーキングする際は是非お立ち寄りください。
 
 近藤勇のお墓からこのお寺に行き道中にある滝野川八幡神社の記事も合わせてどうぞ

亀戸香取神社 江東区亀戸

 12月7日に大学のOBに誘われて亀戸周辺をウオーキングし、その際、香取神社をお参りしました。
 
IMG_E0140.jpg
 IMG_E0141.jpg

 この日は冷たい雨でしたが、おかげで雨に濡れて銀杏も境内もしっとりとした趣でした。

IMG_E0142.jpg

 御祭神が武道の神である香取大神であり、平将門を打ち取った藤原秀郷が戦勝の返礼に弓矢を奉納したことから古来から武芸上達の御利益があり、今ではスポーツ振興の御利益があります。そのせいか狛犬様がアスリートのように凛々しいです。

IMG_E0145.jpg

 亀戸大根の碑です。江戸時代この地域は大根の名産地でした。

IMG_E0144.jpg

 鎮座1350年記念として置かれた勝石です。亀戸という地名のせいかゾウガメにしか見えません。

IMG_E0143.jpg

 境内社です。軍神に付き従う従者のように整然と並んでいます。
  
IMG_E0146.jpg

 23区は区ごとに歴史が異なるので神社事情も異なります。都内でも葛飾区、江戸川区、江東区はかつて下総国だったので「香取神社」が多くこの神社は都内にある「香取神社」の代表的存在です。
 香取神宮はお参りしたい神社です。しかし、片道2時間でバスの本数が少ないことがネックです。ちなみに、同じ一宮でも鹿島神宮は移動時間は掛かるものの、バスは本数が多いので行きやすいことに最近気づきました。

IMG_E0147.jpg

 亀戸という地名の由来である「亀の井」です。この神社は藤原鎌足が、東国下向の際に、まだ「亀島」と呼ばれた島であった当地に香取大神を勧請したという謂れがあります。
 現在下町と呼ばれる地域は古代は海や広大な沼だったそうです。しかし寺社がある地域は中洲や島だったそうです。地形をキーワードにすると神社の成り立ち・歴史がよりよく知ることができますね。
 この神社の魅力は地域の歴史が凝縮されていることです。隣にある亀戸天神(こちら)と合わせてお参りすることをお勧めします。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ ライラの風景

 前回に引き続き、ヴィルヘルム・ハンマースホイの作品です。
 今回は風景画で「ライラの風景」です。
ハンマースホイ Landscape, From Lejre

 この作品も国立西洋美術館で2008年に開催された展覧会で見ました。
 ヴィルヘルム・ハンマースホイの懐かしさを感じる画風は美しい思い出を呼びだしてくれます。

 この作品に描かれている森はキャンパスから見えた吾妻連峰や阿武隈山地を思い起こします。
 母校の福島大学周辺は起伏のある地形なので連なる丘は大学周辺を思い出します。講義をさぼって近所の山や池のほとりでぼけっとするのが好きでした。
 この作品はそんな学生時代の幸福なひと時を思い出します。また学生時代に流行ったスピッツの「空も飛べるはず」またはマイリトルラバーの主だった楽曲が脳内BGMとして流れます。皆様はどのような思い出を連想しますか?

 さて、この展覧会で見たおすすめした作品はダンクヴァト・ドライアの「ランスー島のドルメン」。以前このブログで紹介したカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ「雪の中の巨人塚」を連想します(こちら)。また、ヴィゴ・ヨハンスンの「きよしこの夜」はピースフルで素晴らしいです。ぜひ心地よい空間を味わってください。 

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)