FC2ブログ

ルドン 目を閉じて

 村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読み終えました。
 そこで、今回紹介する作品はルドンの「目を閉じて」です。

眼を閉じて

 この絵画は小説の最後のシーンのようなので、前回いろいろな画家を並べたのにルドンの「目を閉じて」を選びました。
 
 目をつぶると浮かび上がる世界は、その人の内面世界のような気がします。この小説は内面世界と現実世界が交差します。 
 
 この物語に登場する博士の娘と両方の世界の図書館の女性は主人公をこの作品の女性のように慈愛を感じます。
 
 この小説は、主人公が地上に戻ってからと影が脱出を試みるあたりから引き込まれました。主人公の意識が「世界の終わり」に近づく前に図書館の女性とデートし別れるまでのシーンはこの絵画のように色彩が豊かです。このシーンを読んで日常が愛おしくなりました。
 そう感じたのはこの最近の世の中の情勢のせいでしょうか?早く戻ると良いです。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)