FC2ブログ

続々 日本橋寺社巡り

 緊急事態宣言が終わるまでは、東京駅近くの本部に通うことになりました。そこで、2回にわたり職場近辺の神社を紹介します。まずは日本橋にある神社です。
 このブログでは「日本橋寺社巡り」・「続日本橋寺社巡り」のシリーズがあります。だからタイトルも「続々日本橋寺社巡り」です。

IMG_E0254.jpg

 まずは日本橋の麒麟です。夕暮れ時は昼と夜が混在して明るいのに暗いという不思議な風景になるので好きです。

IMG_0255.jpg

 日本橋本町にある常盤稲荷神社です。
 太田道灌が江戸城を築城の際、同城の守護神として京都伏見稲荷大神を勧請したといいます。
 江戸時代に当時は魚市場であったこの地に遷座しました。お稲荷様は朱色の社殿が多いですがこちらは白。朱と白の組み合わせが美しい神社です。
 
 IMG_0252.jpg

 日本橋は近代建築が多く、私はこの野村証券の軍艦ビルが一番好きです。 しかしオリンピック後は再開発によりこのビルも新たな姿になるのでとても残念です。

 IMG_0250.jpg

 日本橋兜町にある大原稲荷神社です。
 創建年代は不明ですが、江戸時代の末期にはこの地あったそうです。江戸時代の運河の多くは埋めたてられましたが、この神社は日本橋川から楓川に通じる運河要衝の地だったそうです。

 IMG_0249.jpg

 日本橋茅場町にある純子稲荷神社です。創建年代は不明ですが、この地にあった与力同心の鎮守として祀られていたそうです。「純子」という名称は気になるところです。なお、茅場町の隣は与力同心が多く住んでいた八丁堀です。
 
 IMG_0247.jpg

 最後に日本橋ではありませんが、日本橋の隣である八重洲にある於満稲荷神社です。
 徳川家康の側室であり、初代尾張藩主・水戸藩主の母親である於満(後に出家して養珠院)を祀る神社です。ビルの隙間にあり見落としがちですが、この神社は「養珠院通り」に面しています。
 於満に品々を納めていた商人たちが建立したそうです。都内にはいろいろなお稲荷様がいらっしゃりますが、お得意様を祀る神社は初めて見ました。於満という女性は人格者だったようです。次回は新富町駅周辺です。
スポンサーサイト



200個のキャンベル・スープ缶 アンディー・ウォーホール

 在宅勤務が促進されているご時世ですが、私の場合は職務上・会社の環境上、在宅勤務ができない代わりに自宅待機と出勤を繰り返しています。
 仕事しているわけではないので家にある小説を読み直しており、今は森見登美彦を「四畳半神話大系」読んでいます。そこで今回紹介する作品はアンディー・ウォーホールの「200個のキャンベル・スープ缶」です。

キャンベル

 2013年8月に国立新美術館で開催されたアメリカン・ポップ・アート展で見ました。

 さて、「四畳半神話大系」は主人公が下宿先に閉じ込められて、延々と同じ部屋の出入りを繰りかえす章がハイライトです。
 主人公は一見同じ部屋のようでも微妙に気配が違うことに気づきます。このあたりがこの小説の肝です。
 
 この絵画は同じキャンベル・スープ缶が延々と並んでるように見えますが、トマト味とかチキンスープ、ビーフスープetcといろいろな味の缶詰が描かれています。
 このあたりが今読んでいる「四畳半神話大系」のハイライトを連想したので今回紹介しました。

鴨台観音堂と大日堂

 寺社巡りは当面は自宅から歩いて行ける場所か職場の近所となります。
 今回は豊島区西巣鴨の鴨台観音堂と大日堂です。2015年12月の記事を一部再編集しています。 

 まずは大正大学のキャンパス内にある鴨台観音堂です。

IMG_0161.jpg

 この観音堂の内部は、往路と復路が交わる事のない二重螺旋構造。いわゆるさざえ堂です。頂上階には観音様がいらっしゃります。近年建てられたものですが、東日本特有の仏教建築であるさざえ堂を体感できるので建築が好きな方には是非是非です。

 P1010680.jpg

 壁面には千住博の「ウォーターフロー」。夜はこのようにとても鮮やかです。お寺好きで絵画好きな方にはたまらないお堂です。豊島区のお寺といえば、巣鴨の観音様と雑司ヶ谷の鬼子母神ですが、こちらも要注目です。

 IMG_0124.jpg

 このお堂から荒川線の庚申塚駅の方にあるのが大日堂です。大日如来様はいわば宇宙そのもの、豊島区の住宅街に宇宙そのものがあると考えると有難さを感じます。

IMG_0234.jpg

 徳川二代将軍、秀忠と徳子夫人の菩提を弔うため、春海和尚が承応2年に創建し、石造大日如来坐像が安置されました。この大日如来様は戦災で焼けたものを再建したものです。

IMG_0235.jpg

 大日如来様以外にも様々な石仏様もいらっしゃります。大日如来様も石仏様も地元の方々に大切にされてきたことを物語ります。

IMG_0236.jpg

 巣鴨はお地蔵様に注目が集まりますが、このお堂もお勧めしますし、西方寺と善養寺および総禅寺と妙行寺もお勧めします。
 

歌川国芳 流行 猫の狂言づくし

 私が利用している電子コミックのサイトでは「じゃりン子チエ」が無料のため最近はまっています。一話ずつ読み進めており、今はテツがボクサーのプロテストを受けるあたりです。 じゃりン子チエの作者は私の実家の世田谷区在住だったことを知り、ますます親しみを感じています。
 そこで、今回紹介するのは歌川国芳の「流行 猫の狂言づくし」です。

歌川国芳 流行 猫の狂言づくし

  「じゃりン子チエ」は猫の視点から見た人情劇でもあります。小鉄とジュニアの掛け合いは面白いですね。こん棒を振り回す、野球をする、釣りをする、芸術を理解する等芸達者なところも良いです。
 そういう理由で歌川国芳の「流行 猫の狂言づくし」を紹介しました。この浮世絵の猫達も小鉄とジュニア同様に二足歩行で芸達者です。
  
 子供の頃、たまたまテレビで放送された劇場版なら見た覚えがあります。しかし、当時の私には大阪弁がきつく感じ、人間模様(テツとヨシ江)が理解できず今日に至っていました。
 一方、妻は両親が関西出身だったので、帰省すれば必ず放送していたのでよく見ており、面白さがわからないとは嘆かわしいといわれました。しかし、姉さん女房でリードされることが多いせいか今はテツのすねた気持ちが少しわかります。

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (170)
江戸 (19)
浮世絵 (39)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (336)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)